名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
決められた時間で自分の意見を明確に理解させ、あるいは決められた字数で速く必要なものを書くことは、専門にかかわらず、きわめて重要なことです。


[ 出典 ]
立川涼[たつかわ・りょう]
(環境化学者、環境ホルモンの専門家、愛媛県環境創造センター所長、元高知大学長、1930〜)

[ 関連名言ツイッター]


[ ランダム名言 ]

1. 病気は千もあるが、健康は一つしかない。


2. 真の会話は世界の解釈であり、まじりけのない魂の交渉だ。


3. 女になれなかった人間のことを、男っていうのよ。


4. 言葉を深呼吸する。あるいは、言葉で深呼吸する。


5. 恋人に逢いにゆく嬉しさは、勉強をやめるときの子供の嬉しさと同じだが、別れるときの悲しさは、仕方なく学校へとぼとぼと行く子供の悲しさと同じだ。



6. 「われわれの事業は何か」を問うことがマネジメントの責任だ。


7. 弦が弓に対する関係こそ、女の男に対する関係だ。女は男を引き曲げるが、男に従う。女は男を惹き寄せるが、男に従いていく。


8. 結婚でも仕事でも、人生の大きな選択は、先行きを考えてではなく、その時のやむにやまれぬ気持ちに従ってなされるのが、本当だと思う。


9. 志を得ざれば再び此(こ)の地を踏まず。


10. おれは、かつて、おれ自身に惚れこんだことがなかった。自分に惚れこみ、自分の才を信じて事を行えば、人の世に不運などはあるまい。



11. としの若いやつと、あまり馴れ親しむと、えてしてこんな(=失礼な物言いという)いやな目に遭う。


12. 我々は、安逸と贅沢(ぜいたく)が得られなければ人生の幸福はあり得ない、と考えているが、実際に人を真に幸福にするものは、何か我を忘れて取り組める事柄……


13. 二十歳では意志が支配し、三十歳では機知が、四十歳では分別が支配する。


14. 考えるとは、知恵の悲しみを知ることである


15. 深遠な真実を些事に還元するのが科学の務めである。



16. 本が個々人の読書のための本でなく、情報のデータのための本のようになって、次第に読書の習慣が失われてきた。


17. 事の成り行きは、人間の心と同じごとく、訳の分からぬ進み方をたどることあり。目算はずれに惹起(じゃっき)せしことすべてを運のせいに帰する慣わしのある……


18. 雑談をしていて楽しい、魅力がある……そんな人物がいるものだが、こういうタイプは仕事をさせてもできる男である。営業でも実績をあげている。人をひきつけ……


19. 才能のない人たちが芸術を追求するほど悲惨なことはない。


20. 文学は人間とはそもそも孤独な存在なのだと表現する上で、非常に適している。