名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
企業は永遠に発展し続けなければならない。
そのためには、企業を人間の体に例えるなら、体の隅々にまで血が通い、つねに活性化されている引き締まった肉体を持つものにしなければならない。


[ 出典 ]
稲盛和夫[いなもり・かずお]
(実業家、京セラ・第二電電[現KDDI]創業者、1932〜)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 女は陽気を感じて春に男を思い、男は陰気を感じて秋に女を思う。


2. 私にとっては精神の帝国こそ、あらゆる者のうちでいちばん親愛な者です。


3. 私が考えるのは、いつも前進するということです。もし神が人間の後退をお望みならば、人間の頭のうしろに目を一つだけおつけになっていたでしょう。


4. 我々は眼の中に他人の欠点を、背中に自分の欠点を持つ。


5. もし(人と会う)約束を破れば、相手から盗みをしているのだ──といっても金を盗んでいるのではない、「人生」の銀行から時を盗んでいるのだ──相手にとっ……



6. 愛は永遠ならず、永遠に努めるもの。


7. 目的を持つと知恵が湧き、知識も知恵に代わる。やる気も出てくる。自分の目的は祈りと執念で必ず達成できる。


8. とにかく来た球を打ちゃいいんだよ。


9. たとえ教養があり、しっかりした判断力があり、考えが理知的であっても、心を打ち込んで思考し行動することを知らないうちは、隠れた才能の存在は、誰にもわ……


10. わずかな親切の行いと、短い愛の言葉が、この世を天国のごとく楽園にする。



11. 無名と貧窮の歳月、実はこの歳月こそ、最も実り豊かな時代であったのだ。


12. 何もしないくらいなら、墓穴(はかあな)掘ってた方がマシだ。状況が最低に悪くなろうが知ったことか。


13. 人間の野獣性に、虚偽の病的な理想主義の衣を着せるよりも、率直に野獣であるほうが人間にとっては危険が少ないだろう。


14. ああ、このごろ私は毎日、新郎(はなむこ)の心で生きている。


15. どの点がいいのかをはっきり教えてやり、その長所を伸ばそうとするのが効果的なほめ方である。こうすれば、ほめられた者は自分の才能に気づき、必要に応じて……



16. 人は幸せだから歌うのではない。歌うから幸せなのだ。


17. 老人だから……と言われ、自らを老化させてしまうのはダメよ。


18. 何人(なんぴと)にも異なった(天与の)使命を与えられている以上、その行いもまた異なってくることは、もちろんである。それ(=使命)は決して他と妥協す……


19. 真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った作業の中にあり、常に失意と絶望が隣り合わせに存在している。


20. やろうと思えばできる。これを信ずること。これが第一の勝負でしょうね。