名言ナビ


名言ナビ
名言格言辞典

[ 名言 ]
この世で一番哀れな人は、目は見えていても未来への夢が見えていない人だ。


[ 出典 ]
ヘレン・ケラー
(20世紀米国の社会福祉活動家・教育家・著述家、1880〜1968)

[ テーマ別名言 ]

[ テーマ別今日の名言 ]

[ 関連キーワード ]


[ ランダム名言 ]

1. 人間というのは、どれほど多くの涙とともに飲み下した教訓であっても、喉元を過ぎたとたんに忘れてしまう生き物である。
(貴志祐介)


2. どんなに愚かな女でも、賢明な男を操ることはできる。しかし、馬鹿な男を操るためには、非常に賢明な女が必要である。
(キップリング)


3. 人は、人に喜ばれることによって、自分の存在価値を実感することができる。
(ながれおとや)


4. 自然は常に教育よりも一層大きな力を持っていた。
(ヴォルテール)



5. 昔も今も、エリート意識が強い学生が入社を始めると斜陽が始まるのがパターンです。
(木村剛)


6. 多くの者達は博識であっても分別を持たない。博識ではなく分別を多く持つことに努めねばならない。
(デモクリトス)


7. 剣が短すぎるなら、一歩踏み出して剣を伸ばせ。
(ハンガリーのことわざ)



8. 自分の幸福を考えるとき、自分以外の人の幸福に満ちた顔を思い描くことのできる人が、本当に幸福な人なのだ。
(植西聰)


9. 部下の反抗は説得の好機である。賛成も反抗も、こちらに関心を持った点では共通している。
(作者不詳)


10. 今日は今日、明日は明日。
(格言)