名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
随筆は小説と違って、作者の言葉も「なま」であるから、よっぽど気を付けて書かない事には、あらぬ隣人をさえ傷つける。


[ 出典 ]
太宰治[だざい・おさむ]
(明治〜昭和の作家、1909〜1948)
『作家の象』

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 終わりがあるからこそ美しい。「今」は二度とない。


2. 賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを……


3. 多くの代議士に狗(いぬ)のような日本語を喋らせておいて、黙ってそれを聞くことの出来る日本人の無神経さがつくづく嫌になる。


4. 仕事を失うことが人を傷つけるのは、金銭ではなく誇りのためである。仕事とは、人格の延長である。


5. 楽にできることほど変更しにくい。



6. ある人が言わはった  歳をとるとだんだん体力が衰え 選択肢が少なくなってやり直しもきかず 死が刻々と迫ってきて 人生の可能性が狭まると  またある……


7. 漆黒の夜空が暗ければ暗いほど、星は明るく輝き、未来への道を照らす


8. 料理は、おなかに一杯になればいいというものでは無い。さらに、料理の本当のうれしさは、多量少量にあるのでは勿論(もちろん)なく、また、うまい、まずい……


9. 籠の中の鳥は、お互いに仲良くしているが、本当は飛び立ちたいのだ。


10. お札(さつ)に次のような文章をいれるのです。「稼ぎすぎ、貯めすぎ、使いすぎ、心配しすぎには注意しましょう。このお金は、自分と周りの人のために楽しく……



11. 夢は環境によってつぶされるものではない。夢が生まれるのは心の中、死ぬのもまた心の中。生かすも殺すも私たちの心の持ちようしだいだ。


12. 大事なのは間違いを認めすぐに修正することだ。修正すると、2回目は1回目より格段に優れたものになることはよくある。通常の会社では、最初は駄目だとやめ……


13. 危険を冒さなければ、危険を乗り越えることはできない。


14. 野生動物はエサを食べません。エサを食べたらもう家畜です。エサというのは人間が与えるものです。


15. 天には星がなければならない。大地には花がなければならない。そして、人間には愛がなければならない。



16. できないのなら、やらなければならない。やらなければならないのなら、できる。


17. 小説は、やはりわがままに書かねばいけないものだ。試験の答案とは違うのである。


18. 神を信じないと云(い)うのは恐ろしい事だ。神を信じると云うのも恐ろしい事だ。


19. 考えるということは、答えを求めるということじゃないんだ。考えるということは、答えがないということを知って、人が問いそのものと化すということなんだ。……


20. するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな。たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。