名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
わずかに他人より優れているというだけの知恵や知識が、この時勢に何になるか。
そういう頼りにならぬものにうぬぼれるだけで、それだけで歴然たる敗北者だ。


[ 出典 ]
司馬遼太郎[しば・りょうたろう]
(小説家、1923〜1996)
『竜馬がゆく』
坂本龍馬のセリフ

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 戦わないやつが戦争を奨励する。
(オマーンの格言)


2. 自分の考えをしっかり持つことは心に優れた濾過装置を備えることにもなる。それがないと他人の考えや、主張に土足でずかずか入り込まれた状態になり、混乱が絶えない。また、特定の人のそれに強く支配され、盲従……
(志茂田景樹)


3. 騙されてその人(=騙した人)のすべてを否定するとね、その人はもとより人間そのものを信じようとしなくなる。これほど不幸なことはないよ。
(志茂田景樹)


4. 失敗はなお無為にまさる。
(大杉栄)



5. 結局、良心の基準以上の、何もないのだ。
(長田弘)


6. 四ヶ月の交際が一生を保証するだろうか?
(ルソー)


7. 「もし生まれ変わるなら、男に生まれたい? それとも、女に生まれたい?」と聞かれたら、私は「猫に生まれたい」と答えるだろう。
(ながれおとや)



8. 分からせるように書くと云う一事で、文章の役目は手一杯なのであります。
(谷崎潤一郎)


9. 理屈で差別はいけないっていうけども、差別ってのは「理」じゃなくて「情」だからね。そしてこの国は「情」の国だからね。
(永六輔)


10. 何かっていうと、心の傷とか、カウンセラーとかっていうけど、ほっとくのが一番いいんだよ。
(永六輔)