名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
お酒飲みというものは、隣家の仕合せに対して乾盃(かんぱい)を挙げるというような博愛心に似たものを持っているのかも知れない。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『お伽草子』
「瘤取り」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]
酒飲み
隣家の幸せ
乾杯
博愛心
太宰治の名言

[ 全文・続き ]
〈全文〉
お酒飲みというものは、よそのものたちが酔っているのを見ても、一種のよろこばしさを覚えるものらしい。
所謂(いわゆる)利己主義者ではないのであろう。
__ Link __

つまり、隣家の仕合せに対して乾盃(かんぱい)を挙げるというような博愛心に似たものを持っているのかも知れない。
__ Link __

自分も酔いたいが、隣人もまた、共に楽しく酔ってくれたら、そのよろこびは倍加するもののようである。
__ Link __


[ ランダム名言 ]