名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
読書は他人にものを考えてもらうことである。
本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。


[ 出典 ]
ショーペンハウアー
[ショーペンハウエル]
(19世紀ドイツの哲学者・作家、1788〜1860)
『読書について』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
読書とは、他人の考えた過程を反復的にたどっている行為に過ぎない。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 悲しいときには悲しめ。のべつ君のこころの見張りをするな。君の大事な命に関わることもあるまい。
(エーリッヒ・ケストナー)


2. 自分のことを天才だと思える分野は、自己肯定感を持って物事に取り組み続けられるので、より結果を出しやすくなります。
(森川陽太郎)


3. 良心は魂の声であり、情熱は肉体の声である。
(ルソー)


4. 僕は、死生一如(しせいいちにょ)の悟りをひらいたなどと自惚(うぬぼ)れてはいないが、しかし、死ぬも生きるも同じ様なものじゃないか。どっちにしたって同じ様につらいんだ。
(太宰治)



5. 人々が売り込みを断るいちばんの理由は、妙なものを買って失敗したくないから。
(デイル・ドーテン)


6. 夫婦別(べつ)あり
(孟子)


7. 人は、お互いに口に出して愛してると言う必要がなくなって、初めて深く愛し合う。
(カイエ)



8. 自然に帰れ。自然の中の人間こそ真の姿である。
(ルソー)


9. 病気はたしかに生活上の挫折であり失敗である。しかしそれは必ずしも人生上の挫折とは言えないのだ。
(遠藤周作)


10. 道徳的なことは後から気持ちよく、不道徳なことは後で気分が悪い。
(ヘミングウェイ)