48801.頑張ってる人に対して周りができること…
48802.書いたから終わったわけではない。読み…
48803.ボクサーは自分に勝つ必要なんかない、…
48804.同じ罪を犯したのに、ある時は罰し、あ…
48805.誰だって(=どんな夫婦だって)問題は…
48806.生きるとは日に日に治まり新たになるこ…
48807.最高の愛は魂を目覚めさせ、人を成長さ…
48808.個人も、そして社会も、過去を振り返っ…
48809.どんな人も、生きる、ということに疲れ…
48810.地下足袋をはいてお庭を歩いてみたら、…

48811.私たちは、他者を愛することなくして、…
48812.芸術に埋もれて他のすべてを避けること…
48813.反時代的なものは、どこか喜劇的だ。そ…
48814.愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締…
48815.日々にあってひとを活かしているのは、…
48816.鬼はおらん 鬼をつくる心がこっちにある
48817.若くて経験が浅いときは「向き不向き」…
48818.会いたい人がいるならば、会える自分に…
48819.誰も私を助けてはくれなかった。誰にも…
48820.多弁な人は宵越しの銭を持たない人に似…

48821.私たちの時代に失われてしまっているの…
48822.(文学)作品を、精神修養の教科書とし…
48823.上だか下だか右だか左だか、余計なもの…
48824.最初からリーダーを目指しているのでは…
48825.いやな相手がいやなことを言ってきたら…
48826.ある人物の人柄を知りたいのなら、彼に…
48827.私が興味があるのは、シェイクスピアの…
48828.ボクサーが自分のためでなく、誰かのた…
48829.貴方の持ち物を誰かにあげなさい。思っ…
48830.強みに集中せよとの格言は常に正しい。…

48831.きちんとして機能的なエリート社員だけ…
48832.受け身の人は、どうしても被害者意識を…
48833.初対面の人や親密ではない人から、「彼…
48834.はり切りという言葉は、これは下品なも…
48835.暗殺者にとっては、「弱そう」な事はむ…
48836.楽しい人生があるのではない。人生の楽…
48837.誰か個人が、お金を所有することは実は…
48838.つまらないように見える仕事でも、粘り…
48839.何百万枚も売れるロックなんて、あんま…
48840.女性には、意志薄弱のダメな男をほとん…

48841.トシなんてねえ、三十五から先はなくな…
48842.決心することは大切だが、それを続ける…
48843.仕事は人と人との間にしか存在せず、ひ…
48844.長い間ずっと「美味しい」「美しい」「…
48845.繰りかえしをおそれて何ができるだろう…
48846.釈尊は、誰にもできないことができる超…
48847.それにふさわしい努力をしないで、それ…
48848.自分は運が悪いなあと思うのでなく、オ…
48849.最も差別意識があるのは、差別を受けて…
48850.子どもは、自分が愛されてる、好かれて…


48851.「自分を愛せない者は他人も愛せない」…
48852.ぼくには不思議だった。女の子たちは、…
48853.其(そ)の善き者を択(えら)びて之(…
48854.「わが道をゆく」に勝る道はない。
48855.本当に心が積極的になりゃ、現在感じて…
48856.職場があるから働ける
48857.目的だけをしっかり見つめるのです。そ…
48858.人生のつらく厳しい経験によってこそ人…
48859.困ったって負けるものか。正直だから、…
48860.どんなえらい奴が来ても君は君の夢を主…

48861.(受ける)仕事は、やりたいかやりたく…
48862.空高く飛びたいという思いに駆られてい…
48863.やや大きめの手帳を用意して、本でも新…
48864.健康を保つことは、自己に対する義務で…
48865.人間がすることで最も良いことは、生ま…
48866.私のたたかい。それは、一事(ひとこと…
48867.否定的な人のアドバイスには、耳を傾け…
48868.常識なんていうものは、ただの人間の言…
48869.やはりこの世の中には、文芸というもの…
48870.何事も変化がなければ良くならない。

48871.あまり気が乗らないが、容易にやっての…
48872.個性は自然に放っているもので、他人で…
48873.「偶然」とか「天才」とかいう言葉は、…
48874.人の感受性をつくるのは、人のそだった…
48875.社会に対して、ぶつけたいメッセージが…
48876.新しく、刺激的で、向上をうながすよう…
48877.夢なし君でもできる五つのこと。1.夢…
48878.人間は回転しているときが(一番)調子…
48879.理想的な仕事とは、仕事と遊びの区別が…
48880.物で溢(あふ)れた豊かな国は、(食べ…

48881.女性が「信じないわ! いつまで経って…
48882.年を取ってよかったことは、体が思うよ…
48883.(エンターテインメントと違って)芸術…
48884.落語は人間の小ささを大切にする。始末…
48885.従兄弟(いとこ)同士は鴨(かも)の味。
48886.つまらない仕事だと思うのは、その仕事…
48887.人生の意義は、まあ、いろいろあろうけ…
48888.たった1つ、目標を設定するという習慣…
48889.いい死体の役者は、百ぺん死ねる役者の…
48890.社員を頻繁に解雇している経営者はいい…

48891.(芸というものは)虚にして虚にあらず…
48892.これから伸びていこうという事業は、ど…
48893.労使間の訴訟がこれだけ急増しているの…
48894.もし本当に正義のための復讐なんてもの…
48895.(志賀直哉の)あの「立派さ」みたいな…
48896.雄々しくネコは生きるのだ 尾をふるの…
48897.何かを企てて完全に失敗に終わることは…
48898.同情するなら金をくれ!
48899.どうしてわたしが幸せなのかわかる? …
48900.チルチルとミチルにとっての幸福は、わ…


48901.(業績の悪くなった会社のトップは)経…
48902.勝った馬が常に美しいのは、運の祝福を…
48903.考えることが快楽でない人は精神の字…
48904.清貧と豪奢(ごうしゃ)とは両立せず …
48905.人生が面白いのは八十歳ぐらいまでのよ…
48906.人間の言葉はみんな工夫です。気取った…
48907.長幼序(じょ)あり
48908.どんなに親しい間柄であろうと腹六分で…
48909.私は生きていることが好きだ。時々狂わ…
48910.将来への不安と、過去への後悔、この二…

48911.個人として優れていればいるほど、それ…
48912.(それは世間が、ゆるさない) (世間…
48913.前向きに生きる──なぜ前向きに生きる…
48914.まだ足りないと思っている人たちは、決…
48915.人が忘れるのは、きっと、なかったこと…
48916.男はウソがヘタだというが、そのかわり…
48917.自然をしみじみと観じ、これより受ける…
48918.数とは、科学の言葉である。
48919.「人生に負けた」とか言いますけど、誰…
48920.まことにひとにさちあれよ われはいか…

48921.歌はただ歌であるというだけでなく、歌…
48922.目標を掲げたのに、今、何をしていいか…
48923.本当に信じることができたら、信じる力…
48924.野球をホントに楽しめるのは、ホンキで…
48925.面白いことに、人は自分のものごとのと…
48926.他の人がどう思おうと関係ないでしょ?
48927.理不尽な事が世の中にあるのは当たり前…
48928.その家に平和を見出す者は、君子たると…
48929.「ベター」「ベスト」というのは、比較…
48930.問題はいつも未来に繰り越されるのであ…

48931.ボランティア活動は、あなたの人生を飛…
48932.「邁進」という言葉を好んで使う人には…
48933.あきらめなければ、失敗はない。
48934.男と女が対立し、いがみ合い、仲直りし…
48935.絶望の淵にいる人に希望を持てと励まし…
48936.怖れは、目覚まし時計のようなもの。「…
48937.どんな組織でも悪い点を探すと必ず山の…
48938.使われる人の人格を無視しては、近代産…
48939.泣きたがりは、暑がりや寒がりと同じで…
48940.仏教において智慧というのは、いろいろ…

48941.会社なんていつも問題だらけだ。トラブ…
48942.自力で富を築いた人ほど、子供に財産を…
48943.自分がやりたい仕事を誰かが用意してく…
48944.この本を子どもが読んだらおもしろいだ…
48945.イノベーションとは、物事を新しい方法…
48946.「愛人」の立場に甘んじる女たちは、「…
48947.人間はみな たれも通ったことのない …
48948.(若い人達にとって、大人に反抗する)…
48949.自由と書物と花と月がある。これで幸せ…
48950.だいたい“普通でいい”なんて思うのが…


48951.微笑は、する者にも見る者にも、上品で…
48952.最初にふれているのだ。そのときは気づ…
48953.愛とは、現在にしかないもの。
48954.人間の生涯の吉凶は、ことごとく食によ…
48955.私の上におこってきた苦悩が消えてなく…
48956.オトコ文化は結論する。結論文化といっ…
48957.(恋愛と同様に)青春へのあこがれも、…
48958.旅への衝動は、人生の希望に満ちた症状…
48959.どんな職業にも、芸術家的な要素、科学…
48960.人間の欲望というものは、絶対に捨てる…

48961.何事もやってみなきゃわからないという…
48962.誰だって年を重ねるんだ。だけどオヤジ…
48963.私は、政治的「差別」がおおむね悪であ…
48964.一得一失こそ、ものの成長に追随するさ…
48965.私は教師。私ほど恵まれた職に就いてい…
48966.素直に自分の誤りを認めることができな…
48967.肝心なのは、(事前に)あまり知識を持…
48968.(※大人になるにつれて)いくら希望が…
48969.世の中を「陰」に見ていくか「陽」に見…
48970.世の中に役立つことをしなさい。そうで…

48971.「わかってくれなくて当たり前」と思っ…
48972.人を悪く言えば、もっとひどく言われる…
48973.肉体労働者は、何をなすべきかは指示さ…
48974.人としてこの世の中に生まれて一番大切…
48975.外界の影響があると、クリエイティブな…
48976.別れた男をけなすのは、そんな男に惚れ…
48977.野心──生きている間は敵から悪し様(…
48978.何かをやることが決まったのに、その準…
48979.要は他人のアラや欠点を詮索することを…
48980.この地上におけるいわゆる地獄をつくり…

48981.本当にその状況を改善したいのであれば…
48982.なあロッキー、訳もなしに憎まれ口を叩…
48983.怠るな 社員の手本に 歳はなし
48984.言葉というのは、(語彙の量ではなく)…
48985.我はつねに狭小なる人生に住めり、そ…
48986.人間は土着するが、決して「近代化」な…
48987.星はいい。正も邪もなく、ただああやっ…
48988.影のない役者は光のない役者だ。俺は新…
48989.経験は蓄積資本である。
48990.いつもより一分早く駅に着く 一分君の…

48991.説得と納得は違う。交渉は、相手も自分…
48992.今世紀の一流の数学者の一人がいみじく…
48993.新聞を読んでいる人が、すっと、目を上…
48994.年寄りには年寄りの知恵がある。それは…
48995.「顧客のために」ではなく「顧客の立場…
48996.準備ができていないときに、チャンスは…
48997.妻は夫を幸福にする。兄弟姉妹を幸福に…
48998.成果をあげるためには、大きな固まりの…
48999.思い通りに生きるのはムツかしかね。
49000.故郷なんてものは、泣きぼくろみたいな…


49001.我々は、この時代を偉大な発展の時代に…
49002.精神的プレッシャーには、開き直りで立…
49003.人間は死に依って完成せられる。生きて…
49004.勤勉たれ。時間を空費するなかれ。常に…
49005.音楽は競争じゃない。協調だ。一緒に演…
49006.われらの歎(なげ)きは、短き命をもっ…
49007.チャンスは懐に飛びこんできまへん。自…
49008.すべて重大なる問題は、賢さとか、敏捷…
49009.人にほめられる人よりも、人をほめられ…
49010.運は正面から来ない。

49011.善意の過ちは許せ。
49012.着るものがある。食べるものがある。雨…
49013.学問ハオ好キデスカ。無理カモ知レマセ…
49014.おれなどは、生来人が悪いから、チャン…
49015.(自分の)職業に必要な全部のことを勉…
49016.得意げにうんちくばかり垂れる人には、…
49017.僕らはみんな、いろんな大事なものをう…
49018.学校は、同じ金を出せば、同じように誰…
49019.人間は安物買いをする動物である。他の…
49020.企業を基盤とする社会は、個々の企業が…

49021.君が自分の音楽にもしも自信があるなら…
49022.人情は移ろいやすく、世渡りの道は厳し…
49023.人をだます人間はいつか必ずだまされる…
49024.失敗は誰にもいつでも起こり得る。これ…
49025.スターほど、「できない」と「駄目」が…
49026.★★★
49027.本当の貢献を必要とするのであれば、そ…
49028.民を貴(たっと)しと為(な)し、社稷…
49029.私は純粋にちかづきたい。そして、人び…
49030.社会が決める法律には正しさは必ずしも…

49031.根さえしっかりしていれば 枝葉はどん…
49032.作者は小説の奴隷である。
49033.知識とは専門化である。
49034.いちずに 一本道 いちずに 一ツ事
49035.社会的存在としての引退はあっても、心…
49036.小説と云(い)うものは、本来、女子供…
49037.好きなことから逃げたら、後悔するぞ。
49038.試験地獄なぞという事はあたりまえの話…
49039.真のマーケティングは、顧客から出発す…
49040.自分が変わるつもりがないんだから相手…

49041.日本のいわゆる知識人たちは、奈良朝以…
49042.伝統行事というものは、めんどうくさい…
49043.友人は友人が前進するのをサポートする…
49044.あのそばの味 あのパンの味 本当のと…
49045.人間にも企業にも、試練に耐えるために…
49046.物のように目には見えないけれど、自分…
49047.多くの場合、今の自分の状態は「自然に…
49048.世界中で生み出される面白い製品の中心…
49049.(競馬で)はずれたら? うーん、いい…
49050.事業には、それ以上成功することは自ら…


49051.失敗したとは思わない。うまくいかない…
49052.お互い腹を割ってじっくり語り合うこと…
49053.この世に在ることは、切ないのだ。そう…
49054.ひとが誤るのは、いつでも言葉を過信…
49055.用心もまた勇気なり。
49056.スポーツ大会に出る人は、優勝する自分…
49057.我々は、親や、教師や友人から、自分自…
49058.身の丈に合わせて行動している限り、身…
49059.心の穴は他の皆(みんな)が埋めてくれ…
49060.勇気の感じられる言葉には、人の心と運…

49061.あなたがスポーツ選手でなくても、コー…
49062.現実に触れないで生きてくると、(トラ…
49063.私は、神様はケチではないと思います。…
49064.組織の精神とは、訓戒、説教、善意では…
49065.太陽は夜明けを待って昇るのではない。…
49066.謙虚になろうとする心こそが謙虚さとい…
49067.100万枚売れるアーティストが1組出…
49068.どんな困難な戦局でも、必ず理論的な最…
49069.手当たり次第なんでもかんでもやたらと…
49070.人間の力は必要に迫られてこそ十分に発…

49071.強いってことは泣かないことじゃない。…
49072.(本当に)好きな人であれば、いくら欠…
49073.努力する者は希望を語り、怠惰な者は不…
49074.他山(たざん)の石
49075.辱(はずかし)められて怒らないことは…
49076.芸術家が精神的に強いのは、孤独という…
49077.人に頼むすべさえ身に付けておけば、人…
49078.販売員は3秒間同じところにいてはダメ…
49079.生きていくということは、見えないもの…
49080.最も偉大な人たちの人生は、その人たち…

49081.怒られたときは、実は(こちらを)好き…
49082.人は、国の少子化防止のために子どもを…
49083.成敗(せいはい)は天に在(あ)り。
49084.人間の会話って、互いにどんどん相手の…
49085.すべては過程だ。結果ではない。
49086.聞くことからは知恵が得られるが、話す…
49087.桜が咲いた、ヒマワリが咲いた、柿はど…
49088.この世に足りないものなんて、何もない…
49089.(山の頂点へ)一足跳びにあがるより、…
49090.シングル女性にとっては「心を一歩出れ…

49091.雨だれも、ついには石をうがつ。
49092.根本は愛なんです。美しいから愛してる…
49093.答えをもとめるためではなく、ここにい…
49094.人生は庭のようだ。完璧な瞬間は経験で…
49095.女がおんなら、心配ない。男はほおっと…
49096.成功するのにたいした秘訣はない。他の…
49097.大根が先生で 私は弟子 なんの驕りも…
49098.難しいと思う心が、物事を難しくする。
49099.世界はまず、人たちの想像力の中で亡(…
49100.生きている間は照れくさくて言えないこ…


49102.わては無学やさかい、白なら白一色でい…
49103.真の謙遜とは、私たちの能力や美徳を他…
49104.君は「ただのサラリーマン」なんかじゃ…
49105.わかってたまるか わかってたまるか …
49106.「果報は寝て待て」ではない。「果報は…
49107.感ずるべきものに感ずる人間であって欲…
49108.生きる事は、芸術でありません。自然も…
49109.すべてを叶えてしまえるということは、…
49110.地獄とは 楽を求めて苦しむ世界 極楽…

49111.高校の時、友達はみんな将来Googl…
49112.追憶の感激をもたない生活を、つづけな…
49113.サーカスの曲芸、綱渡りなどをやる人は…
49114.近きもの喜び、遠きもの来たる。
49115.どうかことばを かけないでください …
49116.無念無想でやろうなどという意識があっ…
49117.敗者と呼ばれる人には2種類ある。頑張…
49118.相手が一の常識を持っているなら、こっ…
49119.「忠臣蔵」みたいなのが美しいっていう…
49120.大切なのは「年齢」ではなく「情熱」。…

49121.人間は、嘘をつく時には、必ず、まじめ…
49122.冷静になってから手にした(=抱いた)…
49123.人が一人で生きうるものならば、どうし…
49124.思い屈するような心萎える時間こそ、心…
49125.人は、楽しい気分や明るい気分の時には…
49126.地方人はまだ地方にいる時は、田舎者で…
49127.目指すものがあるというのは、成長への…
49128.鈍感な人たちは、血が流れなければ狼狽…
49129.世の中が 便利になって 一番困ってい…
49130.(人生において)最も大切なことは変化…

49131.本当に強い人は強がらない。本当に偉い…
49132.人間が人間たらしめているものはただ一…
49133.公正な心によって、物事を正しく見る力…
49134.人生ってきっと、地位や名誉やお金じゃ…
49135.運を頼む(=運を当てにする)人間は、…
49136.恋心というやつ、いくら罵りわめいたと…
49137.(仕事が)面白いと思って取り組むと必…
49138.恕(じょ)は心の余裕。自分の心を暖め…
49139.私たちは食べるもの、飲む水、吸う空気…
49140.どうかすると若い者が「死ね」と言わん…

49141.真の友なら、アドバイスはしても友の領…
49142.どこから来たかではなく、どこへ行くか…
49143.人は平和を望む。しかしその一方で、争…
49144.私たちは、潜在的神の子です。愛を通し…
49145.臆病者にいい料理は作れない。誰にでも…
49146.自尊心を失う十八の心得──5.もっ…
49147.組織はいつも風通しがよくなくてはなら…
49148.私たちの後ろにあるものも、私たちの前…
49149.超能力や魔法がもし存在するならば、人…
49150.山師の根性なくしてなんの事業か。


49151.なにかがわかるまでに、とても時間がか…
49152.良い部下がいれば、後ろを振り返る必要…
49153.石というのはだまっているけれども、見…
49154.恋に陥(お)ちたとたんに 誰もがヒロ…
49155.人はその最良の部分で評価される権利が…
49156.分かりにくい業界を分かりやすくする。…
49157.ばらまき国家は自由社会の基盤を侵食す…
49158.愛国心という卵から、戦争が孵化する。
49159.強い組織とは、自分で考えて自分で行動…
49160.イマジネーションの世界は無限である。

49161.いくらこちらがいい話をしても、相手が…
49162.高慢は没落の前に来るが、拍手の後にも…
49163.宙宇は絶えずわれらによって変化する …
49164.日々同じ仕事に変わらぬ集中力を注げる…
49165.あすの事きのうの事に渡らずと ただ今…
49166.ネタのない人ほど暗い話題を(雑談に)…
49167.衆生としての救いというのは、苦悩がな…
49168.挫折はね、靴を1足履き潰しただけなの…
49169.人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の…
49170.謙虚さは、他に美徳がない人にも美徳に…

49171.知識は、それをどのようにして効果的な…
49172.馬鹿と気狂いはよけて通れ。
49173.あなたの潜在意識は全知であって、あら…
49174.人間の名に値する唯一の人間は、行動す…
49175.どんなことでも、自ら意図的に選択して…
49176.周囲を見まわしてみるがいい。群れてい…
49177.デブだからボーイフレンドができないな…
49178.あなたの頭ではなく、ハートに従いなさ…
49179.置いてある物を見るときは、近くでなく…
49180.人生の大事なことはすべて、どう見るか…

49181.愛そうという人間は相手を真剣に考える…
49182.仲間の応援ほど青春力の高いイベントは…
49183.市井の片隅に生まれ、そだち、子を生み…
49184.本来女の中には、強い者に征服されたい…
49185.入社1週間の新入社員(中略)だったら…
49186.着実なる努力と大いなる欲求が幸運(チ…
49187.(アイデアを)苦し紛れに考えてひねり…
49188.一杯は人(ひと)酒を飲む。二杯は酒(…
49189.自分に向いている仕事、天職は何か」と…
49190.才能がない人間にとっては、プライドと…

49191.「おはよう」というと 目がさめる 「…
49192.とかく、洋行者の土産話ほど、空虚な響…
49193.KJ法やアイデア創造を支援するソフト…
49194.野暮(やぼ)な人は、とかく、しゃれた…
49195.ありがたいというのは、資格がない、あ…
49196.考えは創造力です。考えが賢明であれば…
49197.赦(ゆる)さるる事の少なき者は、その…
49198.あんたには他人の持っとらん、よか宝石…
49199.社長はいい人事をやれば、後は寝ていて…
49200.主はその愛する者に、眠っている時にも…