名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
心に勇ある時は、悔やむことなし。


[ 出典 ]
上杉謙信[うえすぎ・けんしん]
(戦国時代の武将、1530〜1578)

[ 意味 ]
勇気をもって物事を行えば、悔やむことはない。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


勇気
物事を行う
悔やまない
上杉謙信の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
心に物なき時は心広く体泰(やすらか)なり。
__ Link __

心に我慢なき時は、愛敬失はず。


心に欲なき時は、義理を行ふ。


心に私なき時は疑ふことなし。
__ Link __

心に驕(おご)りなき時は、人を敬ふ。
__ Link __

心に誤りなき時は人を畏(おそ)れず。
__ Link __

心に邪見なき時は、人を育つる。


心に貪(むさぼ)りなき時は、人に諂(へつら)ふことなし。
__ Link __

心に怒りなき時は、言葉和(やわ)らかなり。
__ Link __

心に堪忍ある時は、事を調(ととの)ふ。
__ Link __
心に曇(くもり)なき時は、心静かなり。
__ Link __

心に勇ある時は、悔やむことなし。
__ Link __

心賤(いや)しからざる時は、願ひ好まず。


心に孝行ある時は、忠節厚し。
__ Link __

心に自慢なき時は、人の善を知り、
__ Link __

心に迷ひなき時は、人を咎(とが)めず。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 自慢、高慢、馬鹿の行き止まり。


2. 私達の運命を決定する神は、私たちの内部にいる。私達の自己こそがそれである


3. 革命は回避されるべきではない。


4. たくさん儲けるとか、たくさん売り上げを上げるというよりも、不況に強い会社を作りたい。もっと分かりやすく言えば、景気に左右されない会社を作ろうと。


5. 我々はみな他人だ。時には自分さえもな。



6. 私は最も正しい戦争よりも、最も不正な平和を選ぶ。


7. いま、ここに在るという感覚が、すべてだ。どこにも秘密なんてない。


8. しばしば、知性があがいて解けなかった謎を手が解決する。


9. すべての子供にとって父親というものは常に完全でなければならぬもので、ここに子供と父親の悲劇の根源はあるようである。


10. 障害者が集まると、障害の重い方が威張ったりします。



11. 怯えていた妄想が事実になればもう大丈夫。事実に怯える必要などない。その事実を認めて何日間か泣けば良いだけだ。


12. 快活さを失った場合、それを取り戻す最善の方法は、いかにも快活そうにふるまい、快活そうにしゃべることだ。


13. 幸運はある種の能力であり、能力であるからいくらでも改善できる。


14. 小さく生んで大きく育てる


15. 太鼓の音に足の合わぬ者を咎(とが)めるな。その人は、別の太鼓に聞き入っているのかもしれない。



16. 人間は誰でもいつかは死ぬ。だからみんな一生懸命生きるのよ。


17. 思いやりこそは最も重要な、そしておそらくは全人類の唯一の生活の規範なのだ。


18. 優秀な人材なんて、簡単に見抜いて採ったりできないよ。“優秀な人材を採れ”と言われても、採用担当はオロオロしてるだけさ。


19. お酒飲みというものは、隣家の仕合せに対して乾盃(かんぱい)を挙げるというような博愛心に似たものを持っているのかも知れない。


20. 名医には患者が集中します。集中すれば三分診察。つまりもう名医じゃありません。