名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
ひとりよがりの善意が相手を傷つけ、親切が他人の重荷になることを気づかぬような人間ほど始末の悪いものはない。


[ 出典 ]
遠藤周作[えんどう・しゅうさく]
(昭和の小説家、1923〜1996)
『悲しみの歌』

[ 補足 ]
※原文では「始末の悪いものはなかった」で終わっている。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 貧者(ひんじゃ)は、たとえ真実を語るとも信じられず。


2. ベジタリアンになれば、菜食健美!


3. 金銭と名誉欲は着手のきっかけにはなるであろうが、いったん仕事に取り付いたらばそれを忘れているようでなければならない。


4. 嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。


5. 新しい世界を開拓し続けなければ、僕は死んでしまう。



6. 四十歳になったら、老後のプランをつくれなければいけません。四十歳になって六十歳のことが考えられないのはバカです。


7. 隣の人がいいと思い、上司がいいと思い、クライアントがいいと思わなければ、多くの消費者がいいと思うはずはない。通らない企画やアイデアというのは、まだ……


8. 眼前のものに深く入ること。そしてできうる限り論理的な自己表現を、忍耐強く行うことです。


9. 人生の中で、何度も何度も繰り返し、私は失敗した 。それが、私が成功した理由だ。


10. やりたいと思ったときが旬なのであり、先延ばしする理由はないのだ。今楽しいと思っていることが年を取ってからも楽しいとは限らない。



11. 人を説得する最良の方法の一つは自分の耳を使うこと、つまり、相手の言うことに耳を傾けるのだ。


12. 人間が命の糸を編んでいるのではない。人間はその糸の一本にすぎない。


13. 小さい時にどんな教育を受けたかという事でもう、その人の一生涯がきまってしまうのだからね。(初歩教育には)もっと偉い大人物を配すべきだと思うんだ。


14. 予測されるけれども目に見えない危険は、人の心を最もかき乱す。


15. 自らの強みを知り、それをいかに強化するかを知り、かつ自らのできないことを知ることが継続学習の鍵である。



16. 人生は何事もなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりに短い。


17. 教わる姿勢で人に接しなさい。相手の優越感はより高まります。


18. ああ、習慣とはやっかいなもの。いまわしいと思うものにすら身を縛られる。


19. シャネルもディオールもエルメスも他人の名前ですよ。「小林」とか「斎藤」とか「木村」と同じなのです。


20. (私は)自分がブルーな時、人もブルーだったら嬉しいというタイプじゃなくて、一緒にハッピーになろうよ、というタイプですね。