名言ナビ


名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
すべての不幸は、未来への踏み台にすぎない。


[ 出典 ]
ソロー
[ヘンリー・デイヴィッド・ソロー]
(19世紀米国の作家・詩人・思想家、1817〜1862)
『日記』

[ 別表現/別訳 ]
(ver.1)
すべての不幸は幸福への踏み石にすぎない。

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 「なぜ、その一球を選択したのか」 「なぜ、他のモノは捨てたのか」を明確に認識してこそ、プロフェッショナルと言える。


2. 可能性を超えたものが、人の心に残る。


3. 絶えざる創造への活動。同じやっていることでも創造的進化が念頭におかれていれば、その人は限りなく尽きざる幸福感を味わい得るんだ。


4. 歴史とは、ただ人類の犯罪、愚行、災難の記録にすぎない。


5. 友人同士でひっきりなしにメールをして、いつまでも他愛もないおしゃべりを続けていても、言葉の根も幹も育ちません。それは貧しい木の先についた、貧しい葉……



6. 悲喜の感情は一代限りだが、怨念は世代にわたり、歴史を作る。世界平和の実現に、怨念研究は欠かせない。


7. 人間の心身は自然と密接に関連しあっています。だから、健全な心身を保ちたいなら、大自然のパワーを吸収する必要があります。


8. ひとりで飲むな。ひとりの飲酒は妄想(もうそう)の発端、気鬱(きうつ)の拍車。飲めども飲めども気の晴れるものではない。


9. 人間は他のいかなる行為よりも、多くの快楽を与える行為をしないではいられないものだ。


10. そもそも事を為すに、これを命ずるはこれを諭(さと)すに若(し)かず、これを諭すは我より其(そ)の実の例を示すに若かず。



11. 楽しめる間にできるだけ楽しみなさい


12. たったいま、みなさんが抱くさまざまな考えがこの世界全体を努力なしに変える。


13. 英雄とは、終始一貫して自己を集中する人間である。


14. たとえ今日負けても、人生は続くのさ。


15. あえて自分らしくないことや、思いがけないことをやる。そうすることで日常の閉塞感を打破できたり、発想につながったり、あとあと自分の人生を変えたりする……



16. 靴屋がいちばんぼろの靴を履いている。


17. 何か事をなし遂げようとする場合、熱意と誠意のあるなしが成否を決める一番のカギとなってくると思うのです。


18. 羊の群れの完全無欠な一員になるには、まず、とにもかくにも、自分自身が羊になることである。


19. 妻よ わたしの命がいるなら わたしのいのちのためにのみおまえが生くるときがあったら 妻よわたしはだまって命をすてる


20. 人と人が向き合うとき、中途半端な思いでは何も生まれない。