名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
徳にとってまず要求されることは、自己自身を支配することである。


[ 出典 ]
カント
[イマヌエル・カント]
(18世紀ドイツの哲学者、1724〜1804)
「人倫の刑而上学」

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

要求
自分自身を支配
カントの名言


[ ランダム名言 ]

1. 何を言ってやがる。手足の揃ったおまえにできないことはひとつもない。人間はできないと思ったら、まっすぐに歩くことだってできやしねえんだ。


2. 人生は、ほんとうは完成であるべきだ。ところが、子供の時代のうつくしい詩を 人生は一行一行消し去ってゆくのだ。


3. 失敗を失敗と片づけず、なぜそうなったかを考えることが必要だと思うんです。自分の失敗を振り返るのは嫌なものですが、それをたどることが成功につながるか……


4. 人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。しかし気分が非常にいいと、いま……


5. 会話というものは言葉の量よりも、お互いの目のキラキラの映し合いが大切なのではないか。



6. 無の生活を、どんなに反省しても、整頓(せいとん)しても、やっぱり無である。


7. 失敗が起こったとき、人々はとても注意し、その事に関心を寄せる。しかし時間が過ぎるほど、失敗に関心を払わなくなり、忘れていく。同時に、失敗に対する無……


8. 好機ではなく選択が運命を決する。


9. 人生は外国語だ。たいていの人間はそれを間違って発音する。


10. 勇気とは、恐れを感じないことではなく、恐怖に抵抗するパワーです。



11. この世には、失敗もなければ偶然もない。すべての出来事は、私たちに与えられた恵みであり、何かを学ぶ機会なのだ。


12. 男というものは求めずして恋を見つけるが、女は恋を探しながら見つけることができない。


13. 硬貨には2つの面があります。右側と左側です。それは見方によって変わります。


14. 心は体の中には無え。何かを考えるとき、誰かを想うとき、そこに心が生まれるんだ。もし世界に自分一人しか居なかったら、心なんてのは何処(どこ)にも無え……


15. 書物は、人の精神の食物なり。一日食せざれば、人の肉体飢えるがごとく、一日読書せざれば、人の精神は飢えむ。



16. 虚栄心の強い者は抜きん出たいと思うよりも、自己が秀でていると思ったがゆえに、自己欺瞞や自己謀略のいかなる手段も嫌うことがない。


17. 会話の原則──会話をして相手の話を聞いていると錯覚して、自分だけが喋る。


18. 人間の活動、活動のみがその人間の価値を決定する。


19. ひとは何をきっぱりと語れるのか?


20. 収益のあがる会社にしたいなら、マネジャーには問題の核心を見抜く能力が不可欠である。