名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
ゴルフで、ピンまで1メートルもない位置でパターを構えたとき、ふっと「入らへんかもしらん」という思いが頭をよぎることがある。
そういうときのパットは絶対に入らないものだ。


[ 出典 ]
堀場雅夫[ほりば・まさお]
(堀場製作所創業者、1924〜)
『人の話なんか聞くな!』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
ゴルフで、ピンまで1メートルもない位置でパターを構えたとき、ふっと「入らへんかもしらん」という思いが頭をよぎることがある。
そういうときのパットは絶対に入らないものだ。
__ Link __

途中で「うまくいかへんのと違うか」と思った仕事もほとんどがうまくいかない。
だから、迷いや不安は極力ふっきって仕事を進めなければいけない。
もしどうしても不安から抜け切ることができなかったら、それはやらないほうがいい。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. エチケットなどというものは、俗の俗なるもので、その人の偉さとは何の関係もないのである。


2. 営業とは人間感情をとらえる事から始まる。同じ言葉でも、どの人が悦び、どの人が嫌うかと言う事を十分に知らなければならない。金や地位や物ではなく、あい……


3. 雄馬と雌馬が速歩(はやあし)で行く時、どうして子馬がゆっくり行くだろう。


4. アレモ人ノ子。生キテイル。


5. 過去の痛みを知るからこそ、どう先へ繋(つな)げていくのが最善かを考えることができる!



6. 私は人を愛する心が浅いのではない。自然を愛する心が深いのだ。


7. 幸福は、わがままよりも克己によってより多く手に入れられる。つまり自分自身に対してではなく、他人に寛大であることによって。


8. 根っこと幹さえあれば、植物が自生していけるのとおなじように、(作品に)その人の根っこ(と幹)さえあれば(芸術は)完成です。


9. グローバルだが、スタンダードだが知らねえが、この世から腹をすかせているガキがいなくなってからそういう事を言えよ。


10. さあ、元気を出して行動に打って出よう、どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。いよいよ励み、いよいよ求め、労苦し、時を待つことを学ぶのだ。



11. 人生に疲れたという人がいたら、それは人生のほうがその人間に疲れたのだと思えば間違いはない。


12. みずから正しいと信じる者は、王の万軍よりも強く、みずからの正しさを疑う者はいささかの力も持たない。


13. 過去に遡りトラウマと言い出せば自分の責任が曖昧になります。ある意味都合が良い。


14. 人間はときに、他人と別人であると同じほどに自分とも別人である。


15. 目的地がなければ、決してそこには到達できない。



16. 実行の伴わない知識は無意味である。


17. 人生というゲームは、いい持ち札に恵まれることよりも、悪い持ち札で上手に戦うことにこそ、意義がある。


18. ただ自らの特殊な個性を否定することによってのみ、人は真の生ける個性となり、他人の生活を自らの生活として認識することによってのみ、際限なき、終極なき……


19. 「良薬口に苦し」とよく言われるが、苦い薬が良薬とは限らない。


20. 親はなぜ学校に行け、というかと言うと、行かないと子供の将来にかかわると思うからです。しかしそういう親には、子供は学校でいじめられて死ぬほどつらい気……