名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
もっと自分自身に向き合うような時間、もしくは自分の技量を深めていく時間を持とう。
それこそ脳を真っ赤に燃え上がらせる知的活動のひとときは、誰もが持つべき孤独なのだ。


[ 出典 ]
齋藤孝[さいとう・たかし]
(教育学者・著述家1960〜)
『孤独のチカラ』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 救いは一歩踏み出すことだ。さらにもう一歩。そして、たえずその同じ一歩を繰り返すことだ。


2. (女に必要とされるためには)恋愛以外の特技を極めて、価値のある男になるしかないのさ。


3. 我々をとりまく全ての物事は常に変化している。変化の源泉は生きる力にある。それは不変であり、結果を生んではまた創造する。


4. おのおのの人が自分の心の内部にあるコンプレックスを開発してゆく代わりに、それを補う人と結びつくことによって、手っ取り早く相補性を獲得する。


5. もし選べるのであれば、人は必ず、難しいことより簡単なことを、遅いものより速いものを、複雑なものよりシンプルなものを選ぶのです。



6. 人は誰でも、多い少ないは別として、ある一点では狂っている。


7. (なすべきことをするのに)今ほど良い時はない。


8. 良馬は走れば分かる。金銀は溶かせば分かる。象は戦場に出れば分かる。賢者は格言を書けば分かる。


9. 物事にそこそこの興味しか持てない人間は、そこそこの人生しか送れない。


10. 我々の精神は、その容量を超えるほど難しい問題を突き付けられると、その問題を考え続けることの精神的負担に耐えかね、「割り切り」を行いたくなる。



11. 若い日々ほど清らかで楽しい時はない。だからこそ、一生懸命に自分らしく生きなさいと言いたい。そうすれば、一生の財産ができます。


12. 病気になったら、私が一番最初に気をつけることは何かというと、1日中、病気のことで頭をいっぱいにしないことである。


13. 私は劣等感を肯定し、「駄目なオレが失敗してもともとや」という居直り精神から再出発した。小さなプライドを捨てた。見栄や気負いもなく、無欲恬淡(てんた……


14. 命があるところには、希望がある。


15. 我々が友人に求めるのは、我々の行動に対する讃意ではなくして理解である。



16. 悪魔のように細心に、天使のように大胆に。


17. 一流を知り、一流を極めた人には、相似形の悟りや理解というものが備わっている。


18. たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。


19. あなたが行きづまったと感じ、もうその先へ一歩も進めないと思った時、また、人生のすべての目的を見失ったと感じた時、それは実に素晴らしいチャンスです。……


20. かりそめにも人を愛すというからには、必ず先(ま)ず互いに天性気質を知り合わねばならぬ。