名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
ことばって、何だと思う?
けっしてことばにできない思いが、
ここにあると指さすのが、ことばだ。


[ 出典 ]
長田弘[おさだ・ひろし]
(詩人、1939〜2015)
『長田弘全詩集』
詩「花を持って、会いにゆく」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
春の日に、あなたに会いにゆく。
あなたは、なくなった人である。
どこにもいない人である。


どこにもいない人に会いにゆく。
きれいな水と、
きれいな花を、手に持って。


どこにもいない?
違うと、なくなった人は言う。
どこにもいないのではない。


どこにもゆかないのだ。
いつも、ここにいる。
__ Link __
歩くことは、しなくなった。


歩くことをやめて、
はじめて知ったことがある。
歩くことは、ここではないどこかへ、

遠いどこかへ、遠くへ、遠くへ、
どんどんゆくことだと、そう思っていた。
そうではないということに気づいたのは、

死んでからだった。もう、
どこへもゆかないし、
どんな遠くへゆくこともない。


そう知ったときに、
じぶんの、いま、いる、
ここが、じぶんのゆきついた、

いちばん遠い場所であることに気づいた。
この世からいちばん遠い場所が、
ほんとうは、この世に、

いちばん近い場所だということに。
__ Link __
生きるとは、年をとるということだ。
死んだら、年をとらないのだ。
__ Link __

十歳で死んだ
人生で最初の友人は、
いまでも十歳のままだ。


病いに苦しんで
なくなった母は、
死んで、また元気になった。


死ではなく、その人が
じぶんのなかにのこしていった
たしかな記憶を、私は信じる。


ことばって、何だと思う?
けっしてことばにできない思いが、
ここにあると指さすのが、ことばだ。
__ Link __

話すこともなかった人とだって、
語らうことができると知ったのも、
死んでからだった。


春の木々の
枝々が競いあって、
霞む空をつかもうとしている。


春の日に、あなたに会いにゆく。
きれいな水と、
きれいな花を、手に持って。


[ ランダム名言 ]

1. 大衆の判断は、抽象的に説明されたときに間違う。


2. 厳しい条件は知恵次第でチャンスにもなりうる。


3. 沈黙は賢者には十分なる答えなり。沈黙は同意を示す。


4. 経営者は、いつも将来というものが頭にないといけない。五年後、十年後にどうなるか、どうすべきか。そのうえで、今どうしたらいいのかを考える。将来から現……


5. 日本の教育は兵隊づくりなんですよ。リーダーをつくらない教育っていうことです。兵隊ばかりいて、何が出来ます?



6. この部族の不幸は他部族の利益。


7. 「結果を出すための最良の策」は、「自分と向き合いながら見出していくもの」なのです。


8. 目には目を、歯には歯を。


9. 心理操作を受けている人に、いくら理屈で「いまあなたがやっていることはおかしい」と迫っても、そこでハッと気づく人は少ない。


10. 優れた装置は研究室で発明されるが、優れた製品はマーケティング部門で発明される。



11. 「愛をこめて」、これは何かメッセージを伝えたい時、或(ある)いは文章を書いた時、その最後に必ず添える言葉です。どのような人間関係においても、その根……


12. 少数は言えるが 精鋭とはいえず


13. 一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。


14. 群衆の中に立って 空を見れば 大切なものに気付いて 狂おしくなる


15. ムチを惜しんで、子を駄目にする。



16. お茶はまずは甘い、それから渋くなって、そのあと苦くなります。……人生ですね。


17. 浅学ほど危険なものはない。


18. 唯一のプロフィットセンターは「顧客」である。


19. 我々は恋愛において、その恋愛のなかに運命を見るときに初めて夫たらんと決意する。


20. 行動するためにはいかに多くのことに無知でなけねばならぬことか!