46401.どん底から、ドラマがはじまる。
46402.自分で自分の始末をつけ得ないのが人間…
46403.「子どもを持たない人生を選ぶ権利、選…
46404.人の幸せしか考えられない人は、いつか…
46405.どんな偉大な俳優でも、舞台に上がるま…
46406.「知識は力なり」というふるい諺がある…
46407.自然に帰れ。自然の中の人間こそ真の姿…
46408.ビジネスの本質は、「誰かを助けてあげ…
46409.たとえ一坪の牢獄であっても、厳粛な懺…
46410.お金は薬は与えるが、健康は与えない。

46411.うつを防ぐには、グチを言える友人を作…
46412.形だけのおくやみや、口だけのはげまし…
46413.私はいつも、こう考えるようにしている…
46414.澄んだ眼の底にある 深い憂いのわかる…
46415.損せざるを以(もっ)て、大いなる儲け…
46416.いい音楽を聴いてたのしいときは、健康…
46417.平和主義は、平和の実現ではなくて、戦…
46418.一流は一流を育てる。
46419.愚かにも美を無視するなら、たちまち美…
46420.恋が人を狂わせるのではない。人が恋を…

46421.働こうともせず、どんな種類の知的享受…
46422.人を信用できなくなった組織は、存在す…
46423.あることを信じるのは、それを実現させ…
46424.客観的な指標によって、三年から五年後…
46425.これから諸君が逢わねばならぬ大人は、…
46426.時には機嫌を直すために、ちょっと甘や…
46428.陰気くさい、嘆きの溜息(ためいき)が…
46429.もし、知識を「ほんとうの知識」として…
46430.言葉とは何を言うかではなく、誰が言う…

46431.てめェのペースでやりゃいいんだよ。「…
46432.見えない敵にとりかこまれてるってこと…
46433.(ビジネスの)最初のうちは、持てる限…
46434.副社長まではゴルフで言えば、フロント…
46435.仕事でも何でも、自分の頭で考え、自分…
46436.すべての夢には、それを実現する力が眠…
46437.我々が他人を知ろうとする時は、必ずや…
46438.核家族は、人類社会の中で時代や地域を…
46439.資金開拓とは、NPOの使命が支持する…
46440.軽く見られるより、重く見られよ。

46441.悪意を持ってはいけない。人間を支配し…
46442.月に行こうという目標があったから、ア…
46443.家来の善きも悪しきも、また主人たる者…
46444.速断せずに期待しながら見ていることに…
46445.あなたの発言を失言と受け取るか、ユー…
46446.本当に力強くなるためには人は孤独をく…
46447.市民権を与えられないスラング、やくざ…
46448.ギリギリには2つしかない。ギリギリア…
46449.リストラとは削ることではありません。…
46450.ようは、いま何をやっているかだ。


46451.社会の不完全さに対するしたり顔の諦め…
46452.各人にそれぞれの一つの役目が存在する…
46453.本当の自分に根差した目標を設定できな…
46454.苦しみを解消するには時間がかかる。そ…
46455.人を傷つけるものは三つある。悩み、い…
46456.結婚生活で一番大事なのは何かと聞かれ…
46457.足るを知れば福人(ふくじん)。
46458.教育には、明らかに2つの種類がある。…
46459.自分の好きなことをしたら、自分の選ん…
46460.もともと人間は虫や木と同じように生き…

46461.不安になったり、憂鬱な気分になってい…
46462.一つのイデオロギーが成熟しきって国家…
46463.放縦(ほうじゅう)な生活をしている者…
46464.自我の意識は個人から 集団社会宇宙と…
46465.空(むな)しい欲望を満足させるために…
46466.正直な人間とは、受けるべきでない金(…
46467.富は、足るを知るにあり。
46468.みずからの悪をかえりみ得ないものは、…
46469.人類は、向きを変えて引き返すにはあま…
46470.厳しい外見にも関わらず、本当はいい意…

46471.自分の値打ちは自分で、自分たちで決め…
46472.友情。信頼。私は、それを「徒党」の中…
46473.ああ、人間の生活には、喜んだり怒った…
46474.なにか暗い世界に引きこまれ、落ちてい…
46475.人間は論理でものを考え、感情で動くん…
46476.学問がない、体が弱い、これも常識的に…
46477.プロは「読者が読みたいもの」を書き、…
46478.ふつうの子供は、先生や親のすすめるこ…
46479.優れた上司はただ部下を雇うのではなく…
46480.戦争について考える場合に、もっとも重…

46481.どんなに外見が美しい人でも、自分に対…
46482.一番わかっているようで一番わからぬこ…
46483.人の一生における最善のもの、それは…
46484.奴隷はその鎖を愛する。
46485.人間が根源的であればあるほど、不安は…
46486.小説家にとっては今日書く一行が、テメ…
46487.その時点では実現不可能なことをまず言…
46488.両者が勝つ──(交渉では)両方の陣営…
46489.もし同年代や年下に、好きな男性がいる…
46490.芸術の世界では、悪徳者ほど、はばをき…

46491.高い塀の上を歩いている猫が、突然、別…
46492.高貴な人間は、名が実(じつ)を上回る…
46493.美人の隣に座るというのは、人間の自然…
46494.自尊心は、私たち人間がより良く生きて…
46495.人生とは石切り山みたいなもので、そこ…
46496.人は自分より少し不幸な人間が好きなの…
46497.民主主義とは、人民の、人民による、人…
46498.死は素(す)なのである。
46499.苦しみを経験しない人間は、本当の意味…
46500.そういう信仰家という者は世間にたくさ…


46501.人間というのは、本当に静なるものをや…
46502.(コメディアンは)「それを言っちゃ駄…
46503.酒を昔からスピリットとも呼んでいたの…
46504.人に接する時には、その人にふさわしい…
46505.天井が高いこと。暗すぎず、また明るす…
46506.私は“管理者”という言葉を好まない。…
46507.現状を維持するためなら、可能性さえ葬…
46508.どんな批判が来ても、その本質をしっか…
46509.知る価値があることで、人に教わること…
46510.船は海を経験させてから評価すべきだ。

46511.“この新しいプロジェクトではこんな素…
46512.運命は悪魔の議論である。
46513.人間誰しもより良い生活を望まぬ者はな…
46514.我々は、組織が一人ひとりの人間に対し…
46515.どんな些細なことでも感謝を先にして喜…
46516.女房に手を上げるな。腹部が無防備にな…
46517.大一番の対局では、誰しも手堅く、安全…
46518.大変なことが多い人。略して、大人とい…
46519.何をもって(人に)覚えられたいか、五…
46520.信頼できる友人とはしじゅうつるんでい…

46521.不正な手段で成功しても、いずれ必ずそ…
46522.自分の心をもっと大きくしたかったから…
46523.借りた金を返すことを考えない者は幸福…
46524.(別荘を建てるとき)普通の人は、もっ…
46525.枯れ葉を描く時は、最初は緑で描いて、…
46526.論理的なことや正しいことばかり追わず…
46527.何がなしに 息きれるまで駆け出してみ…
46528.互いにあざむき合って、しかもいずれも…
46529.大食短命(たいしょくたんめい)
46530.折れて見て 初めて見えた 鬼の角 折…

46531.歳とってやっちゃいけないことは、説教…
46532.自己客観視と自己肯定ではどちらが本当…
46533.未来はすでにあなたの心の中にある。そ…
46534.酒飲みというものは、その家庭に於(お…
46535.みだりに誉める者は、みだりにそしる。
46536.(※夫婦円満の秘訣は)「さ行」で相づ…
46537.和気あいあいとした雰囲気で話したい時…
46538.悩みを解決するには、精神的なことより…
46539.高邁(こうまい)の理想のために、おの…
46540.お店の中で起こったトラブルについては…

46541.人生は、連続しているのではなく断ち切…
46542.愛は礼儀に反することをせず、自分の利…
46543.1分でも言いたいことは十分伝わる。
46544.破鏡(はきょう)重ねて照らさず、落華…
46545.生きている自分こそは、生かしてもらっ…
46546.青春は例外なく不潔である。
46547.社長に言われた言葉を部下の前でそのま…
46548.まったく関わりない偶然としての幸運な…
46549.足の遅い亀がどうせ俺は足が遅いからと…
46550.「なぜ、その一球を選択したのか」 「…


46551.一日に一つでも恐怖の対象を克服しない…
46552.心から愛する恋人のどんな気まぐれにも…
46553.何事もすぐに結果は出ません。過程を楽…
46554.人間の知識は疑うことから始まり、分析…
46555.もし、子育てをやり直せるなら、うる…
46556.本を読むことはたやすいことのように思…
46557.俺は生まれた時からずっとさまよい歩い…
46558.誰でも、世の中が悪い、と軽い愚痴や冗…
46559.筆を持つのはおそろしい 筆は正直で、…
46560.今が幸せかどうかなどと考えることは、…

46561.「この人は自分に恥をかかせることはな…
46562.美のあるところ、必ず数がある。
46563.不良でない人間があるだろうか。
46564.私の恐れおののくものが、我が身に及ぶ。
46565.私たちは、一つの宿命の覆(おおい)に…
46566.話を聞いてもらおうと思ったら、まず相…
46567.(親切に)してやりっぱなしを慈悲、恵…
46568.かりそめの、人のなさけの身にしみて、…
46569.ことばというのは、本当は、勇気のこと…
46570.育てたように 子は育つ

46571.知識労働者にとって重要なことは、1.…
46572.忙しさが増すと、自分とゆっくり向き合…
46573.一冊の本を作るには三年かかる。それを…
46574.ある民族がたくさんの余暇を持って幸福…
46575.物理的概念は思考の自由な創造物である…
46576.真の愛国者は、かえって国の悪口を言う…
46577.「仕事が人生の全て」派の人は、実は自…
46578.口伝は師匠。稽古は花鳥風月。これが職…
46579.必ずしも長寿を祈ることはしなくてもよ…
46580.暗い顔でいると、幸せだって逃げてっち…

46581.どんな状況であっても、笑いを見出すこ…
46582.工人(こうじん)数(しばしば)業(ぎ…
46583.自分とは異なる年齢の家族がともに暮ら…
46584.旅の話をするというのは、どんな旅をし…
46585.人生には、ただ慣習に従っておけばよい…
46586.血は水より薄く、絆(きずな)は紙より…
46587.親が子どもに依存しても何もおかしくは…
46588.夢や願望が潜在意識と一致し、調和する…
46589.お前は最高のもの、最大のものを求める…
46590.権力は万能ではない。権力半分・信頼半…

46591.人間の内に誕生の時以来すでに存在し、…
46592.困った時は、じたばたするより、心静か…
46593.若い人に伝えておきたいのは、できるだ…
46594.幸せに成功したければ、自分らしい人生…
46595.映画を作るときに、(制作に)『お金を…
46596.評価は仕上げた作品に対して他人が行う…
46597.人生は新兵訓練所のようなものだ。現世…
46598.あなたは(自分の子どもに)愛情を与え…
46599.自分を愛するように隣り人を愛する。
46600.ほとんどいつも、創造的でひたむきな少…


46601.ダイヤモンドの行商人がやってきて、こ…
46602.男の価値は見かけじゃないんだ! ハー…
46603.生きていればこそ、幸福を得(う)るこ…
46604.「ないものねだり」より「あるもの探し…
46605.完璧な人間なんていない。だからといっ…
46606.本当の奇跡というのは、神によって与え…
46607.マスコミは、ペンで人を殺せる。
46608.生きる目的を失った? 生きる目的なん…
46609.「恥ずかしい」と感じることから進歩は…
46610.心の平安は、いたずらなる欲望の充足に…

46611.「(あなたの)信ずるところにしたがっ…
46612.これからは、明日自分が何をしているか…
46613.あの声で蜥蜴(とかげ)食らうか時鳥(…
46614.ブランドもののバッグにしても、何やら…
46615.猛暑だから売れない、暖冬だから売れな…
46616.そもそも二十歳前後で、自分の進むべき…
46617.もし、あなたが知り合うすべての人を心…
46618.人に言われた通りにするということは、…
46619.もし現状に満足できなかったら、現状に…
46620.「念のために」「万が一にそなえて」。…

46621.美的に完成され数学的に仕上げられた結…
46622.相手を話に引き入れる工夫として、疑問…
46623.先生が日々成長せずして、どうして生徒…
46624.人の喜びをわが心の喜びとすること。そ…
46625.壁にぶつかっている時は、すごく長いん…
46626.なになに、仕事はつくるもの? 君、余…
46627.自分にて自分の身を支配し、他に寄りす…
46628.もっと自分自身に向き合うような時間、…
46629.どうせ、この世では一回限り。生きて、…
46630.娑婆(しゃば)とは忍土(にんど) 忍…

46631.議論や説得や説教という形式をとらなく…
46632.感情にまかせて怒りまくる親より、怒り…
46633.間違っても短期間で儲けてやろうと思っ…
46634.朝起きたときには鏡を見て、まずにっこ…
46635.おろか、というのは、自分で、運命の答…
46636.じぶんの一日をひとは生きるのであって…
46637.自立しているからこそ多くの人々と本当…
46638.数学という学問は、それがたとえどんな…
46639.ずいぶん皆にわかってもらいたくて出来…
46640.不真実は本来的に悪であり、あらゆる平…

46641.男が、大泣きしたって、いいじゃないか。
46642.目に見え、数字化できるものだけを評価…
46643.人びとが生きるのはそれぞれにとっての…
46644.多くの人がいつまで経ってもアル中から…
46645.必要なのは才能じゃない。練習、練習、…
46646.全体は部分の集積ではない。
46647.さりげなく言ひし言葉は さりげなく君…
46648.もう少し、周囲をよく見たり、もう少し…
46649.もしあなたの上司が、「昔はよかった〜…
46650.虫たちは、精一杯、いま、ここを生きて…


46651.ある人民の制度を作り出そうと企てるほ…
46652.英雄とは飽くなき夢を見、誰かに夢を見…
46653.男っていったい何かって? アクセサリ…
46654.あぁあるから幸福だ、こうあるから幸福…
46655.優れた部下は管理する必要がない。
46656.個性が強いと言われる人はなるべく言葉…
46657.人生には時としてレンガで頭をぶん殴ら…
46658.数々の出逢いに怖れず直面し、出逢いの…
46659.世の中には、私たちみたいな種類の人間…
46660.どこへいっても どんなに 逆ってみて…

46661.我々が有頂天になり、夢中になり、胸を…
46662.(文章は)メリハリが重要だ。論理的に…
46663.世に埋もれた 今のままが こころやす…
46664.事業などをやる時はなおさらのこと、私…
46665.一生を棒にふって人生に関与せよ。
46666.私たちを、へんなお手本に押し込めて、…
46667.(自分自身を)許すということは、人生…
46668.女がほろっとなるのは、男の見てくれや…
46669.自己の金力をしめそうと願うならば、そ…
46670.人生にはどんな形容詞もいらない。

46671.職業によって人間、それに適した名に変…
46672.舞台とは、われわれの日常現実から隔離…
46673.芸術家は、自分の作りたいものを自分の…
46674.人生で人間の上機嫌はいちばんすてきな…
46675.「死」を背中にしょってやってみるのだ…
46676.人間が人間を愛するとはどういうことな…
46677.能ある鷹は爪を誇示せよ。
46678.タバコより 体に悪い 妻のグチ
46679.だれでも自由に意見をいえること、それ…
46680.花が生きるのは、こんな風な、丸太小屋…

46681.失敗と成功との間を画する一線はあまり…
46682.自分には何の責任もないように思ってい…
46683.チャンスは誰にでもある。ただ捕えられ…
46684.女の子って変なものですね、誰か間に男…
46685.優れた「技」を持っているだけではなく…
46686.(会社にいる時間は)女房に会っている…
46687.(※不倫というのは)してはいけないこ…
46688.人間は不遇な時代が続くと、どうしても…
46689.あまりに人間を恐怖している人たちは、…
46690.わたくしたちってお人好しに愛情だけを…

46691.紙の本と電子書籍の違いは実在と非実在…
46692.助からぬ命と思えば一日の 小さな喜び…
46693.力によって他人にその道を強要すること…
46694.貧しくても誠実に歩む者は、曲がったこ…
46695.あえて逃げられない場所に行くことで、…
46696.オトナの女とは、男に期待しなくなった…
46697.(組織における)問題解決は、誰かが自…
46698.君の口の中にある間は、言葉は君のもの…
46699.私の心の海は 毎日波だちますが 底か…
46700.恐れられるより、愛される方が良いのか…


46701.行動力は、失敗に直面できる勇気ともい…
46702.夢を実現させるには主張をしなくちゃ出…
46703.自分の考えに気をつけよう。それは言葉…
46704.長生き出来るかどうかなど、今の私には…
46705.長所は短所の近くにある。
46706.世人に暇があったら何をなすとか、金が…
46707.(部下が)能力の限界を越えて何かしそ…
46708.本当に男らしいものは、自分の仕事を立…
46709.芸術の制作衝動と、日常の生活意慾とを…
46710.(金を)貸す事もならん。お前から借り…

46711.(企業や事業の)予期せぬ失敗は、顧客…
46712.同じコトのくりかえしも わるいもんじ…
46713.品性が高潔でない人は、いかに知識があ…
46714.大切なのは、(自分の)子供の心に何を…
46715.(旅は)楽しいですよ。あんた、アソビ…
46716.人間性とは創造性を発揮することです。
46717.(数学教育の)課題は、数学を教えるこ…
46718.リスクのない決定は決定とはいえない。
46719.人生は狩りだ。
46720.一人前になるとは不正に反対すること…

46721.生命は流れてゐる。
46722.現在の自分が、今の如くあるのは、これ…
46723.最近は企業の倒産も深刻だが、それは世…
46724.自分よりも年若き人に、半日も気焔(…
46725.物書きは、内証のことはとにかく、外面…
46726.(事業において)なぜ次元の高い目的が…
46727.みんなで相談して決める、この日本の美…
46728.あなたの方から見たら ずいぶんさんた…
46729.本人の個性、持ち味、世界観を活かさな…
46730.これからの頭の使い方は知識ではない。…

46731.(フィクションにおける「私」だけでな…
46732.賭博は、想像力によって偶然性を組織し…
46733.けふのうちに とほくへいつてしまふ …
46734.全部ひとりではもてませんよ なやみも…
46735.コンプレックスは、あったほうがいい。…
46736.アメリカでは起業家は、雇用を生み出し…
46737.自分の家族だけの幸せを願うというマイ…
46738.人に好かれる人は、何につけても得であ…
46739.本当にみんなに言いたいことは、自分か…
46740.人間だったら自分の気持ちに正直に生き…

46741.開き直ればいいの。あるがままでいいわ…
46742.大人になって振り返る子ども時代のしあ…
46743.敵に勝つより、もっと大事なことは、常…
46744.死後も自分は存在するっていうような考…
46745.いちどその人になったつもりで、あれこ…
46746.企業が生み出すものは、満足した顧客で…
46747.その人といるだけで 身も心も洗われる…
46748.女性は子どもを産み育て、愛する本能を…
46749.ボクはいつも気持ちのいい会話で結末を…
46750.あなたの中には、自分でも理解できない…


46751.親が子にまず伝えるべきことは、知識よ…
46752.どうころんでも 俺の顔なんだよ それ…
46753.斜めから物事を見る癖のある人は、たい…
46754.「不幸や不運には必ず意味がある」とで…
46755.親が少し道からそれると、子供はその親…
46756.実業家として成功したいなら、三つの要…
46757.安全運転は乗り物には必要不可欠だが、…
46758.音楽を聴いて感動する人がいる。絵を観…
46759.あたしの右の翼はあたしの苦しみです。…
46760.それは欠点じゃなくて、「萌え要素」っ…

46761.昼間、どんなに腹が立とうと、また、悔…
46762.ものに出会って驚くという体のしくみこ…
46763.考えるということは、自分の問いに明確…
46764.どんなボスも自分しだいでいいボスにな…
46765.情熱は、最初は他人のように見える。次…
46766.葉っぱを広げる、根っこを伸ばす、やが…
46767.知恵を得るのは、金を得るのにまさる。
46768.御父さんが死んだ後で、一度に御父さん…
46769.大人の顔とは、しかめっ面のことである。
46770.しあわせはまた、自分がしあわせだと感…

46771.いま、例えば政治を語る言葉、経済を語…
46772.「カスタマーは何を求めているのか」と…
46773.一流は常に不安と自信が背中合わせにあ…
46774.教育が腐ると、国家の脅威になります。…
46775.互いの幸せを邪魔する事なく、互いの権…
46776.自分で会社を変えてやろう。新しい組織…
46777.花というものは、華やかなものではない…
46778.愛ってのは爆発してる状態だと思うのね…
46779.社会の「体面を保つこと」は単なる虚栄…
46780.蛇に咬(か)まれた者がどんな苦しみを…

46781.自画自賛はあまりいい意味で使われてい…
46782.目立とうとするのは、栄光を勘違いした…
46783.一般的に言われる「死ぬ」ということに…
46784.リーダーシップとは信頼を得るというこ…
46785.“秀才”というのはダメなんですよ。秀…
46786.今容貌は如何(いか)に立派であろうと…
46787.人は言語によってしか自由になることが…
46788.何をなすべきか、いかになすべきか、を…
46789.夜の次には、朝が来る。
46790.新しいこと、新しいことと追い続けるだ…

46791.軽蔑は軽蔑を招き、暴力は暴力を駆り立…
46793.苦痛が人生である。
46794.梅も百合も、さては名もなき野の花も、…
46795.ライフワークとゆっくりつきあう──私…
46796.自分の心の中に安静を得られないのであ…
46797.クリスマスの精神、それは愛であり、人…
46798.信念があるかないかで、その人の値打ち…
46799.自分の運を信じな。みんな自分の運を信…
46800.誰でも、自分についての真実からは逃げ…