名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
小説の中に、「私」と称する人物を登場させる時には、よほど慎重な心構えを必要とする。
フィクションを、どこの国の人でも、昔から、それを作者の醜聞として信じ込み、上品ぶって非難、憫笑(びんしょう)する悪癖がある。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『春の盗賊』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
いったい、小説の中に、「私」と称する人物を登場させる時には、よほど慎重な心構えを必要とする。
フィクションを、この国には、いっそうその傾向が強いのではないかと思われるのであるが、どこの国の人でも、昔から、それを作者の醜聞として信じ込み、上品ぶって非難、憫笑(びんしょう)する悪癖がある。

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 私は決して人を非難しない。人を働かせるには奨励が必要だと信じている。だから、人をほめることは大好きだが、けなすことは大嫌いだ。気に入ったことがあれ……


2. 感謝はあなたが成長し、広がるのを助けます。感謝はあなたの人生に、喜びと笑いをもたらすだけでなく、あなたの周りにいるすべての人々の人生にも、喜びと笑……


3. 周囲では、今何が起こり、自分には何が求められているのか。常に世の中の推移に気を配り、自分の世界を広げる努力を惜しんではならない。


4. 私は、常に兵の先頭に立って進むことにしている。白い服であれば、部下にはいつでも私の姿が見えるから、その後を追って突進できるだろう。


5. 所有が多ければ多いほど人は心の自由を失うのである。



6. テニスのパートナーを選ぶように、仕事のパートナーを選ぶこと。自分が弱いところをカバーできる人間を選ぶ。


7. 人は自分と違うものを認められない。拒絶し、畏怖する。それが戦争の始まりだ。


8. 浮世の名声は、今こなたに吹き、今かなたに吹き、そのところを変えるによりて名を変えうる風の一息にほかならず。


9. 本当に偉い人物になると、偉そうな様子は全然見せないのである、つまらぬ人間に限って人を見下すものである


10. 幸福になるには二つの方法がある。欲を減らすか、持ち物を増やすかだ。



11. 長く待ってやっと救いは来る。


12. 労働者と資本家は、自分らの関係を改善しようと思ったら、愛の律法を実行しなければならない。換言すれば、人にされたいと思うごとく、人にも振る舞わねばな……


13. 僕は、職業っていうのは、人を狂わすって感じがしてならないんだよね。社会はよく「自分の職業に誇りを持て」とか言うでしょ。その感覚が何とも人を狂わせる……


14. 大徳は小怨を滅ぼす


15. 心のなかの勝負は51対49のことが多い。



16. 素人は「和をもって尊し」とするが、戦いのプロは「勝利をもって和を造る。


17. マーケティングは、生産物のうまい処理方法を見つけるための技術ではない。本物の顧客価値を生み出すための技術なのだ。


18. 猫は我々を犬とみなし、自分自身を人間とみなしている。


19. 我を非として当う者は吾が師なり。


20. 私の夢は、死ぬ間際まで輝いた目をして生きていくこと。