名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
人間の一生は誠にわずかの事なり。
好いた事をして暮らすべきなり。
夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり。


[ 出典 ]
山本常朝[やまもと・じょうちょう、つねとも]
(佐賀鍋島藩士、1659〜1719)
『葉隠』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
「人生は短い。
 人間は、好きなことをして暮らすべきだ」──現在、生きている人の大部分が、この大切なことを忘れています。


■もちろん、この厳しい世の中を生きていくためには、生活費を稼がなければなりません。
好きなことをやってもお金が得られるとは限らない。
それどころか、好きなことほど金にならなかったりする。
だから、好きなことは二の次で、やりたくない仕事をやらなければならない。
そんな現実があります。


■しかし、自分のやりたいこともせず、ただ生活するために働き続けるだけの一生に、いったい何の価値があるでしょう?
それでは「家畜」と大した違いはありません。
みなさんは、自分は何のために生きているのか、胸を張って答えられますか?

■そもそも家畜として飼われている牛や馬や豚には、「生きる目的」がありません。
労働力や乳やその体を「人間」という支配者に提供します。
結局、利用されるだけの一生です。
当然、家畜には自己実現などありません。


■そう考えると現代の人間だって、かなり家畜的です。
生活するために「会社」に飼われて、毎日多くの労働力を提供して、わずかの賃金をもらう。
潤うのは会社の上層部だけで、ほとんどの労働者は「死なない程度」に生かされているのです。
しかも働けなくなったら、リストラという形で処分される。
たとえそれに抗議しても、上層部の連中には、牛が「モーモー」言っているぐらいにしか聞こえません。
「社畜」とは、まさにこのことなのです。


■では、どうしたら「社畜人生」から脱出できるでしょう?
社畜とは、会社に生活と人生を依存し、自分の貴重な時間とエネルギーを犠牲にし、会社にいいように利用されるだけの、家畜的な人間のことです。
彼らの共通点は、「生活すること(生存)」以外に、人生の目的を何ら持たないことにあります。
ならば、その逆をすればいいだけのこと。


■今日から、「好きなことをすること」を人生の第一目的に置きましょう。
「私は、自分の好きなことをするために生きる」「私は、自分の好きなことをするために働く」そう自覚し、常に意識するのです。
「好きなことをすること」を目指して生きている家畜など見たことがありません。
仮にそれらしい家畜がいたとしても、それは本能による行動であって、自覚はありません。
人と動物の最も大きな違いは、「生存」以外に生きる目的を持っているかどうかなのです。


■ただ生活のために働いていた時に比べて、好きなことをするために働くという姿勢を持つと、仕事への取り組み方も違ってきます。
仕事をできるだけ短時間に終えるよう、効率的な進め方に変わります。
無趣味の人がダラダラ仕事をするのに比べて、やりたいことがある人はテキパキと仕事を片付けて、職場をさっそうと出て行きます。
普段の生活のスタイルや時間の使い方、人付き合いの仕方や相手も変わってきます。
「好きなことをする」という明確な人生の目的を持つことで、すべての行動や判断が主体的に変わります。


■メリットはそれだけではありません。
効率的な仕事の進め方や主体的な姿勢は、仕事の具体的成果として現れます。
「できる人」とみなされ、職場での評価が高まります。
給与や地位も上がるかもしれません。
同時にそれは、職場での自由度・発言力が上がることになり、仕事へのモチベーションも上がるでしょう。


■また、効率的な仕事の進め方や主体的な姿勢は、どんな会社でも通用する重要な「スキル」です。
そんなスキルを身に付けることによって、自信が芽生え、会社依存の気持ちから脱却できます。
「自分は会社に飼われているのではなく、自分が働いてあげているのだ」そう思えたとき、人は本当の意味で「自由」になるのではないでしょうか。


■「好きなことをする」ということは、実は、自己実現の近道だともいえます。
自己実現というと、何か堅苦しく感じられるものですが、本来は単純なものです。
自己実現とは、自分の本質を一番生かした姿になること。
それは、他人があなたはこうあるべきだと決めつける姿ではなく、自分がなりたいと願う姿です。
まさしくそれは、「自分が好きなことをしている姿」なのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 花火というのは、生命のはかなさを大空に打ち上げているのです。静かに祈るものです。


2. できることから始めなさい。第一歩から始めなさい。


3. 自分に必要のないものを、どれだけ捨てられるか。今は、それが問われる時代でもあるんです。


4. 他人の動きを観察し、新しい動きを看破すれば、直ちに過去の解釈や自分が作った原則を変える。


5. 俺は時間に縛られない



6. 健康だと思い込んでる病人は治せない。


7. 人間は複雑な生き物だ。砂漠には花を咲かせるのに、湖は涸らしてしまう。


8. 旅行も人生と同じように、80%の満足でよい。


9. 日本には、〈ガリ勉〉という言葉がある。これは人を引きずり下ろそうとするよくない表現だと私は思う。単独者として一生懸命勉強する人を蔑(さげす)み、誰……


10. 人との交際における節制は魂の平静を保証する。



11. 女の貞節は、多くの場合、自分の名声と平穏への愛着である。


12. 時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。


13. 父は死んだが、今も私たちの心の中に生きている。あの頃わが谷はいかに緑であったか。


14. 汚名は刑罰になく、犯罪そのものにある。


15. 背筋をのばして 肩ひじ張らず すんなりさらさら ゆきましょう 水のように  それがなかなかできない わたし



16. 理想とは、自分が想像できる最良の状態であり、そうありたいと思う最上の目標である。理想は現実的ではない、と思うかもしれない。しかし、この理想を追い続……


17. 愛に住すれば人生に意義あり。愛を離るれば人生は無意義なり。


18. 悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ。


19. 恩を受けた人は、その恩を心に留めておかなければならない。しかし、恩を与えた人はそれを覚えているべきではない。


20. 聖書を読んだからといって、べつだん、その研究発表をせずともよい。きょうのことは今日、あすのことは明日。そのとおり行うべきである。