名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
言葉にできない感情は、じっと抱いてゆく、
魂を温めるように。
その姿勢のままに、言葉をたもつ。
じぶんのうちに、じぶんの体温のように。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『一日の終わりの詩集』
詩「魂は」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
悲しみは、言葉をうつくしくしない。
悲しいときは、黙って、悲しむ。
__ Link __

言葉にならないものが、いつも胸にある。
嘆きが言葉に意味をもたらすことはない。
純粋さは言葉を信じがたいものにする。
激情はけっして言葉を正しくしない。
恨みつらみは言葉をだめにしてしまう。
__ Link __

ひとが誤るのは、いつでも言葉を
過信してだ。きれいな言葉は嘘をつく。
この世を醜くするのは、不実な言葉だ。
__ Link __

誰でも、なんでもいうことができる。だから、
何をいいえるか、ではない。
何をいいえないか、だ。
__ Link __

銘記する。──
言葉はただそれだけだと思う。
言葉にできない感情は、じっと抱いてゆく、
魂を温めるように。
その姿勢のままに、言葉をたもつ。
じぶんのうちに、じぶんの体温のように。
__ Link __

一人の魂はどんな言葉でつくられているか?


[ ランダム名言 ]

1. 臨終にあって人の惜しむのは、みずからの命ではない、生命そのものだ。


2. 若さ。それは、我先に消え急ぐ、にぎやかな石鹸(しゃぼん)の泡のようだ!


3. 信仰は、見えざるものへの愛、不可能なもの、ありそうにないものへの信頼である。


4. 従業員に、(自分の仕事・持ち場について)“自分のもの”という気持ちを持たせたり、能力を示すチャンスを与えることは、彼らのやる気を大いに刺激し、逆に……


5. わたしたちは前を向いて生きているんですが、幸福というのは、近い将来を見つめる視線にあるのではなく、どこか現在自分が生きていることを後ろから見ている……



6. 日本をあの悲惨な戦争に陥れた戦前の政治家も困ったものだが、今の政治家よりはいい顔をしていた。今はとっちゃん坊やだらけだ…。


7. いつだって、「今日はすばらしい」。後は、それに気がつくだけでいいんです。


8. (自分の個性だと)自分だけが思い込んでいることは、個性でもなんでもなく、ただの「独りよがり」である。


9. 有名になるとは、絶えず自分は何者かと説明する必要がなく、一定の評判と自分の興味を追求する場所を得るということ。


10. 変態は異常でもいいけど……、助平は正常であり、美徳です。



11. おかしくなり始めると、次から次へとおかしくなる。


12. 私はたくさんの人々と話してみて、彼らが繁栄しない理由は、彼らが富と成功のために祈ることを悪いこと、罰当たりなことと考えているせいであることに気づき……


13. 苦しみは人を成熟させるわ。


14. 人生とは石切り山みたいなもので、そこから型を取り、ノミで削り、人物を形成するのです。


15. 人の将来の成功は忍耐によって得られる。長い間耐えることができない者は、その希望するところのものを失う。



16. 明日という日には取っ手が二つついている。不安という取っ手か、または期待という取っ手である。


17. 悩みによって初めて知恵は生まれる。悩みがないところに知恵は生まれない。


18. 自分勝手な人の好意ほどありがた迷惑なものはない。腹が痛いのに頭痛薬を出され、飲め飲めと強制されるのに等しい。


19. 「マインドコントロールって、こういう仕組みで起きるんですよ。あなたが最初に経験したのもこれじゃないですか?」と“源流”までさかのぼると、ようやく(……


20. 生は我々を死で慰め、死は我々を生で慰める。