名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
悪行愚行をしてはいけないと百も承知していながら、それでもやってしまうのが人間なのだ。
幾度やってもね。


[ 出典 ]
エドガー・アラン・ポー
(19世紀米国の小説家・詩人、1809〜1849)
『黒猫』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
悪行愚行をしてはいけないと百も承知していながら、それをやってしまうのが人間なのだ。
何度やってもね。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 燃やすに一番よいのは老木、飲むには古酒(ふるざけ)、信頼するには古友(ふるとも)、読むには古い著書。


2. 友情は人生のワインだ。


3. (自分に)出来ることは、あきらめないこと。


4. 素直な心からは謙虚さが生み出され、謙虚さから人の話に耳を傾けるという姿勢が現れてくる。


5. もし、子育てをやり直せるなら、広い野原を一緒に駆けまわって、空いっぱいの星をじっと眺めます。



6. あなたが世の中の人みんなに支払わなければならないのは、金銭ではありません。それは愛です。そしてその愛は他人の人生を祝福するものですが、そのことが自分自身を愛することになってくるのです。


7. 左手は右手ほど巧みではない。だからしばしば右手よりも役立つのだ。


8. (人間の)汚れのもとになるのが怒りや恐れだ。これらを一切相手にしてはいけない。


9. 農夫が作物を収穫するためには、まず種子を地面にまかなければなりません。彼は得るために、まず与えるわけです。


10. 自己中心的な人は称賛を求めるが、自尊心の高い人は称賛を求めない。自分の価値を信じているから、他人からの称賛など必要としないのである。



11. 視線が下を向くとき、思考も内面や過去に向かっている。


12. あなたは、それをすべて手に入れられる。ただ、一度には手に入れられないだけ。


13. やりもしない前からできないと決めつけることほど不幸なことはない。とにかく必死でやってみる。結果としてできなくてもいいじゃないですか。その努力こそ、人間としての幸福が宿っていると思うんです。


14. 100のうち、99わかっていても、一つわからないことがあってはダメなんだ。


15. ベンチャーは、大企業がマネをしにくい仕掛けや参入障壁をつくる必要がある。これが、本当のビジネスモデルなんだ。



16. 功徳ある人のところには、集めなくても人は集まってくる。香しい花は遠くにあっても、蜂が雲のように集まってくる。


17. 死ぬなんて馬鹿だ。死ぬなんて馬鹿だ。


18. セールスや交渉の場面では、ローテクがハイテクに圧勝する。


19. 限界ではありません。「壁」です。


20. 人生は戦場なり。戦いを宣告したうえは、征服するまで止むべからず。何物、何事、何人に対しても仇討ちの覚悟をもって戦うべし。死すとも勝つの覚悟あれ。