名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
そもそも説明というのは、知らない人、わからない人にわかってもらうために行うものだ。
たった一ヶ所だけでもわからない部分を残したら意味がない。
子ども、大人、初心者、熟練者……相手にあったボキャブラリーで話すことが大事なのである。


[ 出典 ]
『「できる人」の話し方』
(梶原しげる監修)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. どれほど苦しいかではなく、どれほどの喜びを感じるかが肝心なのです。


2. 真実の自己になる。自己の真実を活かす。他の何者のためでもなく、ただわが心を活かすために力をつくす。


3. お互いに助け合わないと生きていけないところに、人間最大の弱みがあり、その弱みゆえにお互いに助け合うところに、人間最大の強みがあるのである。


4. 世の中がどんなに変化しても、人生は家族で始まり、家族で終わることに変わりはない。


5. 受けた恩は忘れるな。受けた恨みは忘れてしまえ。



6. ペットブームっていうでしょ。ペットを飼う、みんな、御主人様になりたいのよね。


7. 幸福──他人の哀れな境遇を静観するうちに込み上げてくる、気持ちのよい感覚。


8. 寂しいときに、寂しそうな面容(おももち)をするのは、それは偽善者のすることなのだ。寂しさを人にわかって貰おうとして、ことさらに顔色を変えて見せてい……


9. 古い友達と古いブドウ酒が一番よい。


10. ベートーヴェンに限るの、リストは二流だのと、所謂その道の「通人」たちが口角泡(あわ)をとばして議論している間に、民衆たちは、その議論を置き去りにし……



11. 自分しか見ていないときにはなにをすべきかわからない。欲望をどこまで生きても、ほんとうに満足することはないのです。


12. 諸行無常


13. ニッチなんか狙っては駄目。なぜかというと、儲からないからニッチ。儲かるニッチが見つかればいいが、それは宝くじに当たったようなニッチであって。そんな……


14. あらゆるものの中で女がいちばん手ごわい


15. 終わりがあるからこそ美しい。「今」は二度とない。



16. いつまでもただの弟子でいるのは、師に報いる道ではない。


17. 敬遠は一度覚えるとクセになりそうで。


18. 人間の情熱と、喜怒哀楽の面積は正比例する。


19. 人のいのちは日々に今日やかぎりとおもい、時時(ときどき)に只(ただ)今やおわりとおもうべし。


20. 箱根山、駕籠(かご)に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人。