名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
私たちは善そのものの肯定よりも、悪そのものの肯定によって、しみじみとみずからの内面を、反省させられずにはおられない。


[ 出典 ]
九条武子[くじょう・たけこ]
(教育者、京都女子学園・京都女子大学設立者、歌人、社会運動活動家、仏教婦人会創設者、1887〜1928)
自著『無憂華』
「悪の内観」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
善をよろこび悪をにくむは人情である。
しかし悪を嫌って顧(かえり)みなかったなら、悪は永久に救われるときがないであろう。
__ Link __

善はすすめるべきことである。
しかし何人(なんびと)も、みずからの善を誇ってはならない。
__ Link __

むしろ他の悪によって、みずからの悪に泣くところがなかったならば、みずからの内面が、つねに悪の炎に燃えていることも気づかずにいよう。
__ Link __

みずからの悪をかえりみ得ないものは、ともすれば自我の小善を高ぶりがちである。
__ Link __

御同朋の上よりすれば、善人も悪人も、ひとしく求道の親しい友である。
私たちは善そのものの肯定よりも、悪そのものの肯定によって、しみじみとみずからの内面を、反省させられずにはおられない。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 一流になる秘訣は、一流になった人から教えてもらいましょう。自分の目標となる人を見つけ、その人の本を読んだり、電話をかけてみることです。また、直接そ……


2. 不足不満の心が出て来るのは、感謝の心がとぼしいから。


3. (人生の目的のように)大事なことほど実はくだらないと思えることだったりする。くだらないことに悩み、考える人の方が、本当に強い人になれる。


4. 心は天をも見下ろす高さ、天をも含む大きさであるべきだ。小さなことでくよくよする心は、小さい心である。それは心とは呼べない。


5. 上司「いいか、『働く』とは、ハタ(周りの人)を楽にすることなんだぞ!」 部下「じゃあ部長は、気まぐれで命令したり、部下に無理難題ばかり押しつけるか……



6. 人と出会ったおかげで、自分とも出会えた。


7. それにしても亭主という種族は、なぜああも妻の買い物に同行するのを嫌うのか!


8. 色欲は火のごとく熾(さか)んなるも、而(しか)も一念、病時に及べば、便(すなわ)ち興(きょう)は寒灰に似たり。


9. 読むことは歩くことである。


10. 人間が言葉をつくるのではありません。言葉のなかに生まれて、言葉のなかに育ってゆくのが、人間です。



11. 他人の過ちが気に障る時は、即座に自らを反省し、自分も同じような過ちを犯していないか考えてみるといい。


12. 社会とは人間環境の「生態」である。


13. 民衆は無知であるが、真実を見抜く力はある。


14. 恋愛においても芸術においても、繊細さは弱い者の美徳である。


15. 悪いところを直すんじゃなく、いいところを伸ばしながら、悪いところをちょっとずつ修正していく。例えば、悪いところを直すとなると、オーバーに言ったら、……



16. 制服というものは、人間に安堵と尊敬とを同時に与える。そして全ての服装は、多かれ少なかれ制服である。


17. 疑いや失望は、たんぽぽのように、ほとんど何もしなくても、芽が出て広がっていきます。


18. 衰えた美貌ほど年齢を感じさせるものはない。


19. あなたはしなければならなかったことをしてきたということをわかって下さい。すべてが必要だったのです。そしてあなたはその都度、正しい選択をしてきたので……


20. 夢を叶えてしまった人よりも、叶えようとしている人の方が絶対にいい顔をしている。