名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
演じること自体すべての職業の中でも最も子供っぽいものだと思う。
探険ごっこ、「○○の振りをしよう」が、演技の真髄だ。


[ 出典 ]
マイケル・J・フォックス
(米国の俳優、1961〜)
著作『ラッキーマン』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 我々は、自分の過失についてはいつまでも自分をだまし続ける。そして最後には過失を徳と考えるようになってしまう。


2. 信じるところに現実はあるのであって、現実は決して人を信じさせる事が出来ない。


3. 人と人との応接は、要するに鏡のようなものである。驕慢は驕慢を映し、謙遜は謙遜を映す。人の無礼に怒るのは、自分の反映へ怒っているようなものといえよう。


4. 皮肉屋とは、あらゆるものの値段を知っているが、何ものの値打ちも知らない人間のことである。


5. 「歓喜、成功、富、英知」これを口癖にし、心の中に書きとめなさい。



6. 愛という曲者にとりつかれたが最後、実にみじめだ。なぜかというと、我々はその報酬を常に計算するからだ。


7. 「健全な寂しさ」を楽しめるようになって初めて、幸せな人生の入り口に立ったことになります。


8. 知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず。


9. 計画を途中で投げ出すのは一番悪い。


10. 戦いは技術ではない。人間と人間が、その人間の厚みを賭けて戦うのだ。



11. 「失敗」「反省」「勇気」の三種の神器を持つ。これさえ捨てなければ、私たちの挑戦は、成功が約束されているも同然です。


12. 劣等感があるからこそ、他人へのやさしさや目線の低さが生まれる。


13. 家族を思って心和む人、胸の痛む人、それはちょうど半々だと私は考える。力を得る人、失う人、それも半々だと思う。親孝行、兄弟思いの美談は数限りなくある……


14. 我々が偉人に近づけば近づくほど、平凡人だということが明らかになる。従者にとって偉人が立派に見えることは稀である。


15. 神はわたしを愛してくれている。神がわたしを愛してくれるようにひとを愛そう。



16. 人間のことを善人だとか、悪人だとか、そんな風に区別するのは馬鹿げたことですよ。人というのは魅力があるか、さもなければ退屈か、そのいずれかですからね。


17. 人間はその存在の全ての部分において、必ず罪を犯さざるを得ない。というのは、人間はその人格の中心において、神から疎外されているからである。


18. 人に優しくできる人が、立派な大人だからね。


19. ユーモアとは、自分に有って然(しか)るべきのものが無いときにそれを笑い飛ばすことだ。


20. 我々は主義について語り、私欲のために行動する。