名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
とかく現代の人間は、望むと望まざるとにかかわらず、型にはまった常識的なところにとどまり、ひとりひとりの個性が乏しく、だれもが同じようなことを考え、同じような権利主張に立ち、同じように豊かな家庭を夢み、同じように手ぎれいな職業を待望している。


[ 出典 ]
作者不詳

[ 関連名言ツイッター]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
とかく現代の人間は、望むと望まざるとにかかわらず、型にはまった常識的なところにとどまり、ひとりひとりの個性が乏しく、だれもが同じようなことを考え、同じような権利主張に立ち、同じように豊かな家庭を夢み、同じように手ぎれいな職業を待望している。


まことに平和なことではあるが、若い世代にしては、スケールの小さくなっているのが問題である。
知識欲の旺盛な行動力をもったタイプを期待できなくなっている。
これは時代のおのずからなる風潮がもたらしたものであると思うが、いったいどういうことになるのであろうか。


[ ランダム名言 ]

1. 欲は全ての進化と向上の源泉である。欲を押さえつける必要など少しもない。


2. 運動して体力がつくように、熟考すると精神力が高まる。


3. 我々は、あまりにも他人の前で自分を偽装するのに慣れているので、しまいには自分の前でまで自分を偽装するようになる。


4. 「心の井戸」を枯らしてはならない。そんな誇りと意地があれば、ひび割れた底も水で満たされ、潤い、どんどん人にパワーを与えようという気持ちになります。


5. 目の美しいことが、一ばんいいと思われる。目が、その目を見ていると、もっと自分が美しく生きなければと思わせるような目であれば、いいと思っている。



6. 着想が豊かだからといって、その人間が知的だとは必ずしもいえない。配下に多くの兵士がいるからといって統率する将軍が立派だとは限らないのと同じだ。


7. 自分のことはすべて自分で決めなくてはならない。


8. 自ら知る者は人を怨まず。


9. けがを怖れる人は大工にはなれない。失敗をこわがる人は科学者にはなれない。科学もやはり頭の悪い命知らずの死骸の山の上に築かれた殿堂であり、血の川のほ……


10. 人はおのれより愛しいものを見出すことはできない。それとおなじく、他の人々にも、自己はこのうえもなく愛しい。されば、おのれのこよなく愛しいことを知る……



11. すべての警句は蜜蜂のごときにあるべきなり。それには針と蜜と小さき身体が必要なり。


12. 少なくとも二度繰り返して読まない書物は、優れてもいなければ名著でもない。


13. 涙より早く乾くものはない。


14. 後悔は、自分が自分に下した判決である。


15. 今日の一日は明日の二日に相当する。



16. 優れた経営者とは、顧客に利益をもたらすことができる人のことである。


17. クエーカー教徒の精神の真髄は、人の行為すべてに宗教的な意味があるという確信である。それは生活から自分を切り離すことではなく、生活に深くすっぽりと入……


18. 見上げると、枝々の先に空がある。枝々のあいだに空がある。枝々が空を引き寄せるのが、樹なのだ。


19. 愛の中には、つねにいくぶんかの狂気がある。しかし狂気の中にはつねにまた、いくぶんかの理性がある。


20. 孤独の裏には自由があり、自由の裏には孤独がある。──孤独くらいいい道連れはない。