名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
音楽は、おそらくいちばん正直な芸術なのだ。
信じていい。
バッハの無伴奏チェロ・ソナタを聴きたくないときは、ほんとうに身体がどこか悪いのだ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
いい音楽を聴いてたのしいときは、健康である。
__ Link __

音楽を聴きながら居眠りするときは、幸福である。
__ Link __

音楽をじぶんに強いているときは、疲労している。
__ Link __

音楽は、おそらくいちばん正直な芸術なのだ。
信じていい。
バッハの無伴奏チェロ・ソナタを聴きたくないときは、ほんとうに身体がどこか悪いのだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 溺るるも水なれば生きるも水なり。


2. 自分の体の中にある無限の「可能性の宇宙」の司令官は、自分自身なんです。


3. 笑顔は人生に効くクスリです。


4. 現在は彼らのものだが、未来は私のものだ。


5. 過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく。



6. 私たちが(平和を)呼びかけている相手は若者たちだ。若さとは未来である。


7. インテリというのは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山だ。


8. 行うしか途(みち)がなかった行為でも、自由意志の結果であるという印象を相手方や周囲に与えなければならない。


9. そこそこでいいと考えたら、最低のものが出来上がる。


10. 泣けるということは、笑えるということだ。



11. 過去のものといえども、真に価値あるものは、常に新しさを含んでいる。


12. もっとも遠いはずの記憶が、年齢を積むうちに、むしろもっとも近い風景として、いつかじぶんのすぐそばに立ちあらわれてくる。


13. 後ろ向きの考えというものは、山の斜面を転がり落ちる小石に似ている。ひとつの小石が別の石にぶつかる。その石は転がり出し、また別の石にぶつかる。引き続……


14. 女性の優雅は容貌の美よりさらに有力である。


15. 大切なのは、夢見ることを忘れないことだ。残念なことに、ほとんどの人間は、夢を見ることを忘れてしまっている。



16. オリジナリティは喧騒から離れた環境で発揮されます。


17. 自分のことばかりに夢中になるのは、着飾りすぎである。


18. 愚かな者は過去を、賢き者は今を、そして狂った者は未来を語る。


19. どんな仕事でもそれに徹すれば、その仕事を中心に無限といっていいほど広がっていくものだ。もう進歩発展の余地がない、もう終わりだということは決してない。


20. 時はどんどん過ぎ去っていく。過去が増えて未来が少なくなっていく。可能性が減って、悔恨が増えていく。