名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
(人を注意する時は)注意する相手ではなく、自分を主語にし、自分に対する意見(=心得)として伝えるといい。
「私の場合は〜です」
「僕だったら〜すると思います」
(要約ver)


[ 出典 ]
樺旦純[かんば・わたる]
(心理学者、セミナー講師、1938〜)
『人を動かす心理マジック』

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文原文〉
(人を注意する時)「あなたは〜だ」「君は〜するべきだ」といった断定的な言い方をすれば、相手は反発してくるか、自己弁護に終始するだろう。
こんな時は、注意する相手ではなく、自分を主語にし、自分に対する意見(=心得)として伝えるといい。
「私の場合は〜です」「僕だったら〜すると思います」というように、「あなた」「君」という言葉を使わず、「私」「僕」を主語にして話すほうが、ソフトな印象を与える。
また、相手は人の意見(=心得)として聞くことになり、直接自分が非難されたり攻撃されたりしたような感じを受けない。


[ ランダム名言 ]

1. 人間はその存在の全ての部分において、必ず罪を犯さざるを得ない。というのは、人間はその人格の中心において、神から疎外されているからである。
(パウル・ティリッヒ)


2. 動物は子孫をもうけ得る時期にだけしか交わりません。しかるに我々人間は、この忌まわしい万物の霊長はですね、快楽が得られさせすればかまわんというわけで、時と場所をわきまえません。
(トルストイ)


3. 酔いの甘やかさは、酒のほろ苦さから来る。
(ハーフェズ)


4. 結婚するから幸せになるものではありません。幸せになるための手段として、結婚があるんですよ。
(漫画『コンシェルジュ』)



5. 青年は間違い、壮年は争い、老年は悔いる。
(ディズレーリ)


6. 1つの家にバカが2人いると、大騒ぎを起こす。
(ベルギー・フランドル地方のことわざ)


7. 愛されたいという要求は、自惚(うぬぼ)れの最たるものである。
(ニーチェ)



8. 怒りは鋲(びょう)。生命力や情熱、エネルギーを奪う精神的な毒薬です。
(ジョセフ・マーフィー)


9. 火を消すには火をもって為せ。
(シェイクスピア)


10. 生兵法(なまびょうひょう)は大怪我の基(もと)。
(日本の格言)