名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
昼寝は魂をいたわるためのものです。
昼寝の間、目を閉じているけれども、想像力は天を駆け巡っています。
次の準備をしているのです。
深遠なことと卑俗なこと、可能なこととありえないことを分類し、より分けています。


[ 出典 ]
サラ・バン・ブラナック
(米国の著述家)
『シンプルな豊かさ 7月〜12月』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
昼寝と睡眠を混同してはなりません。
睡眠は体を回復させるためのものです。
昼寝は魂をいたわるためのものです。
__ Link __

昼寝の間、目を閉じているけれども、想像力は天を駆け巡っています。
次の準備をしているのです。
深遠なことと卑俗なこと、可能なこととありえないことを分類し、より分けています。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 才能っていうのは、自分自身で発掘するもんだ。


2. 経済発展は、社会的目的の達成を約束するかぎりにおいてのみ望ましい。


3. 良書を初めて読むときには、新しい友を得たようである。前に精読した書物を読み直すときには、旧友に会うのと似ている。


4. 経験浅い者には諭(さと)せ。人のなかには時々さほど重要でない事を持って来て話す人がある。そうした時には、自分はいつも威張って先方を侮(あなど)る態……


5. 冬があり夏があり 昼と夜があり 晴れた日と 雨の日があって ひとつの花が 咲くように 悲しみも 苦しみもあって 私が私になってゆく



6. 儀式は心をこめた慣例である。聖なるものとされた習慣である。


7. 嘘も百回つけば真実になる。


8. 若い者は「夢」の奴隷であり、老いた者は「後悔」に仕える。


9. 「今」この瞬間を大切に生きる。それが自分への挑戦であり、明日への道へと続いていく。


10. 他人を認め、他文化を認め、(他人の)命を認める心。それが教養だ。



11. あなたの悩みは、他人に簡単に切って捨てられるほど単純なものではないはずだ。そのことを知っているあなたが、人の話を無防備に聞いてしまってはいけない。


12. 「聴く」という字は、「耳+目」、そして「心」と書く。つまり、相手の話は、耳と目と心を使って「聴く」ことが大事だ。


13. 他人の成功はあなたの成功であり、他人の幸福はあなたの幸福です。そう思えるように訓練しなさい。それがあなたにとって最高のツキの訓練です。


14. ぼくは惜しみなく愛す! ぼくはわけへだてなく愛す! 何も考えもせずに愛す!


15. 愚者は自分の手の中に持っているものを手放したときに初めて、その素晴らしさに気がつく。



16. いかに見栄えのしない草でも春とともに花になるように、人は恋することによってそれ自身を花咲かせる。


17. 生くることにも心せき、感ずることも急がるる。


18. 作品に依(よ)らずに、その人物に依ってひとに尊敬せられ愛されようとさまざまに心をくだいて工夫している作家は古来たくさんあったようだが、例外なく狡猾……


19. 経営とは、「五つの蓄積」である。一、信用を蓄積すること。二、資本を蓄積すること。三、奉仕を蓄積すること。四、人材を蓄積すること。五、取引先を蓄積す……


20. 君は、いつでも何か、とくをしようとしていらいらしている、そんな神経はたまらない。みんな君の仕事に直接、役立つようにじたばた工夫しているのだから、か……