名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
詩集『世界はうつくしいと』
詩「世界はうつくしいと」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
うつくしいものの話をしよう。
いつからだろう。ふと気がつくと、
うつくしいということばを、ためらわず
口にすることを、誰もしなくなった。
そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。
__ Link __
うつくしいものをうつくしいと言おう。


風の匂いはうつくしいと。渓谷の
石を伝わってゆく流れはうつくしいと。
午後の草に落ちている雲の影はうつくしいと。
遠くの低い山並みの静けさはうつくしいと。
きらめく川辺の光はうつくしいと。


おおきな樹のある街の通りはうつくしいと。
__ Link __
行き交(か)いの、なにげない挨拶はうつくしいと。
花々があって、奥行きのある路地はうつくしいと。
__ Link __
雨の日の、家々の屋根の色はうつくしいと。


太い枝を空いっぱいにひろげる
晩秋の古寺(こじ)の、大銀杏はうつくしいと。
冬がくるまえの、曇り日の、
南天の、小さな朱(あか)い実はうつくしいと。
コムラサキの、実のむらさきはうつくしいと。
過ぎてゆく季節はうつくしいと。
__ Link __
さらりと老いてゆく人の姿はうつくしいと。
__ Link __

一体、ニュースとよばれる日々の破片が、
わたしたちの歴史と言うようなものだろうか。
あざやかな毎日こそ、わたしたちの価値だ。
__ Link __

うつくしいものをうつくしいと言おう。
幼い猫とあそぶ一刻はうつくしいと。
シュロの枝を燃やして、灰にして、撒く。
何ひとつ永遠なんてなく、いつか
すべて塵にかえるのだから、世界はうつくしいと。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある。


2. 地獄の沙汰も金次第


3. 話は短いに限る。長い話はいくつかに分けて、分割して話せばいいのだ。話の切り口を変えれば、分割した分だけおもしろい話ができ上がる。


4. このお盆に生きている全部の人間は、単に今年度の生き残り分にすぎない。


5. 年齢は単なる数字。性別はどちらでも同じ人間。収入、肩書き、職種など、その人間の本質とはまったく関係ありません。本質と関係のある一番大切なものはただ……



6. 精神性の最大の要素は「恐れない心」である。


7. 勝負師にとって闘魂は無論必要だが、それは相手を憎んで徹底的に叩こうとする敵愾(てきがい)心そのものであってはならないと思う。そうした闘魂では、感情……


8. 二人が睦(むつ)まじくいるためには (中略) 完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい


9. 小説家は悪魔だ! 嘘つきだ! 貧乏でもないのに極貧の振りをしている。立派な顔をしている癖に、醜貌だなんて言って同情を集めている。うんと勉強している……


10. 人は何度も失敗することがあろう。しかしそれを他人のせいにしはじめるまでは、落伍者ではない。



11. 「この話は絶対に秘密だぞ」と言うと、それは絶対に秘密にはなりません。


12. 地球を救ったり、人類愛を言い始めるのは芸のない証拠。自分を長持ちさせる為に一番逃げ込みやすい所なんです。


13. 日本のように材料の豊富なところは、原味を尚(たっと)ぶあまり、自然、調味法も簡単になりがちである。


14. 「身の程知らず」という言葉ほど、人の可能性と夢と未来を奪うものはない。


15. 自分はたぶん、他のどんな人よりも自分に忠実に生きてきたという自信がある。そういう自分をいつわらずに、もう一度見つめ直して自分に納得できる造形をつく……



16. 人は弱い。群れればいつしか初志を忘れる。己のほんとうを見失う。


17. 会社の責任者として、自分にしかできないことをやりたい。人に任せられることは任せていきたい。


18. 芸人は「凄い」「面白い」「美しい」のどれかひとつは身についてなきゃ。普通の人が芸人になったって無駄なんだ。


19. 以前にも成功をおさめたからといって、今度も以前と同様の仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。


20. 新しい種(たね)は献身的だ。ほとんど何もない土地に一番深く根を下ろす。