名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
大将たるべき身は、昼夜心身を安楽にしては万(よろず)調(ととの)はず候。
勤の間には、学問をも心掛けらるべく候。


[ 出典 ]
土井利勝[どい・としかつ]
(安土桃山時代〜江戸時代前期の武将・大名、江戸幕府の老中・大老、1573〜1644)

[ 関連名言ツイッター]


[ ランダム名言 ]

1. 人が思慮がないのに思慮があると思っているときは恐ろしい。


2. 肉体的快楽は、刺激の強いものであるため、他の快楽を楽しむ能力のない人々によって追求される。


3. 人生を賭けるに値するのは、夢だけだと思いませんか?


4. 失った富は勤勉で、忘れた知識は勉強で、失った健康は節制と薬で取り戻せるが、失った時間は永遠に戻らない。


5. 君は、君の好ききらいに、もっとわがままであって、いいんだぜ。きらいな奴は、これは、だめさ。どんなに、つき合ったって、好きになれるものじゃない。



6. 溶けたルビーのように、グラスの中で酒の波が輝いている。それを持って来てくれ。その光によって私の暗い精神が明るむように。


7. 死を望むは臆病者の行為なり。


8. (女に)好かれるほどの価値が無いと自覚している人が、何かの拍子で好かれたなら、ただ、狼狽(ろうばい)、自身みじめな思いをするだけのことでは無いかと……


9. ボクが、バリアフリーを目指す活動を始めるようになったのは、「ボクには、ボクにしかできないことがある」という想いからだった。しかし、それはボクだけに……


10. 私たちは三つの教育を受ける。一つは両親から。もう一つは教師から。残りの一つは社会から教えられる。そして、この三番目は、初めの二つの教えに全て矛盾す……



11. 正当以上の卑屈な努力までする必要はない。


12. わかってほしいときに、人はぶつかり合う。


13. 色のいの字と命のいの字、そこで色事(いろごと)命がけ。


14. 犯罪は政治のようなものだ。どちらも割に合わない。


15. そこそこの奴っていうのは、何もかもそこそこにがんばって、そこそこに結果を出して、そこそこに終わっちまう。



16. 介護というのは不思議な世界で、10人介護するには20人のスタッフが必要だが、20人のスタッフがいれば20人を介護することができるんです。


17. 宗教は生命の塩であり、力である。


18. 嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる。


19. 困難にぶつかるごとに人間は練れてくる。


20. 人は、質問されることによってのみ、答えを出すことができる。