名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
物語の才能というものは、出鱈目(でたらめ)の狡猾(こうかつ)な人間ほど豊富に持っている。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『ろまん燈籠』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
物語
才能
でたらめ
狡猾
豊富
太宰治の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
物語の才能というものは、出鱈目(でたらめ)の狡猾(こうかつ)な人間ほど豊富に持っているようだ。
長兄は、謂わば立派な人格者なのであって、胸には高潔の理想の火が燃えて、愛情も深く、そこに何の駈引(かけひき)も打算も無いのであるから、どうも物語を虚構する事に於いては不得手なのである。
遠慮無く申せば、物語は、下手くそである。
何を書いても、すぐ論文のようになってしまう。
いまも、やはり、どうも、演説口調のようである。
ただ、まじめ一方である。


[ ランダム名言 ]