名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
世間の浮説(ふせつ)、人の是非、自他のために失多く、得少なし。


[ 出典 ]
吉田兼好
[よしだ・けんこう、兼好法師]
(鎌倉〜南北朝時代の随筆家・歌人、1283〜1350)
『徒然草』第百六十四段

[ 意味 ]
人の噂話をしたり、人を誉めたりけなしたりすることは、自分のためにも人のためにもマイナスになることが多く、プラスになることは少ない。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]