名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
世間の浮説(ふせつ)、人の是非、自他のために失多く、得少なし。


[ 出典 ]
吉田兼好
[よしだ・けんこう、兼好法師]
(鎌倉〜南北朝時代の随筆家・歌人、1283〜1350)
『徒然草』第百六十四段

[ 意味 ]
人の噂話をしたり、人を誉めたりけなしたりすることは、自分のためにも人のためにもマイナスになることが多く、プラスになることは少ない。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 我にわからざるもの三つあり。一つは、空を翔(か)ける鷲の道。一つは、地を這う蛇の道。一つは、男と女の出会う道。


2. 笑いは、我々がたった今生きている瞬間を祝うものである。この贈り物は分け合わなければならない。


3. ここに印刷された言葉は考えであり、実際、身をもって経験しなければなりません。


4. 上役の過失を決して見出さない下役を信用するな。


5. 頭で理解しているというレベルでは、わかりやすく説明することはできない。体験した人でなければ説明できない具体的な知識、説得力ある情報といったものがあ……



6. 一つしかない人生を、社会のために役立てよう。


7. 男は自分を愛してくれなくなった女に対して激昂するが、すぐにあきらめる。女は捨てられるとそれほど騒ぎ立てないが、長い間慰められない思いを胸に抱く。


8. 仕事の中に人生があるんじゃない。人生の中に仕事があるんだ。


9. しあわせな子どもの歌を歌う、好感は持てるが感傷的な男は、自然に、純真さに、はじめに帰りたがっているが、子どもはけっして幸福でないこと、子どもだって……


10. ひとりの時の過ごし方で、その人の「格」が決まる。



11. 修学なくしては技術なく、技術なくして修学なし。


12. 心の貧しい人たちは、幸いである。天国は彼らのものである。悲しんでいる人たちは幸いである。彼らは慰められるであろう。義に飢えかわいている人たちは幸い……


13. 引き受けていかなければならんものを、業(ごう)というんだろうと思う。


14. ピラミッドは頂上から作られはしない。


15. 勇気とは、恐れを感じないことではなく、恐怖に抵抗するパワーです。



16. ケジメの必要な時は、キチンとした言葉で話して下さい。


17. 思いやりとは情熱の休息だ。


18. 人はえてして自分の不幸には過敏なものです。


19. どんな言葉も、話し手の魂が納められている寺院である。


20. 自分の中のバカな部分に気がつくことも成長だ。それなのに、何かにつけて「くだらない」とケチをつける人は、人間的にも成長できず、運からも見放される人に……