名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
充たされない心を埋めるために恋をするのではない。
そういう恋をしている人は充たされないことを相手のせいにして不毛の恋の遍歴を続けることになる。


[ 出典 ]
志茂田景樹[しもだ・かげき]
(作家・絵本作家、1940〜)
本人ツイッター(2013年11月16日)より

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
充たされない心を埋めるために恋をするのではない。
そういう恋をしている人は充たされないことを相手のせいにして不毛の恋の遍歴を続けることになる。
__ Link __

恋は心をときめかせてくれる。
恋に直接、関係ない眠っていた可能性まで目覚めさせてくれるから素晴らしいのだ。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 一夜にして成功をおさめるには二十年の努力がいる。
(エディ・カンター)


2. この世は一冊の美しい書物である。しかしそれを読めない人間にとっては、何の役にも立たない。
(ゴルドーニュ)


3. 記憶の法則──大事な事ほど思い出せない。用がすんでから思い出す。やっと思い出したらくだらない事。メモをつけておけばメモを忘れる。最後は何を思い出そうとしたかも思いだせない。
(「マーフィーの法則」)


4. 細かいことができないうちは、いい仕事ができない。
(ジョー・トーリ)



5. 技術者は実地が基本であらねばならぬ。その手が昼間はいつも油に汚れている技術者こそ、真に日本の工業の再建をなし得る人である。
(豊田喜一郎)


6. 幸せとは習慣である──そうなるよう努力せよ。
(エルバート・ハバード)


7. 「愛」は困難な事業である。それは、「神」にのみ特有の感情かも知れない。人間が人間を「愛する」というのは、なみなみならぬ事である。容易なわざではないのである。
(太宰治)



8. 読みたいとおもう詩を読むこと。
(長田弘)


9. ひとつの顔は神が与えてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。
(シェイクスピア)


10. 骸骨は静物ではなかった。表情をかなぐり捨てた人間の貌(かお)であった。
(野見山暁冶)