48401.仕事だけの関係だったら、あんなに仕事…
48403.どんな仕事でも喜んで引き受けてくださ…
48404.あらゆる野望は合法である。ただし、人…
48405.恋愛は掟を関知せず。
48406.きびしい試練に耐え、かじに従って方向…
48407.君にとっての正解は、私にとって不正解…
48408.自省の強い人には、あやまちが非常に少…
48409.一、愚痴はこぼさないこと。一、お金が…
48410.20代の現実は厳しい。夢が遠くに見え…

48411.仕事というものは全部をやってはいけな…
48412.亡くなった人への愛に固執せず、亡くな…
48413.目標を真剣に精緻に作ることによって、…
48414.格好をつけるよりも、ありのままの(弱…
48415.思い切って若者のところへ飛び込み、彼…
48416.自分を素直に認めない人は、一人で何か…
48417.技術を追求する企業にとっては、ブラン…
48418.霞み立つ 長き春日を 子供らと 手ま…
48419.道徳とはおそらく、意地悪さの最も残酷…
48420.(夫婦)二人の間にある「どうせ」とか…

48421.まず人生における目標を持つことです。…
48422.美人の隣に座れるのは、美人に告白した…
48423.音楽がわからないというひとは、たぶん…
48424.批判は、単にその人が物事をどう考えて…
48425.この世でいちばん遠い場所は 自分自身…
48426.長いことつらい経験をしていると、色々…
48427.雑につくられた空間からは雑な人がつく…
48428.世界の平和、人類の幸福をかち得るもの…
48429.もっと(周りの人と)比較しない機会と…
48430.男が本当に女に贈り物をしたいと思った…

48431.「社会」なんてものを目で見た人はいな…
48432.人生はナックルボール。
48433.(判断が必要な仕事で)判断を間違える…
48434.神様の鼻はまっかにただれているから、…
48436.私たちは、穀物の粒をふるうようにして…
48437.ためらう者は敗れ去る。
48438.会話で自分ばかりしゃべって相手の話を…
48439.本人 本当 本物 本心 本気 本音 …
48440.分かりやすくやれば、それなりの利益が…

48441.行く先々で愛をふりまきなさい。まずは…
48442.本は、人間のあり方、人生のつくり方、…
48443.少女と人形と娼婦とは、本来同じもので…
48444.たたかうことはスポーツの領域だが「勝…
48445.空気の中にいるから 空気を意識しない…
48446.何回壁にぶつかっても、絶対あきらめる…
48447.しろがねも黄金(こがね)も玉も何せむ…
48448.朝になって今日のことを考えているので…
48449.人前で話すときは、思いつきで話すので…
48450.無になる時、無二が生まれる。


48451.何度も繰り返し読みたくなるような書物…
48452.己(おの)が事業を行うために、他人の…
48453.“士別れて三日(みっか)まさに刮目(…
48454.いい日もあれば悪い日もある。
48455.長く長く忘れし友に 会ふごとき よろ…
48456.喜びは成果の中になければならない。石…
48457.本来自己啓発とは、目的ではなく手段で…
48458.人間関係で生まれた傷は、人間関係の中…
48459.“全力投球”は斬新なアイデアをも生み…
48460.われわれ大人がもし「えらいね」と言わ…

48461.クリスマスは時期やシーズンのことでは…
48462.世界には、あなたの個性が必要なの。だ…
48463.やればやるほどおもしろくなるもの………
48464.良心に恥じない生き方をしたことへの最…
48465.男女の恋の決算書は あくまでフィフテ…
48466.天使はね、私たちの心のドアをノックし…
48467.一羽のツバメで夏が来たとは言えぬが、…
48468.ジグソー・パズルはなによりも、一人で…
48469.芸の修業なんて死語になっちゃったけど…
48470.問題児というのは、われわれに「問題」…

48471.“仕事の鬼”と呼ばれる人が、人間の心…
48472.人は、感情を出したほうが好かれます。
48473.大きなことを成し遂げるために力を与え…
48474.ああ嘆くではない──それは運命なのだ…
48475.一日一日を懸命に生きれば、未来が開か…
48476.大器晩成──大方(たいほう)は隅(く…
48477.私にとって、ただ一つ確実なるものは、…
48478.得るために、まず与える。
48479.歩いた犬は、骨をくわえる。
48480.真実はもとから存在している。偽物は誰…

48481.人は、人の心は、名前を呼んでもらえる…
48482.「健全で豊かな家計」の条件──・家…
48483.もともとありもしない「限界」にこだわ…
48484.世の中には、往々、何故(なぜ)に宗教…
48485.作曲家と聴衆のあいだに横たわる深淵(…
48486.自殺は、あくまでも人生を虚構化する儀…
48487.同じところなんかにずっといたくない。…
48488.企画書に魅力的な一行があればそれは大…
48489.アイデアは、それを実用化し、市場に投…
48490.当時(=下積み時代)、私は繰り返し自…

48491.今宵死ぬかも知れぬという事になったら…
48492.いつも何かを学びながら年老いてゆく。
48493.私は組織を活性化させるために、より物…
48494.ファッションだって、一種の嘘。少しで…
48495.何もしないことが最大の悪策です。
48496.身過ぎ世過ぎは草の種。(ver.0)
48497.完成品を作るには、九十九パーセントの…
48498.宗教を事業のために利用しようとするも…
48499.教師があまり厳格であると、生徒は自立…
48500.人間って不思議なもので、遠くにいても…


48501.これはどんな仕事でも同じです。どんな…
48502.壁にぶつかった時に乗り越えるには、自…
48503.自由というのは、我々が欲しいと思うも…
48504.人は最初から否定や拒否をされると、反…
48505.たとえ親類縁者でも、なんで自分の荷物…
48506.(漫画を)人のために描く、そんなのな…
48507.おれは高く清く働こう。夜昼なく働いて…
48508.人間誰だって思ったように生きてきた奴…
48509.人が終わる時は、死ぬ時ではない。信念…
48510.救急法のクラスで習ったんですけど、も…

48511.アイデアを生みだすのがうまい人はつな…
48512.焦らず、しかし休まず、星のように己が…
48513.私は自分達で調査したものでしか判断し…
48514.事物に内在する力が外に現れうるために…
48515.前を向いて歩いて行けば、運の花が咲く…
48516.夢がかなっている人って、自分で気づい…
48517.自分のコントロールできる範囲から、「…
48518.孤独に浸ることで得られる快感と効用を…
48519.真の芸術は夫に愛される妻のごとく、さ…
48520.君ね、ブルースっていうのはね、お金が…

48521.もう充分に頑張っている人に、頑張って…
48522.たがが努力じゃないですか。努力すれば…
48523.寒気の強い年には、春になって木々の緑…
48524.世の中で忌み嫌われている、病気や貧困…
48525.技術よりも勝利への執念こそが大事だ。
48526.人間、事を成すか成さぬかだけを考えて…
48527.社会の為(た)めに子供を教育する──…
48528.「自分探し」なんて言葉が流行っている…
48529.(先生は)生徒のほうを見ずに、黒板ば…
48530.望みのあるうちに、汝の子を打て。

48531.大して才能がないのなら、せめてなにか…
48532.裏切られて裏切ることの虚しさを知る。…
48533.くさびだから 一番大事な ところへう…
48534.(若者には)デカイこと、スケールの大…
48535.ばかが暗くてどーする。
48536.信仰とは、まだ無いものをイコールで結…
48537.自分に直言(ちょくげん)する人物を大…
48538.感情を込めて描かれた肖像画はすべて、…
48539.ひとつ屋根の下の他人というときが、一…
48540.最初の仕事はくじ引きである。最初から…

48541.第三、自己の全存在を働かすことによっ…
48542.エホバを畏(おそ)るるは知識の本(も…
48543.もう手段がないんじゃない。今は手段が…
48544.忘却は、実に神の驚くべき恩寵(おんち…
48545.ひとのいちばん大事なものは正しさでは…
48546.お金は、儲けるために夢中になるもので…
48547.人間のやることに結末などはつけられな…
48548.麻雀で負けそうになったら、パンツを脱…
48549.文学は、他の芸術と同様、人生がそれだ…
48550.自分の心の底すら、覗(のぞ)きこめば…


48552.毎日、青空の下で、おもいきり精神を働…
48553.心をもってその道を楽しむ気持ちがあれ…
48554.賭博が、しばしば人の生き甲斐となりう…
48555.その女に捨てられたという時には、多少…
48556.「金をやるから命を出せ!」といわれた…
48557.かつて誰かが言った。「凡人は宗教を信…
48558.違いのわからないのが本当の男です。わ…
48559.今の状況がどれほど苦しく、救いのない…
48560.私は犬に対して、昔から揺るぎない愛着…

48561.自分の思いどおりにモノがつくれるよう…
48562.結局、仕事も、人生も、投げかけたもの…
48563.真心や、誠意は素直に心が働いてそうい…
48564.果報を求めず。
48565.民主制は、君主制と貴族制の正当な嗣子…
48566.すべての科学に、数学の鋭敏さと正確さ…
48567.相手のことをよく見てごらんなさい。相…
48568.(自分の個性だと)自分だけが思い込ん…
48569.枯れたすすきが まだ美しい いのちい…
48570.男は女にはなれないし、女も男にはなれ…

48571.芸術家は、やっぱり人ではありません。…
48572.まず何としてもその仕事のコツをつかむ…
48573.昨日、遅くまで眠らずに、今日の訪問の…
48574.美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当…
48575.どんな時に疲れやすいか。言われたこと…
48576.リーダーは夢づくりの名人たれ。
48577.まだまだ、ブライダル産業に踊らされて…
48578.夫に出ていってもらった。うちの猫が夫…
48579.英語の「Good luck」はなかな…
48580.不幸に打ちのめされた意識は、慰めや愉…

48581.「売らなくては」という意識から解放さ…
48582.私たちの中に、心の火が燃えているよう…
48583.いい馬には主人が多く、いい人には友人…
48584.学校とは社会人になるための準備期間で…
48585.フツーにしゃべって味が出る、というの…
48586.ニンゲンハ チイサイ ソンザイ デス…
48587.「恋しい、恋しい」と、その人に惚れて…
48588.作家は毒蛇になって、人に咬みつかなけ…
48589.自らの負けを潔く認めることが、次の勝…
48590.この世の物ごとは、すべていろいろな関…

48591.女は、「ねぇ〜、○○やって〜♪」 …
48592.起業家の人生──前半は人のやらないこ…
48593.女の価値は顔じゃねェよ。オシャレかど…
48594.人格を重んじて人を使わなければならな…
48595.日本人は絶望を知らない。絶望する前に…
48596.知の対極にあるのは無知ではない。それ…
48597.兵強ければすなわち滅び、木強ければす…
48598.百年後 ほとんど死んでる 今の人
48599.リーダーシップの本質は 1.リーダー…
48600.(体の)障害そのものは、何も特別なこ…


48601.入院中ってのは、一人だけこの世に取り…
48602.尊敬して居ればこそ、安心して甘えるの…
48603.嘘が多くて虚栄心が強くて、すぐに人に…
48604.ゆづる葉に寄せにし人の嘆きさへ 今日…
48605.奴隷の主人はひとりだけだが、野望を抱…
48606.失敗しても、それを人のせいにしたり弁…
48607.不況になると日本人は自分たちに自信を…
48608.鏡屋(かがみや)の前に来て ふと驚き…
48609.自己改造に真剣な気分で取り組もうとす…
48610.批判力があっても問題を解決するアイデ…

48611.人を大切にしているなら、その人は律法…
48612.利己には制限がある。他愛は如何(いか…
48613.「自分探しをしよう」などといいながら…
48614.後輩のおかげで先輩になれる。威張るこ…
48615.太陽の下には、永遠なものは存在しない…
48616.賛成1、反対9。どちらも、まちがいじ…
48617.戦いは、常に変幻自在に。敵を倒すには…
48618.コミュニケーションのコツは「言うが三…
48619.敵について思い悩み、苦悶し、何とか仕…
48620.湯にはいるのに むずかしい理屈はいら…

48621.漬物には 重石がだいじである 私とい…
48622.一人ひとりが輝くようにしようと思った…
48623.小さな仕事には次にかかる大きな仕事へ…
48624.問題というのは、自分がどんなにうまく…
48625.だれも怒らせたり、傷つけたりしないよ…
48626.ほんのわずかの可能性に賭けて、何かが…
48627.私は、ひとの恋愛談を聞く事は、あまり…
48628.現在その人がどれ位の魂が美しくて、優…
48629.(我々の精神は)太陽と似ており、太陽…
48630.我々、日本亭主族は自分の仕事や外部社…

48631.本というものは、なるべくなら、読まず…
48632.機会──失望をつかみたければ、これが…
48633.この世の中で何が一番怖いかって、親た…
48634.ゴールデンルール(黄金律)とは、この…
48635.生徒の言葉どおりに反応することが、真…
48636.「きょうは、少し調子づいているようで…
48637.数学者としては、数学が思考力を導き整…
48638.たとえ100万人の人が、どんなに楽し…
48639.(数学)問題の解のエレガントさと美し…
48640.人生は変化であり、挑戦だ。

48641.神が戸をお閉めになるときは、どこか窓…
48642.実業家になるについて一番大切なものは…
48643.(どの職業でも)自分だけの心の中に問…
48644.吸収力や柔軟性が、その人の可能性を広…
48645.何百万人の気にいる作家は、常にまた自…
48646.彼には到底難しいとかいう風に考え出す…
48647.正確にいえばどんな罪でも無意識と何ら…
48648.(残された)時間や失ったもののことを…
48649.本来、青春期には誰でもどうしようもな…
48650.良き友は、同時に良き師でもある。


48651.過去の実績で俺は商売なんかしたくねえ…
48652.個性が出るようにするにはどうするかと…
48653.リーダーシップは、「どれが重要事項か…
48654.物事は頭を下げてでも専門家に聞け。
48655.あなたの声を 電話で聞いただけで そ…
48656.自分の人生を次の世代への橋渡しのため…
48657.のん気に くらしなさい
48658.(女は)三十代はいろいろあってつらい…
48659.ひとの批判は かんたんだがなあ
48660.あのね 人を恨んでね ほんとうに傷つ…

48661.この世で一番醜いものが差別なら、一番…
48662.青い鳥っていうのはみんなに見えるとは…
48663.支配したいんだけど、支配できないのは…
48664.「こんなはずじゃなかった」と言う人ほ…
48665.女は愛の専門家なのだ。
48666.人の記憶に残ることが、人が生きたこと…
48667.プライドの高い人というのは、プライド…
48668.手ごろな山ほど危険なものはない。
48669.夢というのは現実のなかでみるもの。現…
48670.僕がそれよりもさらにうんざりさせられ…

48671.欲ばらない 腹をたてない ぐちをいわ…
48672.明るい性格の人こそ、暗い役が映える。…
48673.かってない困難、かってない不況からは…
48674.自分に平和をもたらすのは、ほかならぬ…
48675.人生はそのまま大河演劇であり、私たち…
48676.もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅…
48677.万人が生産手段としての知識を手に入れ…
48678.戦争というものは、勝っても負けても、…
48679.他人はちょっと、相談された時だけ、考…
48680.(心の)苦痛を、何か刺戟(しげき)で…

48681.愛想尽かしは金から起きる。
48682.自分しか見ていないときにはなにをすべ…
48683.自分の親がそれを喜んでくれるのと無関…
48684.自分を見失ってまでするのは出世とは言…
48685.最初に、「よいもの」と出会った若もの…
48686.知識とは、個人や組織が何らかの成果を…
48687.すべての星と月、そして太陽は、あなた…
48688.へつらひを聞けば 腹立(はらだ)つわ…
48689.良い芝居をやった時のぼくらの幸せとい…
48690.すべて男と女の仲は、焦ったり、あきら…

48691.(志那が)料理の国だなんて、それは支…
48692.過去を断ち切れば、自由。
48693.満足度とは、ゾクゾク度である。
48694.雕琢(ちょうたく)して朴(ぼく)に復…
48695.平和が来ると、国民は幸福になり、人々…
48696.偉大の達した高峯(たかみね)は一躍地…
48697.今日もまた胸に痛みあり。死ぬならば、…
48698.世の中にはアバウトなほうがいい場合が…
48699.自分の得意なものを発見したならば、大…
48700.自分の歩くところみんな、お花を咲かせ…


48701.一人の同じ人間の一生にあっても「青年…
48702.飲食は飢渇をやめんためなれば、飢渇だ…
48703.ことばでしか書けない光景があります。…
48704.自分の書いた文章が、全く読まれないか…
48705.大学は死ぬべきだ、と思う。そして真に…
48706.魅力は創造的な大いなる存在から流れ出…
48707.過去の出来事を持ち出してこれが今の悩…
48708.決断は結果を天命(=天)に委ねて迷わ…
48709.夢を持たぬ者ほど、他人(ひと)の夢を…
48710.金持ちであることの「後ろめたさ」みた…

48711.最高の愛国心とは、あなたの国が不名誉…
48712.金は大事だ、大事なものが殖えれば寐(…
48713.勝って騒がれるのではなく、負けて一面…
48714.身を修めようとするなら、必ず正しい道…
48715.昔の人はよく言ったもの。「平凡が一番…
48716.他人から見たら、意味のないものでも、…
48717.企業は実力の範囲内で健全な赤字部門を…
48718.口では「ああせい、こうせい」と命令し…
48719.理想を語るなかれ。その身をもって理想…
48720.音楽は、自分が音符を書き表したら、そ…

48721.清き一票でも、狂気一票でも、同じ…
48722.どんなことでも、なにかに長じる人は、…
48723.自分の子どもが死ぬという体験をしたこ…
48724.能力は、仕事の質を変えるだけでなく人…
48725.私の半生は、ヤケ酒の歴史である。
48726.人脈の本質は、情報を共有する互助グル…
48727.魅力的でいるためには、ウキウキしてい…
48728.静かに賢く老いるということは 満ちて…
48729.分社化までいかなくても、部門別に損益…
48730.自分にとって面白い(という)ことは確…

48731.先のことを考えすぎると、取り越し苦労…
48732.学問が豊富になって、豊富になって、い…
48733.何ゆえに人は多数に従うか。彼らがいっ…
48734.なくてはならないものなんてない。いつ…
48735.本を読まない人間は、本を読めない人間…
48736.人並み以上の誰にも負けない努力を続け…
48737.口に出して言ってみるまでは、そうだ…
48738.彼らには老年がどんなものかわからない…
48739.僕に必要だったのは自分というものを確…
48740.あきらめは無知と恐怖と迷信と怠惰の混…

48741.1台の機械で、50人の平凡な人間のす…
48742.淋しいという字をじっと見ていると 二…
48743.正義は必ずしも、人の非を挙げて責める…
48744.こんなよい月を一人で見て寝る
48745.逆境には必ずそれよりも大きな報酬の種…
48746.自分の会社を立派にしたいという自己愛…
48747.一芸に頼る者は、一芸に滅ぶ。
48748.いちばん大事なものごとはパーセンテー…
48749.ゲームなら攻略法があるが、自分の人生…
48750.従業員に給料袋の中身について考えさせ…


48751.リーダーが公言する信念とその行動は一…
48752.持病あるは ありがたし 持病あるゆえ…
48753.経営者の仕事の大部分は、人と折衝する…
48754.平和の対極にあるのは戦争ではない。無…
48755.真の成功とは、請求書を何の苦もなく支…
48756.社員のための計画は、社員に任せた方が…
48757.人は、生物的存在として呼吸するための…
48758.古いものを壊すことは、過去の記憶を捨…
48759.経営者の心得9ヵ条──9.ほどほど…
48760.人間には智恵は大切だが、物事の成功に…

48761.白・黒をハッキリしたいのは女の本性な…
48762.しんだら、もういっかい おなかに …
48763.今目の前にあることは、すべて未来への…
48764.退屈なのは世の中か、自分か。
48765.ひとはその所与の運命を自分のものとし…
48766.水に書いた文字のような人とは、水の上…
48767.(アイデアやひらめきを得るには)神さ…
48768.仲間意識は、共通のことばによって生ま…
48769.戦争は女の顔をしていない。
48770.憂い……が無いのではありません 悲し…

48771.常識を意識する。案外常識を意識しない…
48772.目的(=願望)を潜在意識に伝えれば、…
48773.役者は舞台の上だけで稼ぐもんや。それ…
48774.分社化は、長期的な成長という観点から…
48775.夢を実現しようと頑張らなければ、その…
48776.仕事は本来、つらいものです。長時間拘…
48777.君の運命をつかさどる星は、君の胸の内…
48778.お札(さつ)に次のような文章をいれる…
48779.僕は折れるよりは戦う。一度でも折れる…
48780.数学は宇宙を捉(とら)えるために、人…

48781.仕事の中に能力を活用しなかったり、方…
48782.わたしの人生よ、それを生きなきゃなら…
48783.何ごとも偶然ではないこと、そして、あ…
48784.大切なのは、「自分が何をやりたいのか…
48785.諸君はこの颯爽(さっそう)たる 諸君…
48786.ひとは不確実なものから働くというとこ…
48787.民主主義、我々は政府が人民を所有する…
48788.一般に「善人」は他人の気持ちにノーマ…
48789.欲望は、成功の一部なんだよ。
48790.「この世に何をしにきたのか」と問われ…

48791.人は、少なくとも、すべての子供は、彼…
48792.生じたものはかならず滅びる。この厳(…
48793.夢は目指した時から、目標に変わる。
48794.男はいつだって、目を見開いたまま夢を…
48795.普通の人は「人からもらえるもの」にし…
48796.(厳しい修行で心を鍛えることはできな…
48797.死ぬことを恐れる必要なんてない。むし…
48798.(夢は)願えばかなうとは言わないけど…
48799.死ぬことだけが解放に思える者もおるか…
48800.企業を長期的に発展させるためには、正…