名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
知覚、感触が、どんなに鋭敏だっても、それは動物的なものなのだ、ちっとも叡智(えいち)と関係ない。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『皮膚と心』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 駄目な部門の駄目な管理職をどうにかするには、やる気のある社員・優秀な社員を長として送り込むのが一番手っ取り早く、また確実です。


2. 朝は前の晩より賢い。


3. 自分の感情の天候パターンを知ることは、正気を保ち、正常に働き、愛される人間であるためには、欠かせません。


4. 人が亡くなると、生前の隠されていた人間関係が表に出ます。


5. 生きているうち はたらけるうち 日のくれぬうち



6. 死ぬことを 持薬(ぢやく)をのむがごとくにも我はおもへり 心いためば


7. 繰りかえしをおそれて何ができるだろう。繰りかえしをちゃんとじぶんに引きうけることができるのでなければならない。


8. 我々は恥辱の世界に住んでいる。我々は真実に存在するあらゆるものに恥をかかされる。


9. 起きてほしくない事程よく起こる。


10. あなたが恐れているものではなく、あなたが知っているものに耳を傾けるのです。



11. 残酷さは古代の悪徳であり、虚栄は近代世界のそれであって、虚栄は最後の病気である。


12. 人道主義は正義を目的とする。正義は真の意味での平等、自由を欲し、不正義に対する真の審判である。


13. 「できる人」はつねに語尾が明確で力がこもっている。


14. 愚か者たちを不名誉な死へと導いた昨日など、閉め出すべきです。


15. もっといい時代はあるかもしれないが、これは我々の時代なのだ。我々はこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。



16. 笑うことはあなたたちに自信を与える。


17. 旅というものは、時間の中に純粋に身を委ねることだ。


18. 子供や家族がいるから会社をやめられないというのは便利な言い訳だ。


19. 人間なんて弱いもんですよ、愚かでもある。力んでみてもしようがない。淡々と平常心でやればいい……という諦観(ていかん)です。が、そこにとどまってはい……


20. 我々は何をするにも、常に自分自身に問わなければならない。もし皆がそうしたら、どんなことになるだろうと。