名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
ちいさいから、踏まれるのさ。
弱いから、折れないのさ。


[ 出典 ]
星野富弘[ほしの・とみひろ]
(詩人・画家、元中学教師、1946〜)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]

[ 全文・続き ]
〈全文〉
ちいさいから、踏まれるのさ。
弱いから、折れないのさ。
たおれても、その時もしひまだったら、しばらく空をながめ、また起きあがるのさ。


[ ランダム名言 ]

1. 途中であきらめちゃいけない。途中で諦めてしまったら得るものよりも失うものの方がずっと多くなってしまう。
(ルイ・アームストロング)


2. 稼いだお金の一部は自分自身にとっておくべきである。


3. その人のいいところばかりを見る人は、羨むばかりで学ぶことがない。その人の欠点をよく見ながら、いいところを見つける人は、それを認めてしっかり見習おうとする。人を模範にするとはそういうことである。
(志茂田景樹)


4. 平和は神から人間への贈り物ではなく、人間同士の贈り物であることを忘れてはいけない。
(エリ・ヴィーゼル)



5. 真のエキスパートは、不可能の壁を打ち破るところに無上の喜びをもつものだ。
(本田宗一郎)


6. 文明のおかげで人間がより残忍になったとはいえないとしても、前よりも残忍さが醜悪になったことは確かだろう。
(ドストエフスキー)


7. 開かれた生き方をしている人は媒体となり発信器となる。そして川のように、人生を充分に生き、命の流れとともに流れ、海として再び生きるために死ぬ。
(ヘンリー・ミラー)



8. 水の流れが止まった状態が安定。流れが止まれば水は腐る。安定と、いつ崩れるかもしれない調和とは、ぜんぜん違います。
(シャクティ)


9. 人生が投げつけてきたものを受け止めなさい。いつか、それを投げ返す日がやってくるでしょう。
(ジェームス・ドッドソン)


10. 人類の幸福を促進する労働を除いて、真の永久的な名声というものは見出されない。
(チャールス・サムナー)