名言ナビ名言データベース

[ 名言 ]
一人の心なれど二つの心あれば、其(その)心互いに成ずることなし。
百人千人なれども、一つ心なれば必ず一事を成ず。


[ 出典 ]
日蓮[にちれん]
(鎌倉時代の僧、日蓮宗の開祖、1222〜1282)

[ 関連名言ツイッター]

[ 関連キーワード ]

一事をなす
百人
千人


[ ランダム名言 ]

1. つまらない生き方で、だらだらと生きているのが犬生きさ。でも今は、ほとんどの人間がそうだよ。カッコよく生きているといわれている連中だって、犬生きして……


2. 人はパンのみにて生きるにあらず。


3. 風は走り続けている。花も一生懸命、咲き続けている。自然は動いている。人生も戦いをやめてはいけない。


4. 想像──事実がしまいこんである倉庫で、詩人と嘘つきの双方で共有するもの。


5. 大事の思案は軽くすべし。万事しだるきこと、十に七つ悪しし。武士は物ごと手取早きするものぞ。



6. 民主制は、君主制と貴族制の正当な嗣子(しし)である。


7. 人から信頼されるには、当たり前のことをきちんとやるだけでよい。


8. 「真物」か「偽物」かは見る人が見れば分かる。人の行いには、その人の全人格、全履歴が裏づけされている。その裏づけのない行いは、何処(どこ)かに変なと……


9. 見える世界というのは不安ではない。


10. 人の心の奥底は、その一言で分かる。



11. ほんとうに一度でも、人生で心のふれあった人間がいたら、そのために死んでもいい。


12. 「もしかして」って思わなきゃ、恋なんてしてらんないでしょ。


13. 社長こそ心配する役や。社員の中で一番心配が多いのが社長である。そこに社長としての生きがいがあるんだということを、私は自分自身に言いきかせて、それで……


14. 個性などというものを信じてはいけない。もしそんなものがあるとすれば、それは自分が演じたい役割ということにすぎぬ。


15. 人生という本を、人は胸に抱いている。一個の人間は一冊の本なのだ。



16. 野党──政治において、政府与党の足を切断することによって、乱暴狼藉の限りを尽くさせぬようにしている政党。


17. 努力が苦しいと思うのは、本人に向いてないんですから、やめればいいんです。嫌なことをしていても伸びません。


18. 愚者は自分の手の中に持っているものを手放したときに初めて、その素晴らしさに気がつく。


19. 苦い真実は甘い嘘にまさる。


20. ものには、他からエネルギーを受けて燃えるものと、それでも燃えないものと、自分で燃えるものとがあります。人間も同様で、ものごとを成そうとする人は、自……