名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
人生すべからく、うぬぼれをもつべし。


[ 出典 ]
広津和郎[ひろつ・かずお]
(大正〜昭和の小説家、1891〜1968)

[ 補足 ]
※すべからく〜べし=なすべきこととして。
当然。

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]
人生
うぬぼれ

[ 類似名言・関連名言 ]


[ ランダム名言 ]

1. 夢がかなう前に、夢をみなければならない。
(アブドゥル・カラーム)


2. 社会の発展に寄与するために何をなすべきかを、お互い経営者は考えねばならない。わが業界、わが企業という考えだけをすることは許されない。
(松下幸之助)


3. 昼間、どんなに腹が立とうと、また、悔むことがあろうと、夜寝るときに、一旦、枕に頭をつけたらそれらと縁を切り、関わり合いをもたず、相手にしないことである。
(中村天風)


4. あなたが相手のことを気にしているとしたら、相手も同様の気持ちを抱いています。
(ジョセフ・マーフィー)



5. どんな人間であろうと、ひたむきに、今を生きている姿は、切なく美しい。
(岡本敏子)


6. 命(いのち)長ければ辱(はじ)多し。
(吉田兼好)


7. 賢者は、愚か者が賢者の教訓から学ぶよりはるかに多くを、愚か者から学ぶ。
(大カトー)



8. 終わりを慎むこと始めのごとくすれば、すなわち善し。
(司馬光)


9. アノネ にんげんはねえ 自分の意志で この世に生まれて きたわけじゃねんだな だからね 自分の意志で 勝手に死んでは いけねんだよ
(相田みつを)


10. 金がいらぬという男は怖ろしい。名誉がいらぬという男も怖ろしい。無私、無欲、滅私奉公などという人間にいたっては、ぼくは逸早(いちはや)くおぞ気をふるって、厳重な警戒を怠らぬようにしてきている。いいか……
(中野好夫)