名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
人生の出発は、つねにあまい。
まず試みよ。
破局の次にも、春は来る。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『花燭』(かしょく)

[ 補足 ]
※ここでの「甘い」は、いい意味での「甘い」であり、甘美だということ。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
人生の出発
甘い
試みる
破局
春が来る
太宰治の名言


[ ランダム名言 ]

1. 道徳を云々するものにとっては、退屈こそひとつの重要な問題である。というのは、人類の罪悪の少なくとも半分は、退屈を恐れるあまりおかされるものであるから。


2. 世に処するに一歩を譲るを高しと為す。


3. 言葉には人生を左右する力があるんです。この自覚こそが人生を勝利にみちびく、最良の武器なんですよ。


4. サイコロと女と酒は、娯楽と苦痛をもたらす。


5. 楽あれば苦あり、苦あれば楽あり、これの繰り返し。人生は試練の連続です。その試練をどう跳ね返すか。どうやりすごすか。跳ね返すもやりすごすも、ただ戦い……



6. 好きなことでメシが食えるというのは幸せなこと。やっぱり、いやいやながらの仕事だけはしてはいけない。


7. 何事も創成期という時には、多数派の意見を聞いていたのでは、決して正しい判断は出来ません。


8. 必ずしも栄誉を請い求めることはしなくてもよい。恥辱を受けることが無ければ、それが栄誉なのである。


9. マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしたとしても気にもとめない、というところにある。


10. 我々の起源の探求は、哲学者の心を満たし続けるこよなく甘い果実である。



11. 「ああ、それは素敵ね。やれば。私は見ている。あなたがやるのを、見たいわ」といって、にこっとしてほしい。それによって、男は雄々しく、健やかになるのよ。


12. 狂気はどこにあるか。それを汝らに植え付けねばならぬのだが。


13. びくつきながらあれこれ考えるのは、重い足に鉛の錘をつけるだけのこと。


14. 愛は行動から生まれる。


15. 文化と肉体的に必要な栄養と、その両方のビタミンが揃ってはじめて健康な人間になるわけです。



16. 口説く必要なんかないんだ。目と目があえばいい。あとは行動あるのみさ。


17. 自分の考え方を変えることによって、いくらでも逆境を順境に変えることができる。


18. 作家の仕事は大胆な人の仕事だ。


19. 組織内で何が行われているかを把握している人は、その組織内には存在しない。


20. 好きもきらいも、たわいないものだよ。