名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
蝸牛(かぎゅう)角上(かくじょう)の争い。


[ 出典 ]
荘子[そうし]
(中国戦国時代の思想家・道教の始祖、前369〜286)
『荘子』(そうじ)−則陽

[ 意味 ]
かたつむりの角の上で争うような、小さくてつまらないことにこだわった争いはやめようということ。
ささいなことで争わず、大局に立って物事を判断しようという教え。

[ 補足 ]
※かたつむりの左の角(つの)にある国と右の角にある国とが争ったという寓話から。
「蝸角(かかく)の争い」とも言う。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]