名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
蝸牛(かぎゅう)角上(かくじょう)の争い。


[ 出典 ]
荘子[そうし]
(中国戦国時代の思想家・道教の始祖、前369〜286)
『荘子』(そうじ)−則陽

[ 意味 ]
かたつむりの角の上で争うような、小さくてつまらないことにこだわった争いはやめようということ。
ささいなことで争わず、大局に立って物事を判断しようという教え。

[ 補足 ]
※かたつむりの左の角(つの)にある国と右の角にある国とが争ったという寓話から。
「蝸角(かかく)の争い」とも言う。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人を中傷すれば、自分の欠陥を暴露する。


2. 婉曲に断るのは、何かを承知したことになる。


3. オリンピックで重要なことは、勝つことではなく、参加することである。


4. 心配や憂いから新しいものが生み出されてくるのである。新しい道がひらけてくるのである。まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味……


5. 人間の脳の働きとしては、記憶が正確に保てるということと、新しい発想を生み出すということは、脳の記憶の動作の仕方として、別の回路でなのです。



6. トップには常に空きがある。


7. 何かに悩んでいる人は、解決策を知らないのではなく、最良の解決策を面倒でしたくないだけだ。


8. 金はこやしのようなもので、撒かなければ役に立たない。


9. 「見抜く価値のあるウソ」と「見抜いても仕方がないウソ」というのがある。


10. 良心の自由は、あらゆる人間のいかなる法律や制度に先行もし、優位にもある生得権利である。その権利は、法律が決して賦与(ふよ)するものでもなく、また法……



11. イエスはこの十字架で無力であることによって、愛のシンボルに、愛そのものになっていったのだ。


12. 若い人はもっと挑戦の精神を持つことが大切だ。


13. 魅力的であるより、永続的な収入がある方がよい。


14. 私たちの人生は、神の手にゆだねられているのではなく、料理する人間にゆだねられている。


15. いまは名詞がおおすぎる。そして動詞がすくなすぎる。



16. 野心はお高くとまった仮面の貪欲にほかならない。


17. 結局、態度というのがどれだけ人生の全体を支配するかわからないということを考えなきゃだめなんですぜ。


18. ずっと歩いていると、自分ひとりでいてもひとりではないような、言ってみれば見えない何かとつながっている感じを受ける。ひとりの時間を味わうために、実は……


19. 言葉は表現された考えであり、それは神である。


20. 進歩とは、価値の置換によって生ずる錯覚にほかならない。