名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
物語の才能というものは、出鱈目(でたらめ)の狡猾(こうかつ)な人間ほど豊富に持っている。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『ろまん燈籠』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
物語
才能
でたらめ
狡猾
豊富
太宰治の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
物語の才能というものは、出鱈目(でたらめ)の狡猾(こうかつ)な人間ほど豊富に持っているようだ。
長兄は、謂わば立派な人格者なのであって、胸には高潔の理想の火が燃えて、愛情も深く、そこに何の駈引(かけひき)も打算も無いのであるから、どうも物語を虚構する事に於いては不得手なのである。
遠慮無く申せば、物語は、下手くそである。
何を書いても、すぐ論文のようになってしまう。
いまも、やはり、どうも、演説口調のようである。
ただ、まじめ一方である。


[ ランダム名言 ]

1. 忙しい人はアップ・トゥー・デートの情報を持っている。役に立つ新鮮な情報は忙しい人にしか入ってこない。


2. 自由である、ということが男の魅力の前提条件だ。


3. 学ぶに暇なきと言う者は暇ありと言えども学ばず。


4. 汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。


5. ものごとを始める勇気と、喜んでそれをやり続ける気概が、成功の必要条件である。



6. 夢に可能性は関係ない。厳しい時ほど夢を再確認する。世界一になった人達に聞くと、最初から世界一になれるという保証はほとんどなかったそうです。ただ、努……


7. てめぇの人生なんだから、てめぇで走れ。


8. 気まぐれでも、何でもかまわない。ふと惹かれるものがあったら、計画性を考えないで、パッと、何でもいいから、そのときやりたいことに手を出してみるといい……


9. 失敗は誇り。それだけリスクを冒したということだから。


10. 名もない草も 実をつける いのちいっぱいに 自分の花を 咲かせて



11. ヘンリー・フォードの最もすばらしい才能の一つは、非常に早く正確な決心をする習慣を身につけており、それをめったに変えなかったということである。


12. 人間こそ人間にとって最も興味あるものであり、また、おそらく人間のみが人間に興味を感じさせぬものであろう。


13. 恋の達人は初め拒まれて喜ぶ。頃合を見てまた口説き、2、3度それを繰り返し相手の心を掴む。恋愛心理に疎い人は拒まれてすぐに諦める。もっと疎い人は熱意……


14. 今日のあわれは明日の我が身。


15. 女の一番の化粧は笑顔



16. 他人の目や評価を気にしている限り、新しい人生には踏み出せない。


17. 強い人になるには、たくさんの挫折が必要です。優しい人になるには、何度もの哀しさが必要です。


18. この世界には、人間の頭数と同様に、仕事は沢山あるはずである。


19. 生きている このなんでもないことに 躓(つまず)かねば 幸せなんて わからないんだ


20. 私は幸運の信者で、激しく働けば働くほど幸運は見つかると思っています。