名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人に接する時は、暖かい春の心。
仕事をする時は、燃える夏の心。
考える時は、澄んだ秋の心。
自分に向かう時は、厳しい冬の心。


[ 出典 ]
鮫島輝明
(作者情報不詳)
「心の四季」

[ 補足 ]
※自分に向かう時=反省するとき

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
他人に接する

温かい心
仕事

燃える心
考える
澄んだ秋の心
自分に厳しい
反省
厳しい心
厳しい冬


[ ランダム名言 ]

1. 我々は春と夏は改革者であるが、秋と冬は保守の側に立つ。朝は改革者で、夜になると保守主義者になる。
(エマーソン)


2. 成功の秘訣を問うなかれ。なすべき一々(いちいち)の些事に全力を尽くせ。
(ジョン・ワナメーカー)


3. きびしい自己否定がなければ、人間はすぐ傲慢になります。一方、絶対の自己肯定がなければ卑屈になります。卑屈にも傲慢にもならないためには、自己否定、自己肯定、共に必要ですね。
(相田みつを)


4. 悲しみや苦しみを経験した人の慰めの言葉は、失意の心の痛みを忘れさせる。
(作者不詳)



5. 楽だとか、居心地がよいとかで満足しちゃうとね、いざというときに突破力が出ないんだ。日本が駄目になったのはそこなんだよね。だから、国にたよらずさ、自分だけは楽や、居心地のよさは先の楽しみにして、いま……
(志茂田景樹)


6. 遊ぶのは、翌日から新しい人間になるため。仕事とはまったくかけ離れた世界をつくれなければ、遊びにはならないし、新しい自分をつくることもできない。
(鈴木健二)


7. 「ありがとうの心」と「思いやりの心」は、人として常に持っていなければならない大切な心だと思うのです。
(村井順)



8. この年になると、いやでも本当のことを言っちまいますよ。嘘をつくなんて、とてもめんどうくさくて。
(カミュ)


9. 時間は岸のない川である。
(マルク・シャガール)


10. (かけそばのつゆが)少ないとケチ臭い。多いと野暮だ。
(田中國安)