名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
いちど、いやな恐るべき実体を見てしまった芸術家は、それに拠(よ)っていよいよ人生観察も深くなり、その作品も、所謂(いわゆる)、底光りして来るようにも思われますが、現実は、必ずしもそうでは無いらしく、かえって、怒りも、憧(あこが)れも、歓びも失い、どうでもいいという白痴の生きかたを選ぶものらしい。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『女の決闘』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 運が悪いと嘆く人は誰でも打てる球を待っている打者に似ている。世間はそんな球を放ってくるほど甘くはない。放ってくるのは打ちづらい球で、それを見送って……


2. 成功したアスリートを見るとつい積み重ねた努力ばかりに目がいくけれど、彼らはまず頑張る前に選んでいる。


3. 私は、一日八時間ずつ眠って夢の中で成長し、老いて来たのだ。つまり私は、所謂(いわゆる)この世の現実で無い、別の世界の現実の中でも育って来た男なので……


4. 美しい姿は美しい顔に勝り、美しい行いは美しい姿に勝る。


5. 自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。



6. 人間は何事も自分の考えた通りになる。自分の自分に与えた暗示の通りになる。


7. 礼儀は魅力もあれば利益もある。


8. 物事を楽しむための時間を持つということは、人生における重要な目的の一つである。


9. 現代社会では、物事を科学的に解釈することばかりに重きを置き、「よき人間、よき世の中をつくっていくためには、どういう考え方をし、いかなる哲学を樹立し……


10. なんでも、早くできるようになること。それが成長だと信じてがんばってきた。でも、ちがった。なんでも、真心をこめてできるようになること。それが、成長だ……



11. 今、新聞を熱心に読んでいるのは老人だ。記者はそのことを忘れているぞ! 新聞社もそのことを忘れているぞ!


12. 急がば回れ。


13. (自分の)可能性の中には良い可能性もあれば、悪い可能性もあります。だから、まずその中からどの可能性を伸ばすのか自分で取捨選択しなきゃいけない。


14. できない、もうこれでいい、やるだけやった、と言うな。これでもやり足りない、いくらやってもやり足りないと思え。一心不怠に努力すれば、努力した分だけ必……


15. 三つのものが強く女を動かす。利害と快楽と虚栄とである。



16. 我々は高みに憧れるが、歩き出すことには無関心だ。山々を望みながら、平らな道を歩きたがる。


17. 今をイキイキと生きることです。


18. 酒の十徳。独居の友、万人和合す、位なくして貴人に交わる、推参に便あり、旅行に慈悲あり、延命に効あり、百薬の長、愁いを払う、労を助く、寒気に衣となる。


19. 新しくて生き生きした芸術は人を苛立(いらだ)たせます。苛立たせるのを止めて、快いものになってしまったら、その作品はもうおしまいです。


20. 独創的になるには、そう生まれつくしかない。