名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
敵の意表に出(い)ずるは、機を制し、勝を得るの要道なり。


[ 出典 ]
『作戦要務令』(さくせんようむれい)
(大日本帝国の戦術学の教範、1938年制定)

[ 関連名言ツイッター]


[ ランダム名言 ]

1. 争う人を恐れることはないが、争いを避ける人は恐ろしい。


2. 喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。


3. 人間には志というものがある。この志の味が人生の味だ。


4. 常識や率直なふるまいほど人を驚かすものはない。


5. 貧乏ならいいのよ。貧乏は恥ずかしいことじゃない。でもね、貧乏臭いのはいやァね。



6. われわれ人間は集団を好む動物であるとともに、自分の同族に認められること、それも好意をもって認められることの好きな動物である。もし自分の属する社会集……


7. 私は誘惑に抵抗しないことにした。なぜなら、有害なものに対して私は誘惑を感じないことがわかったからだ。


8. 父親で威張っているのがいますよね。アレはね、出産できないというコンプレックスの裏返しです。


9. 運は運ぶと書きよるね。行動しないと運はついてこないというわけです。


10. 酩酊(めいてい)は一時的な自殺である。



11. 人生は短く、技芸は長い。


12. お金は知人は与えるが、友人は与えない。


13. 両虎人を争って闘えば、小なる者は必ず死し、大なる者は必ず傷つく。


14. 思った通りの人生ではなかった。しかし、よかったとなら言える人生だったかもしれない。


15. 知識社会とは非階層の社会であって、上司と部下の社会ではない。



16. 人は人生の節目を迎えるたびに、自分のために新しい神話を作るか、それとも古い神話を受け継いでいくかを選択する。


17. 言うとやるとの間には、何足ものすり切れた靴がある


18. 古い友人をいつまでも大切にしている人と、絶えず新しい友人を求めて、交友関係が始終変わっている人とがある。


19. 戦いというものは潮どきがある。このあたりで一度敵の出鼻を叩いて見せぬと、士民(しみん)も心細かろうし、敵も図に乗ろう。


20. 「目には目を」では、世界中を盲目にするだけだ。