名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
そうあってほしい100パーセントの世界から、少し引いた60パーセントや80パーセントで生きていこう。
「足りない」という焦燥感や不満がなくなり、ゆとりや柔軟性が生まれてくる。


[ 出典 ]
斎藤茂太[さいとう・しげた]
(精神科医・著述家、歌人斎藤茂吉の長男、1916〜2006)
『いい言葉は、いい人生をつくる』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
最初から、あまりに高い望みをもちすぎるから、不満が大きくなるのだ。
__ Link __

その不満を相手にぶつけて、いらぬ喧嘩を引き起こすこともある。
ときには精神が病んでしまうほど身の丈以上を自分に望み、自分を責めさいなむ例もある。


そうあってほしい100パーセントの世界から、少し引いた60パーセントや80パーセントで生きていこう。
「足りない」という焦燥感や不満がなくなり、ゆとりや柔軟性が生まれてくる。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 貝殻と小石と壜の破片と そのように硬くそして脆く 私の心も波打ち際にころがっている
(谷川俊太郎)


2. 激しく愛するには、数少なく愛さねばならぬという理由がどこにあろうか。
(カミュ)


3. 政治家は国家のために自分を捧げ、政治屋は自分のために国家を利用する。
(ジョルジュ・ポンピドゥー)


4. (今の時代はね、)「本当の自分」を知り、本当の自分に根差した「本当の目標」を見つけて、時代がいかに変化しようとも、常に変わらない「自分らしさ」を持ち続けるという、強固なアイデンティティーを確立しな……
(リチャード・H・モリタ)



5. 好ましい行動に対して、自分にご褒美をあげるというプロセスは、「肯定的強化」と呼ばれます。そしてその効果は、絶大です。
(ロバート・G・アレン)


6. 俳句人口が三百万人。この人たちが花鳥風月、つまり自然環境を守ると大変な力になるんですけどね。
(永六輔)


7. もっと自分自身に向き合うような時間、もしくは自分の技量を深めていく時間を持とう。それこそ脳を真っ赤に燃え上がらせる知的活動のひとときは、誰もが持つべき孤独なのだ。
(齋藤孝)



8. 不幸な日もある。神のみぞ知るだ。でもそれが人生。またやり直せばいい。
(ドラマ『LOST』)


9. どんなに難しいプレーも当然にやってのける。これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません。
(イチロー)


10. 我々が敵と和解するのは、味方の条件をより有利にしようと願うからであり、戦争に疲れ果てているからであり、また、何か凶事が起こりはしないかと杞憂するからにすぎない。
(ラ・ロシュフコー)