名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
ベートーヴェンに限るの、リストは二流だのと、所謂その道の「通人」たちが口角泡(あわ)をとばして議論している間に、民衆たちは、その議論を置き去りにして、さっさとめいめいの好むところの曲目に耳を澄まして楽しんでいるのではあるまいか。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『パンドラの匣』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
この人たちには、作者の名なんて、どうでもいいんだ。
みんなで力を合せて作ったもののような気がしているのだ。
そうして、みんなで一日を楽しみ合う事が出来たら、それでいいのだ。
芸術と、民衆との関係は、元来そんなものだったのではなかろうか。


ベートーヴェンに限るの、リストは二流だのと、所謂その道の「通人」たちが口角泡(あわ)をとばして議論している間に、民衆たちは、その議論を置き去りにして、さっさとめいめいの好むところの曲目に耳を澄まして楽しんでいるのではあるまいか。
__ Link __

あの人たちには、作者なんて、てんで有り難(がた)くないんだ。
一茶が作っても、かっぽれが作っても、マア坊が作っても、その句が面白(おもしろ)くなけりゃ、無関心なのだ。
__ Link __

社交上のエチケットだとか、または、趣味の向上だなんて事のために無理に芸術の「勉強」をしやしないのだ。
自分の心にふれた作品だけを自分流儀で覚えて置くのだ。
それだけなんだ。
__ Link __

僕は芸術と民衆との関係に就(つ)いて、ただいま事新しく教えられたような気がした。


[ ランダム名言 ]