名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
起きて半畳、寝て一畳。
天下取っても二合半。


[ 出典 ]
日本の格言

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
立って半畳、寝て一畳。
天下取っても二合半。

[ 意味 ]
どんなに広い家に住んでも、人間が起き上がっている(立っている)には半畳のスペースがあれば十分だし、寝るのにも一畳あれば十分である。
また、いくら天下を取っても、一食に二合半以上の飯を食うことはできない。
人間が生活するのに、人間が生きていくのに、それほど多くのものはいらないということ。
必要以上に多くを望んでも、結局使うことができないので、仕方がないこと。
人間の際限のない物欲を戒める言葉。

[ ジャンル別名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 類似名言・関連名言 ]

[ 解説 ]
どんなに広い家に住んでも、自分の身を置くのに必要なスペースは、起きている時で半畳、寝ている時でも一丈あれば事足りる。
人がこの世を過ごすのに、大きな屋敷はいらないし、それを自慢するのは、なおさらみっともない。


■また、戦争にあけくれて天下を取ったとしても、一度に食べられるご飯の量は二合半が限界である。
美味しい食べ物だって、胃袋の大きさ以上に食べることはできないし、毎日食べればその美味しさも分からなくなってしまう。


■どんなに出世しても、お金を稼いでも、人が楽しめるものには限界があるのだ。
しょせん、贅沢とは空しいものである。
それならば、物にとらわれない簡素な生活を送り、自由気ままに人生を楽しんだ方が賢いのではないか?
(ながれおとや)


[ ランダム名言 ]