名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
私に欠けているものは、私は何をなすべきかということについて、私自身に決心がつかないでいることなのだ。
つまり、私自身の使命が何であるかを理解することこそが問題なのだ。


[ 出典 ]
キルケゴール
[セーレン・キルケゴール]
(19世紀デンマークの哲学者、宗教思想家、1813〜1855)
1835年の手記より

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私に欠けているものは、私は何をなすべきかということについて、私自身に決心がつかないでいることなのだ。
つまり、私自身の使命が何であるかを理解することこそが問題なのだ。
__ Link __

私にとって真理であるような真理を発見し、私がそのために生きそして死ぬことを願うようなイデーを見い出すことが必要なのだ。
__ Link __

真理とはイデーのために生きることでなくて何であろう。
__ Link __

人は他の何ものを知るよりも先に、自己自身を知ることを学ばなければならない。
__ Link __

さあ賽は投げられた。
私はルビコン河を渡るのだ!
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 人間の偉さ(崇高さ)には、どんなに偉い人であっても限りがあるが、人間の愚かさは底なし沼である。


2. 正しい判断は経験から生まれ、経験は間違った判断から生まれる


3. 酒には飲みたくて飲む酒と、飲む必要があって飲む酒がある。


4. 不幸せな女は、不幸せな男よりも一層不幸である。


5. 「わたし、幸福になれるかしら?」 「それは自分できめなければならない」



6. 知り合い──相手が貧乏だとか無名であった場合には、顔見知りくらいだと言われ、金持ちだったり、有名だったりする場合には、親密な人間だ、と言われる友人……


7. 人は生きてきたようにしか死なない。


8. 子どもにとって親が何かしてくれるというのは、お金を稼ぐことじゃなくて、一緒にいてくれたとか、大事なときに“うん”と言ってくれたとか、そういうことな……


9. 世界中の全ての軍隊よりも強いものが一つだけある。それは、時にかなって生まれた発想である。


10. 成功不成功は人格の上に何の価値もない。人は多くそうして標準で価値をつけるが、私はそういう標準よりも理想や趣味で価値をつけるのが本当だと思う。



11. (厳しい修行で心を鍛えることはできないのに)なぜ、修行が必要なのか。それは、そうすることによって、人間の心はとても傷つきやすく、か弱いということを……


12. 恐ろしがっても恐ろしがらなくても死ぬときは死ぬと思ってりゃ、恐ろしかないでしょう。


13. 正義は人生の指針たりとや? さらば血に塗られたる戦場に 暗殺者の切尖(きっさき)に 何の正義か宿れるや?


14. 愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿者になれ。


15. 後輩のおかげで先輩になれる。威張ることはないんです。



16. 離婚は夫婦だけじゃなくて、二つの家族の離婚。


17. 柔道の基本は受身 受身とはころぶ練習 負ける練習 人の前で恥をさらす練習


18. 人間の三悪。高い自尊心(プライド)、強い虚栄心、深い劣等感。


19. 己と他の人々とを改善しようとして国を離れる者は哲学者である。しかし、好奇心という盲目的な衝動に駆られて国から国へ赴く者は放浪者にすぎない。


20. 悲しい時の言葉は、更につらい時に思い出しちゃうもんさ。色々とオマケが付くから性質が悪い。