38801.生きとしいけるもの ときにいさかいな…
38802.自分の一番の応援者は自分自身だ。
38803.おほいなるものの ちからにひかれゆく…
38804.迷いは自分の努力の現れである。
38805.「正論」が、危険なパンチになることが…
38806.愚かな性格は、自分を苦しませる。
38807.僕等が良い友人を得るか得ないかは運で…
38808.ヒモがあなたに依存しているのではない…
38809.私たちが探検をやめることはないだろう…
38810.我々が行なうあらゆることは音楽である…

38811.罪の意識は、一種の精神の病気であって…
38812.生は限定された時間をどう生きるかとい…
38813.聴くことは、愛することである。
38814.最初は部下として“優秀”と言えなくて…
38816.子供は先生が自分をどうとらえているか…
38817.成長は必ず抵抗を伴うものです。成長に…
38818.(自分の存在意義は)なんと言うか、清…
38819.芸術家は孤独の狼であり、彼の道は孤独…
38820.輿論(よろん)を訂正するということは…

38821.どういう結果を得たいかを具体的に思い…
38822.いくら学問をしても、いくら経験を積ん…
38823.(文章を上達させるには)とにかく血へ…
38824.今ある世の中のきちんとしたシステムに…
38825.雇用が変われば、社会が変わります。
38826.企業の在り方の中で、官僚主義ほど発展…
38827.親切の種をまく者は、永遠の収穫に恵ま…
38828.聖書は光を投げかけ、金(かね)は暖か…
38829.オーナーには直言してくれる人がいない…
38830.笑い。これは、つよい。文化の果(はて…

38831.財産、知性、知名度…。不完全な女ほど…
38832.子どもの本の翻訳が果たしてきた役割が…
38833.芸っていうのは、いきなりおかしいこと…
38834.人間は、人前で一ぺん泣いたら、クセに…
38835.自分だけが幸せに浸るのではなく、周り…
38836.自分だけをよしとしたら、かえって人か…
38837.芸術家は作品の芸術性にだけ責任を持て…
38838.心が折れた時が、本当の負けだ。
38839.金のない人は、歯のない狼のようなもの…
38840.「1日休むと、取り戻すのに3日かかる…

38841.この世で、くつろいで楽しむことほど、…
38842.「上司も社長も保守的でなかなか変わら…
38843.浅草(あさくさ)の夜(よ)のにぎはひ…
38844.おもしろの利欲や 義理の道を塞がぬほ…
38845.私はこれまで、できるだけ無理をしない…
38846.強くあれ。悪がどのくらい根深く、戦闘…
38847.お客さんのニーズを正確に予測をする。…
38848.「われわれ」「私たち」というような言…
38849.“連想”は直喩や隠喩よりもさらに複雑…
38850.いつの時代においても悪人は、自分の下…


38851.少数ながら星に似ている人があります。…
38852.人類五十五億の中で、一生に何人の人と…
38853.女は、肌だけで生きて居るのでございま…
38854.「お金がないから、できない」と感じて…
38855.別の人間に仕立てようというような不可…
38856.余りに多くの情報を手に入れすぎると、…
38857.数学の理論を完璧と見なせるのは、あな…
38858.妄想とそうではない正常な状態を区別す…
38859.戦争で稼ぐ奴は悪党さ。
38860.自分がやっていることを考えなさい。そ…

38861.私は、言い訳というものを好みません。…
38862.あなたが長期的に成し遂げられることは…
38863.一、互いに明朗闊達なるべし 一、盛ん…
38864.家事というものがあるおかげで、私たち…
38865.自然とは異なったしかたで 人間は、存…
38866.経営者にとって必要なのは、着手すると…
38867.「見えない戦力」づくりのポイントは、…
38868.懐疑主義は、知性の貞潔だ。
38869.そうだ、人生は素晴らしい。何より大切…
38870.人生とは、(私は確信を以て、それだけ…

38871.真のエキスパートは、不可能の壁を打ち…
38872.言われて、動くのは「作業」。自分から…
38873.人の意見をよく聞きたださないで同意す…
38874.どこかで不安定な何かを抱えていなかっ…
38875.人々が皆幸せで、金も十分にあった時代…
38876.(男にとって)独身であることのよい点…
38877.データ化できないものについての配慮を…
38878.限界はあるものではなく、自分で決める…
38879.人生を振り返るとき、ずっとやりたかっ…
38880.批判するのは楽だけど、賛成するのはも…

38881.信じるという能力は文明の進化につれ失…
38882.音楽家は音のハーモニーを奏でる。料理…
38883.お前の口からついて出る言葉が、お前を…
38884.いいアイデアもすぐノートしなかったた…
38885.変化に鈍感な組織は必ず衰退していく。…
38886.いつでも計算を超えた無目的な闘い、い…
38887.絵画は私の妻で、私が描(か)いた絵は…
38888.ビジネスで成功しているタイプほど、投…
38889.「む、死んでやる!」という考えが頭…
38890.トップとしての仕事ぶりは、トップをや…

38891.こんな自分のつぶやきでも読んでくれる…
38892.好きかどうかでモノを選ぶ。
38893.(仮装大賞のような場でユーモアで評価…
38894.父親が子どもにお説教するときは、大抵…
38895.チャリティは成功者の義務であり美徳で…
38896.中立の立場をとった場合、勝者にとって…
38897.信長や曹操が凄いのは、若い頃の負け戦…
38898.自分一人でほどほどの仕事はできても、…
38899.犬は自分を人間だと思っている。猫は自…
38900.背伸びしても届かないって言うんなら、…


38901.鎖につながれたら、鎖のまま歩く。十字…
38902.私より優れた弟子を育てることが私の役…
38903.そもそも、本を読むという行為は、難解…
38904.敵として憎みし友と やや長く手をば握…
38905.物事の認識に至る道は二つある。すなわ…
38906.人の隠された本質は弱肉強食の畜生であ…
38907.おゝ平和 もっとも遠い もっとも内の。
38908.家庭は重き駕篭(かご)を担(かつ)い…
38909.自惚れることも 卑下することもない …
38910.「念ずれば花開く」という言葉がありま…

38911.人間は一秒一秒死んでいます。墓場へ近…
38912.病気の人の心の中の悩みを無視して、た…
38913.暗い気分に閉ざされているようなとき、…
38914.どんな事にもリスクはつきものだ。だか…
38915.私は毎朝起きると、天に向かってニッコ…
38916.わたしの失恋は、いつでもとても派手な…
38917.沈潜。水の底深く沈んでいくと、無音の…
38918.悲哀のあるところにこそ、浄福がある。…
38919.あたらしくあゆもう きのうのうたはわ…
38920.讃美歌とか、神父のもっともらしい話と…

38921.「利益」とは追うものではありません。…
38922.貧乏人根性は、いやだ。いじいじして、…
38923.日本人は何かに金を使えば、必ず領収証…
38924.真実なる言葉は快くない。快い言葉は真…
38925.神は混乱をつくるものではなくて、平和…
38926.金よりも大事なものに評判というものが…
38927.猫を嫌う人には気をつけろ。
38928.馬鹿はとなりの火事より怖い。
38929.ただの従業員ではなく、ビジネスの大事…
38930.九十九年生きても、人の一生は一瞬なの…

38931.自由は、きわめて偉大な人物を生み出す。
38932.守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる…
38933.眠る前に一日に感謝を捧げろ。
38934.汝は汝の額に汗して、汝のパンを得ざる…
38935.〈のに〉が出たときはぐち こっちに〈…
38937.Less, but better (…
38938.臆病な人間は、自分が恐れていることを…
38939.願望を実現するための明確なプランを立…
38940.年寄りが経営者であり続けるなら、せめ…

38941.怒(おこ)る者よりも怒られる者のほう…
38942.困難を乗り越える最も良い方法は、困難…
38943.もしも、自分の年齢を知らなかったら、…
38944.リーダーには、歴史家よりも確実に有利…
38945.何事であれ、祈って求めればことごとく…
38946.チームワークがうまくいかないのは、成…
38947.好きな道に辛労なし。
38948.一般に広く浸透しているモラルや道徳に…
38949.歌うことは生きること。生きている自分…
38950.未来は、我々の現在の行動にかかってい…


38951.商売は時の運だ。投資したり、成功した…
38952.アメリカにも「同調圧力」はある。でも…
38953.自尊心、虚栄心、劣等感、この三つは人…
38954.ほんとうに意味あるものは、ありふれ…
38955.強い情熱とは、寝ても覚めてもそのこと…
38956.友人を得る最上の方法は、まず自分が友…
38957.世界は原則的にはそのトラブルの質によ…
38958.だいたい会社の形態ってネズミ講でしょ…
38959.外からの暗示や言葉には、それらが言う…
38960.どんな状況であっても、自分を持ち続け…

38961.本当にプライドを持つならば、自分にこ…
38962.「普通が一番」という考え方は、人…
38963.あなたが思い描くように、あなたはなっ…
38964.どこでもいい、なにもない空間──それ…
38965.(彼等は)なにひとつ真実を言わぬ。け…
38966.美しさのまえで人は自分を偽(いつわ)…
38967.なんでもない なんでもない なんでも…
38968.いまの世の人、やさしき一語に飢えて居…
38969.叱られる、怒られる、咎(とが)められ…
38970.あらゆる物事の中で一番悲しいことは、…

38971.あとにもさきにも かけがえのない た…
38972.雄弁が役に立たない時は、純で無邪気な…
38973.人との出会いを心から感謝して味わう人…
38974.なぜ登るのか? その問いに答えてはな…
38975.最も効率よく成功の成果をあげるには、…
38976.子供の成長を助けるには、所有感を持た…
38977.政治的自由も、我々の心が自由でない場…
38978.よほどのことがないかぎり、社員の給料…
38979.自分が成功できなかった原因を考えるの…
38980.自分の目で見たものを、自分の言葉で伝…

38981.私は断言する。真の芸術家は醜いものだ。
38982.迫害を受けなかった天才はいない。天才…
38983.一般に、「守るものができると人は強く…
38984.(組織に)ベテランの存在が重要なのは…
38985.としをとると自分の生まれて育った土地…
38986.人生は尻尾(しっぽ)のようなものであ…
38987.人生の結果はその人の本来の意図を表す。
38988.ヒデーことヤラれちまってもうだめだ、…
38989.守るべきルールなら守らなければいけな…
38990.どんなに面倒くさくてもただひたすら毎…

38991.全国的な傾向として、形(=絵となるシ…
38992.自ら師を得るをなす者は王たり、友を得…
38993.芸術に於(おい)ては、親分も子分も、…
38994.収集家は目隠しをつけて歩き、手に入れ…
38995.小さなことでもほめ合う夫婦には、何物…
38996.平和への希望が見えるやただちに平和を…
38997.「愛されたい」ために相手の男性の好み…
38998.お金を人間だと思ってください。もしお…
38999.起業家は変化を当たり前のものとして見…
39000.知識労働者には二つのものが不可欠であ…


39001.全く、「慕わしい」男の存在というのは…
39002.この世で自愛に満ちて働くということは…
39003.やまひある獣(けもの)のごとき わが…
39004.先入観や思い込みを持っていると、「違…
39005.お洒落とは「これでいいのよっ!!」と…
39006.結局、「仕事は仕事」じゃ済まない。仕…
39007.数学におけるもっとも偉大な発見は、“…
39008.ぼくの孤独はほとんど極限(リミット)…
39009.経営者に欠くことのできない条件は、体…
39010.時間を作って好きなことをすると──自…

39011.愛されることは燃え上がることであり、…
39012.知者は未(いま)だ萌(きざ)さざるに…
39013.学ばない人は、学ぶ人に使われる。仕事…
39014.万事、見にゃわからん。
39015.大将というものはな、家臣から敬われて…
39016.なぜ物をつくる専門家が、シロウトの大…
39017.人を傷つける言葉は、いつまでも相手の…
39018.「やればできる人」も、やらない限り…
39019.悔いにみちたこの人生こそ私の人生で、…
39020.魂は体を持っているから、いろいろなこ…

39021.バブル時に、物ごとをよく見せるのは簡…
39022.詩は書いた詩人が自分に役立てるために…
39023.人生の描く線は、道のように、また山々…
39024.つらいときこそ、あなたはいい「運」を…
39025.私たちは、すべての科学者が誤りだと考…
39026.花は ただ咲くんです それをとやかく…
39027.人の長所でなく、短所ばかり気にする人…
39028.試験勉強だけに血道をあげ、肝心の知識…
39029.どじょうがさ 金魚のまねすることねん…
39030.独り生れ独り死し、独り去り独り来る …

39031.(夫婦間の問題で)本当にその状況を改…
39032.自分の能力の限界を知らない人は、一回…
39033.人生では、何か絶対にヤラかす。生きて…
39034.すべてはすべてと関連している。
39035.「これが無くては生きていかれない」と…
39036.サービス業って、愛に値打ちを与える仕…
39037.親類の者に親しみを持たない人は、他人…
39038.リスクをとらないことが最大のリスクだ…
39039.家事が何年も出来てきたという一事だっ…
39040.よく笑ふ若き男の 死にたらば すこし…

39041.君は、君の好ききらいに、もっとわがま…
39042.一生を五十年として、その半分を寝るこ…
39043.頑張った人が報われる時代になったわけ…
39044.翼を広げ、頂上を目指したまえ。コンド…
39045.お金とは、それがどのような形をとるに…
39046.幸せに生きるうえでいちばんの障害は、…
39047.成功と失敗の一番の違いは、途中であき…
39048.必ずしも栄誉を請い求めることはしなく…
39049.仰いで天に愧(は)じず、俯(ふ)して…
39050.孤独を明確に言語化した(文学)作品に…


39051.女性というものは、休んでからの事と、…
39052.病人は、人に何か頼むのを、いつでもた…
39053.神の愛する者は夭逝(ようせい)する。
39054.自分の感情の天候パターンを知ることは…
39055.実は(授業)2〜3時間分を1時間でや…
39056.勇者は、立場が変わっても心は変わらな…
39057.ひどく悩んだり、我慢ならぬと思ったと…
39058.老人こそ知恵の宝庫である。
39059.パラダイム転換の時代に求められている…
39060.自分を卑下するな、とよく言う。しかし…

39061.犬をひとたび掻けば、永遠に終わらない…
39062.過去から連綿と続いてきた、バトンタッ…
39063.日々へらへら笑って生きてくってのは強…
39064.人間、曲がったとなると、やっぱ意気地…
39065.特に経営されていなくても多額の利益が…
39066.「休みをとりたいなぁ」と思ったらその…
39067.生産性増大の鍵は士気の高揚である。つ…
39068.(会話では)一息に全部しゃべるのでな…
39069.理想はよしんばその理想するところに到…
39070.元を糺(ただ)せば、私たちが所有して…

39071.子供の衣服や道具など、養育のための費…
39072.ニセモノをみていて気づくのは、ニセモ…
39073.今は「卑怯」という言葉は死語です。「…
39074.尖(とが)った石じゃないと丸くなれな…
39075.成長が鈍ると分裂が始まる。
39076.誰だって、過去の忌まわしい出来事から…
39077.妻と愛人と両方がほしい(中略)、優柔…
39078.人の非は知りやすけれど 我が非をば …
39079.勝負は常に一局ごとにゼロから始まる。…
39080.辛い思いは、すべてプラスになる。苦し…

39081.死を覚悟し生きていれば、何かを失う気…
39082.我々が安泰と願望するべき日々において…
39083.成功は、みんなが見ているほうの反対側…
39084.孤独で淋しかろうとも、人間は真に意義…
39085.第二、他人に対する自己の正義・優越・…
39086.優しさは仲間をつくる。
39087.女というものは、こと身内に関するかぎ…
39088.大きなブレイクスルーも、たいていは、…
39089.マンションを買うコツは絶対妥協しない…
39090.神は愚人を作り、女はハイカラ男を作る。

39091.わたしがしてきたことは大海の一滴に過…
39092.笑顔がないと言われたのか。変に気にし…
39093.ユダヤ人の運命を開拓して行った唯一の…
39094.我々が最も恐れているもの、それは自分…
39095.人生の最大の闘いは、日々自らの魂の静…
39096.言葉がどれほど愛情を薄めているだろう…
39097.若い世代は、四十代以上の給料泥棒を養…
39098.堕落するより、成長することを選びなさ…
39099.怒りや涙や悲しみは、あきらめた者だけ…
39100.ジンクスを気にしたり、易に依頼したり…


39101.もしあんさんが毎日心配せずに生きたか…
39102.無神経な人間、鈍感な人間ならば、他人…
39103.世間を審判官とするほど、私は自分自身…
39104.いそがしき生活(くらし)のなかの 時…
39105.すべてのことには訳(わけ)があるんで…
39106.如来は我なり されど我は如来に非ず …
39107.リンゴが木から落ちた、と言う人間は大…
39108.どんなことであれ、鮮明に想像し、心か…
39109.無我、無私のあり方から出て来るのが互…
39110.陽気な男やもめになってね。

39111.グダグダ言う前に圧倒的努力をしたらど…
39112.部隊長は、兵卒には手の届かない喜びを…
39113.人と走る時ははじめより一番手となって…
39114.およそ起業家というものは、「なんとか…
39115.(※女は)〈可愛い男〉とはすぐに切れ…
39116.どうしてもこうでなければならない、こ…
39117.小を大とし少を多とす。
39118.美しさなどというものはあくまで見る側…
39119.家から世界は変えられる。
39120.表現じゃない。ことばは認識なんだ。

39121.ネットにつながるとは、単に端末や情報…
39122.何かを説明するとき、(専門知識や専門…
39123.もし良い性格を待っている場合でも、そ…
39124.あなたがたは地の塩である。もし塩の効…
39125.お互いに忙しい切りつめた世の中に生き…
39126.この世に強い人なんておらん。強くあろ…
39127.この世は生き残った奴が勝ちだ。生きて…
39128.神は田舎をつくり、人間は都会をつくっ…
39129.戦場でおびえたことを、恥じることは決…
39130.ガッツの無い者に栄光は無い。

39131.真実でないことをいくらたくさん知って…
39132.どんな人にも通じる「究極の口ぐせ」は…
39133.勇気こそ、あらゆるものに新しい姿・形…
39134.何人かで議論をするとき、一人が一回に…
39135.愛とは存在を知ること、あるいは存在を…
39136.(苦難から)逃げてはいけない。文句を…
39137.「お前はまだ人生経験が足りない」と言…
39138.このわが身 思い知らされるほかに 聞…
39139.天職を見つけ出すには3秒あればいい。…
39140.経験を積んだ後のほうが勉強できる科目…

39141.本音で話すのを避け続ければ、自分とい…
39142.趣味が広ければ、どんな環境に置かれて…
39143.絶対的な二者択一は一つしかない。すな…
39144.自分の目標を前向きに考える習慣を身に…
39145.私は、人がこの世で受ける苦しさ、悲し…
39146.絵を描けば、いつだって好きな所に行け…
39147.一日(いちにち)見ず、三月(みつき)…
39148.変わる(自分の)外側に眼を向けている…
39149.オトナの男女たるものは、ヒルの話をヨ…
39150.あなたのエネルギーは今、現在に向いて…


39151.終わってしまう前に、終われ。
39152.私はこのごろ学生たちには、思い切り苦…
39153.勝負では、知っていることに自分の思考…
39154.狂人は、人の驚く顔をみてよろこぶ。人…
39155.幸福の一滴は知恵のひと樽(たる)ほど…
39156.いくら素晴らしい教えであっても、これ…
39157.(「安すぎる」と批判するのは)そんな…
39158.他人を非難したり、いじめたりする人は…
39159.お客様と作り手たちとは、自分たちでは…
39160.眼前の一局で自分の生涯が決まる。明日…

39161.少女の一番のお友達は、自分のつぶやき。
39162.人が馬鹿だと思うことでも、それを貫き…
39163.天地に通ずるものは徳なり。万物に行わ…
39164.本当の勝利ってのはな! 強い奴に勝つ…
39165.あくまでもみなさんはサラリーマンなの…
39166.なせばなると、ずっと思っていた。間違…
39167.豊かさは人の縁からやってくる。
39168.失敗しないようにと育てられた人間は、…
39169.祈祷を習慣にしている人の祈りは、真実…
39170.気持ちは映らないっていうけど、でもや…

39171.人生に倦(う)み、自分を粗末に扱いは…
39172.心のバランスが崩れてしまったときに、…
39173.別の男が現れてから、今の男と別れよう…
39174.周囲を巻き込む人は、結果としてコミュ…
39175.一日一日を、たっぷりと生きて行くより…
39176.「結果を出すための最良の策」は、「自…
39177.人間が想像できるものは、必ず実現でき…
39178.夢の中で、夢を見たわ。「夢だと思って…
39179.汝自身を知れとの昔からの知恵ある処方…
39180.一生懸命頑張っていると、いろんな人が…

39181.「重たい話をつぶやいてゴメンなさい」…
39182.親が子におカネを使いすぎる、というの…
39183.自宅が「自他苦」であってはダメなんだ…
39184.万年若衆(わかしゅ)は、役者の世界で…
39185.一緒に笑うことが恋のはじまりなら、弁…
39186.夜の寝床の中だけは、神の懐の中へはい…
39187.日本人というのは哲学やってもしようが…
39188.「蔵書」力が落ちている。そのために記…
39189.肩書きで勝負しない男と、色気で勝負し…
39190.人にとって最も必要なことは、ついに「…

39191.その時に起こりつつあることに対して、…
39192.天上天下唯我独尊ということを侠客(き…
39193.生命を打ちこんだ自分の仕事をもってい…
39194.許せない人間がいたら、まず謙虚に、そ…
39195.希望をたやすく語らない。それがその人…
39196.意識する心が考え抜いて、どうにもなら…
39197.観光は町づくりなんですよ。スパリゾー…
39198.君は苦しんで強くなることが どんなに…
39199.一番大切なのは、どこで働くかではなく…
39200.自分の好きなことをしていれば、行為自…