名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
(人を注意する時は)注意する相手ではなく、自分を主語にし、自分に対する意見(=心得)として伝えるといい。
「私の場合は〜です」
「僕だったら〜すると思います」
(要約ver)


[ 出典 ]
樺旦純[かんば・わたる]
(心理学者、セミナー講師、1938〜)
『人を動かす心理マジック』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文原文〉
(人を注意する時)「あなたは〜だ」「君は〜するべきだ」といった断定的な言い方をすれば、相手は反発してくるか、自己弁護に終始するだろう。
こんな時は、注意する相手ではなく、自分を主語にし、自分に対する意見(=心得)として伝えるといい。
「私の場合は〜です」「僕だったら〜すると思います」というように、「あなた」「君」という言葉を使わず、「私」「僕」を主語にして話すほうが、ソフトな印象を与える。
また、相手は人の意見(=心得)として聞くことになり、直接自分が非難されたり攻撃されたりしたような感じを受けない。


[ ランダム名言 ]