名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
作家の一人間としての苦悩が、幽(かす)かにでも感ぜられないような作品は、私にとってなんの興味もございません。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『風の便り』
木戸一郎が井原退蔵にあてた手紙より

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
作家
苦悩
作品
興味がない
太宰治の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
私は、農民の事を書いている「作家」に不満があるのです。
その作品の底に、作家の一人間としての愛情、苦悩が少しも感ぜられません。
作家の一人間としての苦悩が、幽(かす)かにでも感ぜられないような作品は、私にとってなんの興味もございません。


[ ランダム名言 ]

1. 間違いを犯してそれを改めるのは、それに気づいた瞬間にやるのが一番良い。


2. 頂に向かう行動よりも、常日頃の山に対する主義(イズム)こそ大切なのではなかろうか。何事も、思索と実践の合致こそ、この世で最も尊いものであろう。


3. いかなる行動をも持たぬ思想は思想ではない。それは夢想である。


4. 喜びも、悲しみも、それが生じるのは人の心の中の同じ場所です。それでどちらに出会っても、涙が溢れてくるのです。


5. 人間のからだは、皮膚という伸び縮み自由な大小無数の穴が開いている袋のなかに液体的なものがいっぱい入っていて、そのなかに骨も内蔵も脳も浮かんでいる。



6. 人生20年。体の物質も頭の配線も、20年もすればすっかり変わるんやから、20年前のオレは赤の他人やと思えと。人生は20年ずつやったら、80年でも4……


7. ★★★


8. 賢人とは、自分の考えにこだわらないで、人の良い考えを取り入れ、それに従う人を言う。


9. 自然な動きにするには、無駄な動きが必要だ。


10. 男らしい男、女らしい女など、空想の産物にすぎません。大切にすべきは、“人間らしさ”です。



11. 同じことを繰り返しながら異なる結果を期待することを愚行という。


12. 知識でなく、智恵を求めよ。知識は過去の産物だが、智恵は未来をもたらす。


13. 人間窮すれば通ずるものだ。手が使えなければ足を使う。足が使えなければかみついても試合はできる。


14. ほら、やっぱり君は観察してはいないんだ。だが見ることはみている。その違いが、まさに僕の言いたいことなんだ。


15. 花は出来上がりの一歩手前で活けなければならなかったのだそうである。活けた時に全部出来上がっていたら、その時から花は崩れてしまう。



16. 本当は麻薬なんてやめたいんだろう? そんな自分を本当は変えたいんだろう? 弱さを見せたくなくて、一生懸命、頑張り続けてきたんだよな。


17. 自分はなぜ生きるのかは哲学のテーマならいいけど、現実の人生のテーマには向いていないよね。やはり、いかに生きるかだろうね。これだったら日々の課題にな……


18. 一夜にして成功するには、10年かかる。


19. 今世はね、神さまからの一回きりのご招待なの。今、ここでオレたちは、ご招待を受けている。それは、その神さまが、「楽しみなさいよ」といっているんだよ。……


20. リスクをとらないことが最大のリスクだと思う。なぜなら、今日勝つ確率が最も高い戦法は、三年も経てば完全に時代遅れになっているからだ。