名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
親切な人が来て、
「震災の体験をしゃべってください」
「たいへんでしたね。
 何かしゃべってください」
と言ってきたりしますが、
見ず知らずの人にしゃべっても、心が治まるはずはないのです。
この人になら言えるという人にしゃべってこそ意味があるのであって、そのところが不問にされている。


[ 出典 ]
河合隼雄[かわい・はやお]
(臨床心理学者、元文化庁長官、1928〜2007)
『「日本人」という病』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈抜粋文全文〉
震災などの不幸に遭遇した際の怒りや悲しみの感情というのは当然です。
いわば、変な異物が心の中に入ったようなものですから、なんとかしてうまく心の中で消化していかなければならない。
そのために一番いいのは、怒りや悲しみを出したとしても本当に分かってくれる人に向かって表現することです。
__ Link __

これは、よく誤解されていて、そういう悲しみや苦しみはどんどん外に出したらいい、中に持ったままにしておくと傷が残るから出せばいいと簡単に言われ過ぎて、かえって被害を受けた方もいるかもしれません。


親切な人が来て、
「震災の体験をしゃべってください」
「たいへんでしたね。
 何かしゃべってください」
と言ってきたりしますが、
見ず知らずの人にしゃべっても、心が治まるはずはないのです。
この人になら言えるという人にしゃべってこそ意味があるのであって、そのところが不問にされていることが見受けられたので、これは新聞にも書きました。
__ Link __

人間関係があるところで表現するから傷は治っていくわけです。
そこがすごく大事なところです。
__ Link __

被災者の皆さんも、もちろん、これまで地震の話はずいぶんされたと思いますが、やはり相手を選んで話したと思います。


仲のいい人とか、親類の人とか、あるいは全然知らない人でも同じ体験をした者同士だとか、人間と人間の心の交流があるところで怒りや悲しみを出すから意味があるのです。
__ Link __


[ ランダム名言 ]

1. 日常のちょっとした無駄が、豊かさをつくります。自分の経済状態とのバランスをとることは大事ですが、いままで無駄だと思っていたことを少しやってみてくだ……


2. 昨日への距離ほど遠いものはない。


3. 崖から飛び降り落下しながら翼を作る、それがリスクを取ることだ。


4. 一歩が大事 どんなに小さくても いま、ここ、の 具体的な一歩が大事


5. 相手の存在感を認める方法はいたって簡単です。相手の話をただじっと聞いてあげればそれでいいのです。



6. 現存在の最大の生産性と最大の享楽とを、収穫するための秘密は、危機に生きるということである。


7. 過ちを犯す癖がつくと、それをうまく粉飾するようになる。


8. 競争力のない製品は売れません。一体どれだけの米国人が買い物に行って「米国の雇用を是非守りたいから一番高い製品をくれ」なんて言いますか。


9. 粘土をこねて作った器が役に立つのは、その器の中が空虚になっているからである。戸や窓の部分が開くように作った部屋が役に立つのは、戸や窓の空虚の所から……


10. あらゆる知恵の中で、結婚についての知識が一番遅れている。



11. 噂は誰のものでもない、噂されている当人のものでさえない。噂は社会的なものであるにしても、厳密に言うと、社会のものでもない。


12. 債権者は負債者に対する記憶に優る記憶を憎む。


13. 残り物には訳がある。


14. 「不可能」とは、通過点だ。


15. これからの日本企業、日本人に必要なのは、失敗や挫折を「突破する力」である。



16. 世の中の変化、お客様のニーズの変化こそが最大の競争相手なのです。


17. 我々は花を散らす風において歓びあるいは傷むところの我々自身を見いだすごとく、ひでりのころに樹木を直射する日光において心萎(な)える我々自身を了解す……


18. 幸不幸は、財産、地位、あるいは職業などによって決まるものではない。何を幸福と考え、また不幸と考えるか──その考え方が、幸不幸の分かれ目なのである。


19. われ未(いま)だ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや。


20. 1年2年じゃ花も咲かなきゃ芽も出ない。でも10年待てば必ず実がつく。