名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
世に生を得るは、事を為(な)すにあり。


[ 出典 ]
坂本龍馬
[坂本竜馬、さかもと・りょうま]
(江戸時代末期の志士、1836〜1867)

[ 意味 ]
人間がこの世に生まれて来るのは、何かを成し遂げるためである。
その何かを定め、それを目指して一心に努力することこそ、生きるということである。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
人生の目的は、出世したり、事業や学業で成功して、財産や地位・名声を手に入れることとは限りません。
事を成すこと、つまり、夢や目標を実現することです。
人生で何かを成し遂げること、人生に意味を持たせることが大切なのです。
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]

1. 学んで思わざれば則ち罔し、思うて学ばざれば則ち殆し。


2. エネルギッシュで成功する人間は、欲望という幻想を現実に変えることに成功する人間である。


3. 読書、なかんずく小説を読む喜びは、もうひとつの人生を経験することができる、という点にある。


4. 「自分の嫌いな所はたくさんあるけど、好きな所も結構ある」という位がちょうどいいし、(そういう人は)好感が持てる!


5. 毎日が最良の日、これが私の生き様だ。今この時は二度とかえらない。



6. 暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて 平らな道をのんびりと歩いてゆく── そんな調子のいい時ばかりはないんだな


7. 現代社会では、物事を科学的に解釈することばかりに重きを置き、「よき人間、よき世の中をつくっていくためには、どういう考え方をし、いかなる哲学を樹立し……


8. 私は私自身の王だ。内なる苦悩や戦いの群れをすべて統治している。


9. 「なんで俺はダメな人間なんだ」。そんなふうに思いはじめたらキリがない。それよりもはじめから、「イチローだって7割近くは失敗する。3割成功すれば一流……


10. ほとんどの人は、心の痛みには耐えられないと勝手に思い込んで、死ぬまで感情から逃げ回っています。でも、心の痛みにはもう耐えているのです。まだなのは、……



11. 同じ比喩もそれを出発点とすれば誤りとなるし、それを到着点とすれば本当ともなる。


12. 知恵が深まれば、悩みも深まる。


13. この世には三種の人がある。岩に刻んだ文字のような人と、砂に書いた文字のような人と、水に書いた文字のような人である。


14. お客は物語を疑似体験するために、消費をする。


15. たとえ絶望的であったとしても、決してギブアップしない勇気をわれに与えたまえ。



16. 目には目を、歯には歯を。手には手を、火傷には火傷を、打ち傷には打ち傷を。


17. 恐れを少なく、希望を多く。酒は少なく、呼吸は多く。おしゃべりは少なく、もっと話す。憎しみは少なく、愛を多く。そうすれば、よいことはあなたのもの。


18. どんなにこっぴどくやられても、人間はやる気さえ奮い起こせば、何度だって立ち上がれるものだ。


19. 取り越し苦労というもの位下らぬものはない。それは心のエネルギーを消耗するだけで、何の得るところもない。


20. いくつもの逆風を乗り越えてこそ大志は成就する。その覚悟がなければ一攫千金を夢見ていることと変わらない。