名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
私に欠けているものは、私は何をなすべきかということについて、私自身に決心がつかないでいることなのだ。
つまり、私自身の使命が何であるかを理解することこそが問題なのだ。


[ 出典 ]
キルケゴール
[セーレン・キルケゴール]
(19世紀デンマークの哲学者、宗教思想家、1813〜1855)
1835年の手記より

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私に欠けているものは、私は何をなすべきかということについて、私自身に決心がつかないでいることなのだ。
つまり、私自身の使命が何であるかを理解することこそが問題なのだ。
__ Link __

私にとって真理であるような真理を発見し、私がそのために生きそして死ぬことを願うようなイデーを見い出すことが必要なのだ。
__ Link __

真理とはイデーのために生きることでなくて何であろう。
__ Link __

人は他の何ものを知るよりも先に、自己自身を知ることを学ばなければならない。
__ Link __

さあ賽は投げられた。
私はルビコン河を渡るのだ!
__ Link __


[ ランダム名言 ]